アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「完成品製作記」のブログ記事

みんなの「完成品製作記」ブログ

タイトル 日 時
シーゴラスに電飾するための手引き 追記電飾動画
シーゴラスに電飾するための手引き 追記電飾動画 まず電飾しない方に連絡事項です。 今回のキットは、加工を少なく簡単にできるようにして、別売りの汎用電飾キットを取り付けられるようにした為、次の画像のように少々首と胴体の接合面に隙間ができてしまいました。 ここは組み立ての際にパテ埋めお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/16 18:24
ベムラー完成品製作記 その6
ベムラー完成品製作記 その6 さていよいよ今回は電飾キットの設置ですね。 まず光漏れ防止用に艶消し黒を筆塗りしました。次に眼球を両面テープにつけて白をたっぷり筆塗りしました。 今回は眼球が小さく場面が少ないので、筆塗りでいいかと........。 顔は、資料を見直しましたら、目の周りが赤いとか青い色の場所とか、結構いろいろな色や表情があったので、エナメル塗料で描き込んでみました。さて眼球のペイントに戻ります。 一応、確認の為、インナーパーツに両面テープでつけて光らせてみました(次の画像二枚) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/28 17:38
ベムラー完成品製作記 その5
ベムラー完成品製作記 その5 前回のエナメル塗装をエアブラシで吹きエナメルシンナーではがす工程は、何度でもできそうなので、もう一度やってみました。 赤みが欲しかったので、今度の色はエナメルのフラットブラウン(3〜4)にフラットレッド(7〜6)を混ぜシンナー多めで薄めで吹いた後、前回使ったこげ茶も吹きました。 そしてまた剥がしていきました(次の画像5枚) そうやって繰り返していく事によって、より細かくより自分のイメージした色に近づいていくのではないかと思います。 そして決まったら、エナメル塗料が剥がれないよう、ラッカー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/26 11:29
ベムラー完成品製作記 その4
ベムラー完成品製作記 その4 黄色いベムラー! ていうか、こういう色のキャストで抜いただけみたいな〜 今回は、いつもと違う方法で、ペイントしようと思います。 凄腕フィニシャーkazさんのベムラーの塗装法をヒントに私なりになるべく難しくならないよう進めてみたいと思います。 まず下地の色としてラッカーのダークイエローに白を半分ぐらい混ぜた色を全体的にムラムラに吹きました(次の画像二枚)あまりムラムラにみえないけど..... 次はもうエナメル塗料を使います。 私が使っているのはタミヤのエナメル塗料ですが、そのフラットブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/24 22:01
ベムラー完成品製作記 その3
ベムラー完成品製作記 その3 今回は、ペイントや電飾キット設置の都合上、まだ接着できない部分を除き、接着できる場所を瞬間接着剤で接着した後、エポキシパテで隙間を埋めていきます(次の画像) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/11/23 15:44
ベムラー完成品製作記 その2
ベムラー完成品製作記 その2 キット製作の最初の工程から必要になるのが、リューターです。 湯口やバリを削り取るにはカッターや紙やすりでもできますが、やはり綺麗で早く自由自在に削ることができるリューターは欠かせません。 昔「職人の道具」という番組に出させていただいた時にもリューターについての説明をした記憶がありますが、兎に角、これがあれば完成品製作も格段に楽しくなるはずですので、是非おすすめです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/21 11:47
ベムラー完成品製作記 その1
ベムラー完成品製作記 その1 アレイドウルトラマンシリーズ第一弾、宇宙怪獣ベムラー再販は、まもなく予約受付を締め切りたいと思います。 今回は二回目の予約受付はありませんので、この機会をお見逃しなく〜 さて、ベムラーの抜きあがりサンプルが上がってきました。 胴体と首パーツが中空成型なので、レジンの色が多少違いますが、まあこれは成型上仕方がないので、ご了承くださいませ。 画像では眼球が透明でわかりずらいですが、全部で13パーツです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/16 21:18
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その11
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その11 さて今回は、顔パーツと胴体パーツの接着からですね。 ここの接合面は、ダホ穴も真鍮線の印もありませんから、上に載せた時に隙間が空きすぎている場合は、修正してください。 ちなみに顔の正面(正中線)と胴体の正面(正中線)は、少しずれていて正解です。 これは後ろから見た時の方が、顕著に分かります。 瞬間接着剤で固定後、接合面の裏からと表からパテ埋めしますが、表側のパテ埋めは、背中側だけでいいと思います。 同時にスイッチも次の画像のように接着パテ埋めします。 すぐ隣に真鍮線の穴があるので、その... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/09 12:06
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その10
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その10 今回はまず電飾キットの紹介です。 次の画像が、今回の電飾キットです。 これは試作なので、製品版とは多少違うと思います。 またスイッチは、接続されていませんので、そこだけはサクッとハンダ付けお願いいたします。 次に基盤ですが、よく見るとJ1、J2、J3、J4、J5、J6、J7、J8まで記号が印刷されています。 これはLEDの設置位置の情報です(次の画像)その番号のうちJ1〜J6までが、顔の発光部のLEDです。その順番は下から1番が始まります、次の画像を見ればわかると思いますがインナーパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/08 15:59
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その9
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その9 次の二枚の画像見比べても胸の光は変わらないですが、これ肉眼だと全然違うんです。ちなみに上が前回の時の画像で、下が今回ある工夫をした後の画像です。 そのある工夫とは、次の画像の左胸のようにLEDの上に半球の透明パーツを付けてみたのです。透明レジンの半球には、ラッカーの白を薄く吹いてあります。光らせてみると光の玉の大きさも違います。 ところが、胸の発光部をかぶせ写真に撮ると、最初の画像のようにしか見えないのです。 しかし肉眼では、半球をかぶせた方が、何とも言えないおぼろげに光る、正にゼットンの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/07 09:53
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その8
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その8 さて今回はまずマスキングテープを剥がしました(次の画像) ところどころはみ出していたり塗られていなかったりしてますが、ひとまずこんな感じです。 背中の甲羅がまだですね(汗)次に胸の発光部は光の反射の為、つや消し白を塗りました(次の画像) 画像のように胸の枠をはめて吹けば、周りにつかないと思います.....少しついてるしそして透明パーツは、再びこのようになっております..........(次の画像) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/09/04 21:52
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その7
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その7 ペイントペイントペイントペイントペイントペイントペイントイベントペイントペイントペイントペイントペイントペイントペイント〜(隠れている言葉を捜せ!.............すいません、またくだらないクイズです) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/09/01 10:59
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その6
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その6 さて今回は、まずマスキング作業です。 おそらくこの作業が一番時間がかかるかもしれません。 ジャバラの凹凸に沿ってマスキングテープを貼っていきます。 少し貼っては切り、少し貼っては切りの繰り返しです(次の画像) まあここは、じっくり音楽でも聞きながら気長に作業するのが一番かと思います。なんとか貼り終わりました(次の画像二枚) 心配なところは、何枚か重ねて貼りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/30 21:53
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その5
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その5 前回言い忘れていたのですが、サーフェイサーを塗った後、バリや気泡などのチェックをしてください。 バリがある場合は、ダイヤモンドポイントなどで修正します。 気泡がある場合は、穴を広げてパテ埋めをしてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/29 21:23
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その4
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その4 前回、パテでピッタリつけた角を気合いで外しペーパーで修正後、離型剤でべったりの接合面をクレンザーと中性洗剤でゴシゴシ落としました。その後、乾いてからサーフェイサーを筆塗りしました。 筆塗りで使う筆は、とにかく毛が抜けない筆がいいと思います。 柔らかい筆だと塗りごこちはいいのですが、毛が抜けてモールドの一部になってしまうのですよ。 なので私は、硬い毛の筆を使っています(次の画像) サーフェイサーは、シンナーで半分ぐらいに薄めて塗っています。 硬い毛なので、隙間の奥まで塗りやすいですが、塗... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/28 17:37
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その3
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その3 さて今回は、前回パテ埋めした所の修正からですね。 おなじみのリューターにダイアモンドポイントを付けて、表面をならしました。 腕の接合面は、ジャバラの溝なので、尖ったダイアモンドポイントで、溝を作る感じに修正します。 甲羅の先端の表も丁度折れた感じの部分なので、そのようにしながら、細かい皺などもつけたしておきます(次の画像) 次に角の接合面ですが、ここは取り外し可能にする部分なので、離型剤を塗ってあります。 気合をいれて、引っこ抜きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/27 17:48
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その2
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その2 さて今回は、組み立てに入りたいと思います。 まず背中の甲羅ですが、電飾キットの場合は、スイッチが設置させるので、加工してあります。 次の画像の一枚目はノーマルパーツで、二枚目が電飾加工済みのパーツです。まず真鍮線打ち込み用の穴をあけていきます。 真鍮線打ち込みの場所は、パーツの接合面に印が付いています。 真鍮線は、2ミリ径のものを使います(次の画像) まず本体の4か所にリューター2.2〜2.3ミリのドリルで垂直に穴をあけていきます。 垂直に開ける方法としては、画像のように爪楊枝をさし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/25 12:12
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その1
宇宙恐竜ゼットン完成品製作記 その1 いや〜台風すごかったですね〜 近くの川が警戒水位を超えた為、避難勧告が出ていて「とにかく水に弱い原型(ファンド製)だけは確保しておかないと」などと焦ってましたが、堤防の決壊はなかったようで一安心です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/08/23 12:12
ヒドラ完成品製作記 その8
ヒドラ完成品製作記 その8 さていよいよ大詰めですね! 目のペイントはいつもながらに一番気を使う場所です。 電飾キットの場合は、なおさらです。 しかしその分、上手くペイント出来たら見返りも大きい場所だと思いますので、頑張りたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/30 11:48
ヒドラ完成品製作記 その7
ヒドラ完成品製作記 その7 3月中発送予定だったヒドラキットの準備状況ですが、現在、胴体パーツの生産が遅れています。 完成品も遅れていますので、商品発送開始は、4月上旬頃になりそうです。 申し訳ありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/30 09:49
ヒドラ完成品製作記 その6
ヒドラ完成品製作記 その6 さ〜ていよいよペイントですね。 いつも言ってますが、ここから先は私の主観的解釈でペイントを楽しませていただきますので、あくまでも参考程度でお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/28 09:57
ヒドラ完成品製作記 その5
ヒドラ完成品製作記 その5 今の段階では、顔、本体、羽三枚、下あご2個、インナーパーツ、透明眼球2個のパーツがまだ別々のままです。 サーフェイサーを塗る前にいつも忘れそうになる電飾キットの場合の顔周辺の光漏れ処理を先にしちゃおうと思います。 ラッカーの艶消し黒を目の周辺表と裏にエアブラシで吹きました(下の画像2枚) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/24 23:54
ヒドラ完成品製作記 その4
ヒドラ完成品製作記 その4 今回も組み立てです。 まず腕につくウロコパーツの接着からです。 ウロコパーツの裏と接着する腕、胴体側には番号が彫ってあります。 パズルのようにピッタリという感じになれば良いのですが、複製品になると多少の歪みなどで、ピッタリにならないかもしれませんが、多少の隙間は、後からパテ埋めすれば問題ないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/23 23:19
ヒドラ完成品製作記 その3
ヒドラ完成品製作記 その3 さて今回は、いよいよ組み立てです。 先ずは、基本中の基本というか胴体と脚の接合面からです。 湯口やバリは、もう取ってあるので、接合面を合わせれば、だいたい合うはずです。 どのくらい合うかどのくらい隙間があるかをチェックし気になるところがあれば、削って合わせます。 大丈夫なら真鍮線打ち込み用の印に2.2ミリのドリルで穴をあけます。 一般的なリューターポイントの軸の径が2.35ミリなので、2.2ミリだと少し細目ですが、2.4ミリのドリルだと穴が大きすぎてブカブカになってしまうので、私は2.... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/21 23:37
ヒドラ完成品製作記 その2
ヒドラ完成品製作記 その2 さて今回は、洗浄です。 いつものように粉のクレンザー(私はニューサッサ使用)をたっぷり使い歯ブラシ(毛先がとがったやつ)で隅から隅までゴシゴシ。 大きいパーツはタワシでもいいのですが、隅から隅まで水ハジキをチェックしながら磨くので、結局、歯ブラシしか使わなくなってしまいます。 水をチョロチョロ出しながら確認しながらの作業で、水がハジカなくなったらOKです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/19 23:28
ヒドラ完成品製作記 その1& 完成品製作記が本になった〜
ヒドラ完成品製作記 その1& 完成品製作記が本になった〜 お待たせいたしておりましたが、遅れていた残りのパーツがすべて揃いましたので、そろそろヒドラ完成品製作記を始めたいと思います。 仮だったパーツ割りや数は、予定どうりで変更はありません上の画像がすべてのパーツです。 今回下アゴは二種類ありますが、それに接着する舌パーツは、同じパーツが2個入っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/18 09:49
デットンキット製作に関して 2/13 追記
デットンキット製作に関して 2/13 追記 WFアイテムの完成品製作記は、いつもギリギリになってしまう為出来ないのですが、今回はデットン製作について簡単ですが触れてみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/02/12 17:23
古代怪獣ゴモラ2nd完成品製作記 補足
古代怪獣ゴモラ2nd完成品製作記 補足 次の画像2枚は、電飾加工済みの胴体パーツです。 今回の製作記補足は、ゴモラ2ndの仕様変更によって変わった所だけをピックアップして説明いたします。 ペイントに関しては、ゴモラ初版の完成品製作記を参考にしていただければと思います。 またお腹のヒレ部は、胴体と一体なので、そのへんの製作はとばしていいと思います。 あと電飾キットの仕様も少し違ってたりします(単三電池→単四電池、スイッチの真鍮線の長さなど) で今回、変わった部分は、背中にフタが出現した所ですね!スイッチの位置がそのフタの裏側に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/29 15:08
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その11 追記あり
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その11 追記あり さて今回はカラータイマーですね! 順番が前後しますが、顔周辺と別にした方が分かりやすいかと思い別にしました。 実際は同時進行でいいかと思います。胸のカラータイマーの穴に短めのLED二本を一本づつ通します。 LEDは、電線の短い二本(電飾キットAの場合1本)が、カラータイマー用のLEDです。 次にカラータイマーインナーパーツを通します。 そしてカラータイマー電球パーツをLEDにはめます。 この時、LEDは上から見て平らな部分が合わさる位置で電球パーツに嵌めてください(次の画像二枚)それ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/25 01:58
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その10
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その10 ベースは組み立てサーフェイサーまで終わっていたので、ここで真鍮線を打ち込みます。 まず好みの位置にウルトラマンを置いて位置決めしたら、足の形を鉛筆でなぞり、かかとの部分中心あたりに印をつけます(次の画像)次に穴を開けます。 そしてウルトラマンを合わせながら、穴の裏から足うらに細いペンで印をつけます。 ウルトラマンの足裏にも穴をあけます。 そして真鍮線をベースに垂直に打ち込み接着します(次の画像) 片足づつ設置していった方が確実です。 後はウルトラマンをはめてみて、もう一方の足の穴をあ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/24 13:18
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その9
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その9 いつものお約束と言いますか、エナメルの汚し&陰影つけ塗装をしました。 タミヤのエナメル塗料のつや消し黒をエナメルシンナーでかなり薄め、ジャブジャブと全身にハケ塗りしキッチンペーパーなどで、拭き取る作業です。 エナメルなので、下地のラッカーは溶けません。 溝などに黒が流れ込み陰影がつきます。 少し黒ずむので、使い込んだ汚しの効果も出ます。 その後、乾いてから、トップコートの半つやをかけました(次の画像) 少し色が落ち着き艶もまとまりました。 これで本体塗装完了です。次に顔です。 シ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/22 23:49
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その8
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その8 さて今回の製作は、ウルトラシルバー(仮名)を作る事から始めます。 とは言ってみたものの、シルバー、スーパーシルバー、シャインシルバーなどを塗ってみた所、どうもただのシルバーが一番いいような感じがしましたので、ただのシルバーを使いました。 混ぜたのは、少量のホワイトとフラットベースだけです。 最終的には艶の統一の為、半光沢のトップコートを吹く予定なので、艶や光り加減は調整できると思います。 もう一部を除いてマスキングしてありますので、エアブラシで吹きました。 次の画像は、マスキングテープ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/21 10:10
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その7
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その7 さて今回は、おそらくウルトラマンの完成品製作では、もっとも時間がかかるマスキング作業です。 なんか良いアイテムはないかと思い近くの模型店に行くと、良さそうなのを見つけました(次の画像) これは幅5mmですが、この他にもっと細いのが2種類ぐらいあるのですが、売り切れてました。 いい値段だけど、売り切れるってことは、良い商品だろう、太めだけどカッターで細く切って使えばいいかと思い購入しました。次の画像は、細く切っているところです。その他に買ったのは、次の画像のやつ。 このメーカーのは、この他... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/18 10:12
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その6
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その6 さて、今回はいよいよウルトラレッド(仮名)を作ろうと思います。 いつも書いてますが、色に関しては参考程度に見ていただければ幸いです。 次の画像のように資料本の色と比べながら、ウルトラレッドを作っていきました。 写真の中の陰でも明るい所でもなく、一番色の鮮やかになる部分の色に合わせます。 思った以上に黄色が強いようです、キャラクターイエローを一瓶使い、それにモンザレッドを混ぜていきながら、写真の様に近づけていきました。 紙に塗るときは、濃い目に塗って乾いた時に見比べます。 結局、キャラ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/15 16:27
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その5
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その5 さて今回はサーフェイサー塗装からです。 まず胸と下半身の接合面周辺だけ吹いてみました(次の画像) サーフェイサーは、クレオスの「ミスターサーフェイサー1200番徳用」の缶スプレーを使いました。すると気泡を発見しましたので、気泡の早くて簡単な埋め方を書いてみます。 まずリューターで気泡の穴を広げます(次の画像)次に瞬間接着剤を穴につけて、その上からベビーパウダー(シッカロール)をふりかけて、指で軽くこするとパウダーが固まり穴が埋まります(次の画像) 強くこすったり叩いたりするより、軽い力で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/11 20:33
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その4 電飾キットB設定変更しました。
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その4 電飾キットB設定変更しました。 待ち焦がれていた電飾キットBの試作品が届きました。 次の画像が、電飾キットB(3分間カラータイマー仕様)の全パーツです。 一部電線がつけたしてありますが、それ以外は製品版とほぼ同じです。 電飾キットBの場合、カラータイマーはLEDに色がついているので、ペイントしません。早速、電池を入れてスイッチ用電線をつないで見ました。 まず白いLEDが2個と青いLEDが1個、点灯します。 二分後、青いLEDが消えると同時に赤いLEDが点滅しはじめます。 30秒後、赤い点滅が早くなります。 30秒... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/06 22:39
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その3
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その3 さて今回は、顔周辺のパーツ合わせをして見ます。 湯口やバリをちゃんと取ってあれば、大体合うはずです。 接合面にはダボがありますので、位置決めもすぐ分かると思います。 接着は瞬間接着剤、エポキシパテ、又はマジックムースなどだけで大丈夫だと思います。 まずはデラックス版からです。 口パーツを合わせてみます。次に目のインナーパーツ。 これは左右でAとBの字が彫ってあるので、間違えることは無いと思います。 ていうか、間違っても合わないですし(笑)次に電飾キットの場合のスイッチ固定用のインナ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/02 23:07
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その2
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その2 さて今回は、組み立てです。 まずは下半身と胸の接合面からです。 ここは電飾キットの場合に電池交換用に取り外し可能にする場所ですので、しっかり合わせておきたいところですが、接合面が平らではないため、真鍮線打ち込み時に接合面に垂直に穴あけするのが難しい場所でもあります。 まずは、穴あけ前にあわせてみます(次の画像) 背中のトンガリ部やダボ穴がガイドになってて合うはずですが、合わないとしたらバリや湯口がまだ残っている可能性がありますので、チェックしてみてください。 少しの隙間などの場合は、真... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/29 22:55
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その1
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その1 いや〜なんかムシムシしてきましたね。 夏本番になる前にウルトラマン完成させたいです。 どうも私はムシムシした夏が苦手で、作業もなかなか進みにくくなるんですよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/25 23:40
サドラ完成品製作記 その5  2/6追記 2回目の予約受付中です。
サドラ完成品製作記 その5  2/6追記 2回目の予約受付中です。 今回は眼球ペイントの続きです。 黒目の中にもう一つ黒目のようなものを塗りました。 また白目部にエナメルの赤でにじませながらグラデーションになるよう筆塗りしました(上の画像) 眼球には裏表に白やオレンジをふいていてかなり光りが抑えられていると思いますが、光らせてみるとまだ明るいので、最後の手段としてLEDに直接白を塗りました(下の画像) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/05 09:28
汎用電飾キットの取り付け例 バルタンJr編
汎用電飾キットの取り付け例 バルタンJr編 アス工房から発売した汎用電飾キットの取り付け方を今回WFで販売予定のキットを例にあげて説明いたします。 下の画像は、今回バルタン星人Jr.に使用する「汎用電飾キット4LED」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/04 12:04
サドラ完成品製作記 その4
サドラ完成品製作記 その4 さて今回は体のペイントにもっと変化を付けたくなりましたので、基本色に白と金と黄色を混ぜ、明るめの色を作りまだらに吹きました(下の画像)画像ではわかりづらいかも〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/04 10:58
サドラ完成品製作記 その3
サドラ完成品製作記 その3 さて今回はいよいよペイントに入ります。 色に関しては、どうしても主観的になるので、あくまでも参考程度でお願いいたします。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/03 13:35
サドラ完成品製作記 その2
サドラ完成品製作記 その2 前回書き忘れてたのですが、電飾完成品の場合、電池交換用にどこかを取り外し可能にしないといけません。 サドラの場合は首と胴体の接合面がいいかと思います。 上の画像は、真鍮線を増やす為、顔側に穴を2ヶ所あけてから、紙粘土を胴体側につけて押し付けて穴の位置を調べている所です。 穴の位置がわかったら、ドリルで穴をあけ、真鍮線を打ち込みます。 下の画像がそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/02 09:29
サドラ完成品製作記 その1
サドラ完成品製作記 その1 WFまであと1週間と迫ってきましたが、ようやくサドラの抜け上がりサンプルが上がってきましたので、完成品製作記をはじめようと思います。 いつも言い訳がましく言ってしまいますが、私の製作記は、あくまでも初心者向けとして考えていただければ幸いです。 アス工房で販売している一般版権のレジンキットを組み立て上の注意点なども踏まえながら完成品になるまでを製作記事にしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/31 21:09
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その7
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その7 ジェロニモン完成品製作も、いよいよ大詰めです! 前回、何度も確認し完成した眼球に透明クリアを塗って終らせます。 今回使ったのは、水性トップコート光沢と言うやつです。 3回ぐらい塗りました(次の画像)次に資料を見ても良くわからないのですが、どうも頭の羽の付け根部分が赤かったりするんですよ。 特に左後頭部あたりが、赤いかも。 なので、羽根をつける前でないと、塗れませんから今のうちにつや消し赤を塗っておきます(次の画像)電飾キットも羽根をつける前の方がいいと思いますので、予め配線をつなぎハン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/07 22:20
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その6
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その6 さて今回は、いよいよエナメル系でシンナーかなり大目に黒と金とフラットベースを少しまぜた(ていうかほとんどエナメルシンナー状態)の色を全体にジャブジャブ塗り、キッチンペーパーやティッシュで軽く拭き取ります。 黒が溝に流れ込むのと全体に黒くなるので、薄っちゃけた色がここでしまりますね(次の画像)背びれ部は、エアブラシで赤と青を画像の様にグラデーションぽく帯状に吹きました。 本当は、透明キャストが良かったのですが、コストが更にハンパネー事になるので、断念しました。これで胴体部はほぼ完成ですが、エナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 21:16
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その5 
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その5  さて今回は、基本色作りからです。 ペイント暦はまだまだ浅いのですが、折角作ったのに、使わないで余っている基本色がたくさんあって、たまる一方なので、今回グレー系なので、それらを寄せ集めて作り吹いたのが下の画像です。 ですから、カラーレシピ的にはわからないです、すいません。 色的には、紫系グレーと言う感じで、暗すぎず明るすぎずで、もちろんつや消しですね。次に顔の中です。 まず光り漏れ防止用のつや消し黒を顔の裏側とインナーパーツ全体に塗りました。 次にインナーパーツの歯の部分と下アゴの歯の部... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/31 23:32
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その4 &WF
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その4 &WF そう言えば、WFの画像を出していなかったので、今さらですが画像貼っておきます。 ジェロニモンの展示OKしてくれた吉野屋徳兵衛さん、どうもありがとうございました。 箱詰めとか手伝う事ができて、少しは役に立ったのなら幸いです。 そしてもちろん、ご来訪の皆様、ありがとうございました。 御予約の皆様も本当にありがとうございました。 面白そうな差し入れいただきましたので、画像貼っておきます。カレーは、何回食べても飽きないほど好きですが、 ん〜これはもろビールのおつまみコース決定ですな! あり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/29 14:57
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その3
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その3 さて今回は、組み立てです。 まず下半身をしっかり安定させて接着いたします。 次の画像は、尻尾、脚、足パーツに2ミリの真鍮線を打ち込んだ所です。あいにくい場合は、胴体のほうの穴を3ミリのドリルで大きめの穴をあけて合わせます。 真鍮線を使わなくても接合面のダホにより、合わせることが出来ますので、強力なエポキシ系接着剤のみで付けてもいいでしょう。 順番としては、まず尻尾をピッタリ接着してから、膝の接合面を接着します。 脚と足の接合面は、まだ接着しない方が後々ペイントしやすいかと思いますので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 23:11
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その2
前の記事を読み返すとやたら「ハンパネ〜」を連発してますね〜 最近ラジオで聞いた歌が、耳から離れないもんでつい出てしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/07/22 11:40
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その1
にゃんころめ花は、この暑さの為ネコバテしておりますので、先に進めていきたいと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/18 23:29
ニセ・ウルトラマン完成品製作記 その5
ニャンコロメ 「アケオメ〜どうやら今回で完成しそうですにゃ〜がんばっていこ〜にゃ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/07 21:18
ニセ・ウルトラマン完成品製作記 その4  1/25、2/23追記及び変更有り
ニャンコロメ 「こにゃにゃちは〜今回はペイントに入るみたいですが、結構悩んでいろいろ試していたようですにゃ〜頑張っていコー」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/30 21:57
ニセ・ウルトラマン完成品製作記 その3
どう〜この首輪かわいいでしょ〜クリスマスプレゼントでもらったのよ〜しかも、さっきからシンナーの良い匂いがしてもう私メロメロよ〜さあ〜いってみようにゃ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/25 10:40
ニセ・ウルトラマン完成品製作記 その2
ニャンコロメ 「こにゃにゃちは〜 だんだん組みあがっていくと思うとワクワクしますにゃ〜」 私 「ほっ、ほんとかよ〜」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/23 12:46
ニセ・ウルトラマン完成品製作記 その1
ニャンコロメ  「あ〜ら、いや〜ね〜」 私  「またまた、棚の上の暖房効きまくりの場所でネコろんでないで、仕事しなさいよ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/20 21:54
二代目バルタン星人完成品製作記 その9 電飾キットB及びCの不具合について
二代目バルタン星人の電飾キットBとCに不具合がありました。 ご購入された方には、ご迷惑をおかけいたしましてたいへん申し訳ありません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/30 22:58
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その8
ほら〜どう〜このピチピチした動き〜体全体がバネのようにゃな〜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/15 21:56
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その7
こにゃにゃちは〜写真は海外有名雑誌に載ったときの画像だにゃ〜まだ若い頃にゃので、ピチピチギャルでしょ〜 さあ〜今回は鬼門らしいからがんばってね〜(これ前ここで出した写真だろ〜、もうこれをやったサイトは見当たらないみたいだし〜ピチピチギャルって、腕たくましいし〜進行役なのに他人事のように軽いし〜) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/14 18:33
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その6
こにゃにゃちわ〜今日はスマートに登場よ〜今回は、三種類もある電飾キットの組み込み作業と組み立て作業のようですにゃ! がんばっていこ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/13 15:17
二代目バルタン星人完成品製作記 その5
こにゃにゃちわ〜顔の大きい猫で〜す。あわわっ〜横から写真撮らにゃいでくり〜トリックがばれてしまいましたにゃ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/11 09:38
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その4
顔の大きい猫で〜す……(ってまたそのネタかい)さてさて今回は、いよいよキラキラ赤や青に光る電飾キットについてですにゃ! よろしくなのにゃ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/09 17:17
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その3
ホヨヨ〜コツーン(カメラに当たる音)にゃんころめ花がまじめに司会進行をしないようなので、作業に入りたいと思います。 今回はパテ埋めからです。瞬間接着剤で接着してあった上半身とスカートの隙間にエポキシパテを詰めていきます。 すいません、ここは結構隙間が開いてしまうようなので、今のうちに裏からと表からでパテ埋めをしておいたほうが良いかと思います。 だいたいパテ埋めしたら、パテが柔らかいうちに下半身をはめて合わせておきます。 下半身はまだ接着しないほうがいいかと思います。 あとハサミパーツの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/07 14:17
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その2
………  …ZZZZ … …さて眠り猫は放っておいて、今回は洗浄からですね。 さすがにこれだけあると丸一日かかりそうなので、かみさんに手伝ってもらい半日で終わらせる事ができました。 いつものように粉のカネヨクレンザーをたっぷりつけて、歯ブラシでゴシゴシ! 水がはじかなくなればOKです。十分乾かした後は、接合面の真鍮線処理です。 いつものように2.1〜2.2ミリのドリルで接合面についている印に穴あけし2ミリの真鍮線をニッパーで切りながら接合面の片側に瞬間接着剤でつけていきます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/06 00:09
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その1
ご無沙汰しておりますにゃ〜 どうやらようやく製作記ができるようですよ よろしくにゃのだ〜二代目バルタン星人完成品製作記をやっと始められる事になりました。 今回は宇宙忍者の異名を持つだけあってか、またポーズ違いによる暴挙販売をしてしまった為か、三体同時製作となりそうです(大汗) この時期、WF用の怪獣も製作チューなので、あまり時間がかかってしまうとヤバイかもですが、なんとかバルタン星人三ポーズすべての完成品の完成を目指したいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/07/03 10:18
地底怪獣テレスドン完成品製作記 その5
くんくん〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/21 14:32
地底怪獣テレスドン完成品製作記 その4
「おおっ、もうサーフェイサーを塗ってるにゃ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/18 16:43
地底怪獣テレスドン完成品製作記 その3
うとうと……さて眠り猫はほっといて、今回は胴体のパーティングライン処理から始めます。 ダイアポイントを使い周りのディテールをつなげるようにチマチマと削っていきます。 ちなみに原型のモールドも同じように削ってつけています。次に洗浄です。 粉のカネヨクレンザーを歯ブラシにたっぷりつけてお湯をつけてゴシゴシ。 水がはじかなくなるまでゴシゴシ。 胴体パーツは中空なので、気圧調整のために穴が開いています。 今回は尻尾の接合面に一ヶ所開いているようです。 その穴から、水が入りますので、事前にふ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/16 11:40
地底怪獣テレスドン完成品製作記 その2
「さてさて、今回は取り合えず出来るところから進めていくようですね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/14 18:22
地底怪獣テレスドン完成品製作記 その1
さてワンダーフェスティバルまであと6日ですが、まだテレスドンの胴体と眼球のサンプルが上がってこないので、他のパーツから先に進めて行こうと思います。 この時期、抜き屋さんもメチャ忙しいらしくサンプルが遅れています。 サンプルが上がり次第、製作開始しますが、この製作記を書いてる余裕がないので、製作記の方は、たぶんWF後になると思います。まずは湯口取りやバリ取り、パーテングラインの修正などです。 モールドのある所は、リューターにダイヤモンドの粉付き刃で削りながら、モールドを繋げる感じで彫っていき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/04 15:00
ウラン怪獣ガボラ完成品製作記 その六なのにゃ
「こにゃにゃちは〜」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/08 17:00
ウラン怪獣ガボラ完成品製作記 その五なのにゃ
「またまたUPでこにゃなちは〜」「おお〜歯がハガハガ」  ガクブルガクブル「ちょっと、こっ怖いかも」さて今回はまず電飾キットの場合、しなくてはならない光り漏れ防止用の黒を塗りました。 塗る場所は次の画像の場所です。念のため上アゴの上面にも塗りました。次に歯と爪の色を塗りました。 歯は一度全部シンナーで溶かして拭き取ってから、白を筆塗りました。 あとスチール写真で黄色が強い写真があったので、ヒレに黄色を吹き足しました。爪も一度はがしてから、塗ったのですが、胴体の色とあまり変わらない色なんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/07 11:48
ウラン怪獣ガボラ完成品製作記 その四なのにゃ
「こにゃにゃちは〜」ペコ「おお〜どうやらサーフェイサーを塗ったようですにゃ〜」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/06 13:27
ウラン怪獣ガボラ完成品製作記 その三なのにゃ
「さてさて今回も組み立ての続きですにゃ」 「がんばっていこ〜」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/05 15:30
ウラン怪獣ガボラ完成品製作記 その二なのにゃ
「こにゃにゃちは〜」「いきなりアップで失礼しましたにゃ〜」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/29 18:25
ウラン怪獣ガボラ完成品製作記 その一なのにゃ
と言うわけで、ガボラの抜け上がりサンプルが上がってきましたので、早速完成品製作に入りたいと思います。 司会進行役兼モデル兼営業部長を勤めていただくのはニャンコロメ花でっす。「よろしくなのにゃ〜」と言う間に眠り始めました〜「おやすみなのにゃ〜」次の画像は、スタンダード版のパーツ画像です。次の画像が、デラックス版の追加パーツ画像です。まずは湯口取りやバリ取り、パーテングラインの修正などです。 モールドのある所は、リューターにダイヤモンドの粉付き刃で削りながら、モールドを繋げる感じで彫っていきま... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/28 15:22
吸血植物ケロニア完成品製作記 その5
このシリーズももう8作目になるのですが、まだまだウルトラマンキャラはたくさんあります。 いつもの事ながらキャラの選定には迷いますが、次回作はボリューム満点の怪獣形を予定しています。本体のペイントはこれで完成です。 今回は目の仕上げに関して少し詳しく書いてみました。 でもこれから書く事は、あくまでも目を光らせる電飾キットの場合が中心ですので予めご了承くださいね。 ノーマルキットの場合は、目のペイントの部分だけ参考にしていただければ幸いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/26 10:41
吸血植物ケロニア完成品製作記 その4
ケロニア汚し塗装?と言う感じで今回もペイントの続きです。 はがしたり塗り重ねたりの繰り返しで結局、最初から筆塗りでも良かったかもです。 下地のサーフェイサーも塗らなくて良かったかもですね。 いつもそうですが、ペイントのお手本にはならないと思いますので、あくまでも参考程度に見ていただければ幸いです。 塗り重ねたのは、こげ茶色や茶色、黄土色などの色にフラットベースを混ぜて所々に塗りわけていきました。次にエナメル塗料でシャドウを入れるために黒と茶、フラットベースなどを混ぜた色をエナメルシンナー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/23 14:41
吸血植物ケロニア完成品製作記 その3
さて今回はペイントです。 いつもの様に私の感じた色で塗りますのであしからずです。 しかしケロニアの色は難しいかも〜 毎回言える事なんですが、スチール写真と映像でだいぶ色の違いがあります。 やはり映像中の色で考えると緑色系だと思いますので、取り合えず基本色は緑系にしました。 まずラッカーで基本色を作りました。 色はグリーン、濃緑色、キャラクターブルー、イエロー、金、フラットベースなどでしたが、実はラゴンの時に作ってあった色があったので、それも混ぜました。 少し青っぽい色と緑っぽい色の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/21 15:49
吸血植物ケロニア完成品製作記 その2
今回はまず顔周辺パーツに光り漏れ防止用の黒を塗りました。 これをやっておかないとまぶたなどに光りが透けてしまいます。 次に顔パーツの組み立てです。 次の画像の様に首周りのパーツを先に接着します。 このパーツも多少の歪みなどで合いにくくなってる場合がありますので、接合面をすり合わせたりしながら調整します。 ここは真鍮線打ち込み用の印も付いていますが、ダボ穴もついていますので真鍮線無しでもいいかと思います。 胴体と合わさる場所なので、出来れば胴体との兼ね合いも見ておいた方がいいかもしれま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/17 23:32
吸血植物ケロニア完成品製作記 その1
ケロニアのサンプルが上がってきましたので、そろそろ完成品製作記を始めたいと思います。 パーツ割りなども決まりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/16 12:18
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その9
いよいよ製作記も大詰めですが、まずは角のペイントからです。 既に下地の色はラッカーでペイントしてありますので、今回はエナメル塗料で、模様を筆塗りしていきました。 ここばっかりは、資料とニラメッコの時間ですね。 水彩画のようにぼかしながら模様を塗りたかったんですが、なかなか上手くいかないもんです。 でもエナメルシンナーで修正しながら塗れば、次第に自分のイメージに近くなってきます。 修正修正で終わりがない作業ですが、どこかで終わらせた後、角全体にクリアラッカーを塗ります。 使ったのは水性... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/02/14 22:40
ザラガスなんとか完成しました。
WF荷物などの準備とかをしなければならないのにザラガス先生につきっきりになってしまい何もやってなかったので今あわてて準備中です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/11 22:11
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その8
さて今回は、ツメを塗ってから、全体的にエナメルで、影を着けていきました。 ツメは、取っておいた胴体色にシルバーと白などを混ぜ、ぼかしながら筆塗りしました。 エナメルの影色は、いつも定番の色で、黒に茶色などを混ぜたつや消しの色です。 その色をシンナーでかなり薄めてジャブジャブ塗り、軽く拭き取っていく方法です。 でもまだ足りないのでまた塗る予定です。次に甲羅パーツのペイントです。 黒にシルバーとかを混ぜつや消しで塗ってみました。薄すぎなので、タミヤのスプレー缶のセミグロスブラックを塗ってみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/10 19:38
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その7
今回は、角のペイントからです。 角の固定は、ビーコンのトゲと同じ作戦で、厚めのダンボールに両面テープを貼り、角の接合面を押し付けると凹みながら着きます。 あの半透明感をどうしたものか考えながら、取り合えずクリアイエロー、クリアレッド、クリアオレンジを混ぜて塗ってみました。 しかし実物はもっと濁ってて、こんな透き通っていません。なので、シンナーで拭き取ってから、違う色をエアブラシで吹きました。 色は、クリアイエロー、クリアレッド、クリアオレンジ、クリアブルー、白、黒などなど。透けるか透けな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/09 00:37
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その6
今回は、いよいよサーフェイサーを塗ろうと思います。 その前に念の為、メタルプライマーを薄めて筆塗りました。 特に甲羅パーツが擦れてペイントが剥がれそうな所とかですね。 その後サーフェイサーをシンナーで薄めて筆塗りしていきました。 ムラがありますが、気にしないで塗ります。 パテ埋めした所やモールド修正したところが、それなりになっているかどうかのチェックと気泡やバリの取り残しチェックもします。次に光り漏れ防止用の黒をエアブラシで吹きました。 今回はさすがに電飾フル装備なので、念の為、あち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/07 14:22
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その5
電飾キットAとBを取り付けるタイミングを考えていたら、首部の穴はもっと大きい穴じゃないと作業がやりずらい事に気がつきました。 この穴を このぐらい大きく開けておけば、電飾キットもインナーパーツも通るので、作業しやすくなりますね。 まあ原型製作時に予想して付けておいた線の通りなんですが… 電飾加工では、ここもくり抜いておきますね(汗) 次の画像は、電飾キットAとBです。 それぞれにスイッチがつきます。 余談ですが、この電飾キットBは、試作品なので製品版は、見た目がもっと綺麗です。顔の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/05 23:41
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その4
今回は、背中のパイプ付きパーツのパテ修正からです。 このパーツの場合は、胴体側に離型剤(ワセリン、メンソレータム他)を塗り、パーツ側に瞬間接着剤をつけながら、エポキシパテをつけていきます。 左腕の後ろ側は、前回腕に合わせながらパテ埋めしてありますので、今回はパテ埋めしません。 パテ修正していない左側横腹部と上面は、パテ埋めしピッタリ合わせますが、右側の隙間は埋めません。 そして、パテをパーツに十分なじませてから、胴体に嵌め、圧着します。 パテが少しニュルニュルとはみ出てくるくらいが丁度... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/03 15:22
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その3
さて、前回に続き今回も組み立て作業です。 胴体に脚と尻尾をつけて見ながら、尻尾と脚の接着をしました。 瞬間接着剤を流しこみ、エポキシパテで隙間を埋めていきます。 次の画像がそうです。電飾キットC以外の場合は、この時点で尻尾のパイプ付きパーツも接着されていることになりますので、早めにスイッチの取り付けをやっておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/03 14:44
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その2
さて、WF情報やザラガス電飾キットCが一段落しザラガスパーツが全部揃ったので、完成品製作記、本腰入れて始めたいと思います。 WFには何としても間に合わせないとならないので、頑張ります! それから、この製作記は、電飾キット版の製作記なので、ノーマルキットとは違った手順や見え方になってしまう場合があるかもですが、予めご了承ください。「ザラガス電飾キットC製品化への道」で、先に胴体と尻尾をくり抜いてありますが、あと湯口取り、バリ取り、ディテール修正などを終わらせて、洗浄します。 ノーマルキットの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/01 16:30
ザラガス電飾キットC製品化への道 その七
きた〜! ようやく胴体と尻尾のサンプルが到着しました。 早速、胴体を電飾加工しました。 下の画像のように背中部分のくり抜き、胸のパイプパーツの穴開け、首にも穴開けなどです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/27 14:16
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その1
さてさて電飾キットCの試作品を待ちながら、ぼちぼちザラガス完成品製作を始めたいと思います。 画像の様にパーツサンプルが全部揃ったわけではありませんが、早まる気持ちを抑えつつ製作開始です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/16 17:20
ザラガス電飾キットC製品化への道 その五
進行状況報告! 電飾キットC試作用のLEDが、入荷しましたので、早速業者さんに発送しました。 ワクワクしながら電飾キットCの試作品を待ちたいと思います。 あと胴体と尻尾のサンプルが届き、電飾キットCの試作品が完成したら、予約告知に向けてまっしぐらですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/13 15:18
ザラガス電飾キットC製品化への道 その四
電飾キットの試作品以外にもザラガス電飾キットC製品化の道の過程には穴あけ加工があります。 レジンパーツの一部はもうサンプルが届いているので、背中のパーツの穴あけ加工を今のうちにやってみて加工代を査定しようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/12 10:56
ザラガス電飾キットC製品化への道 その三
進行状況といたしましては、試作品の発注済みで、LEDの入荷待ちの状態です。 入荷次第、業者さんにLEDを送り試作品の製作をしていただく予定です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/10 21:33
新年明けましておめでとうございます。
今年こそは皆様にとって喜びの年になりますように! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/01 10:45
電波怪獣ビーコン電飾完成品製作記 その6
さて今回で電波怪獣ビーコン電飾完成品製作記は完了です。 製作中、時たま頭をよぎるんですが、この製作記は私の自己流な方法で行っています。 他の方法もいろいろあると思いますので、ご了承いただければ幸いです。 あと電飾キットではないノーマルキットの方には申し訳ありませんが、電飾製作部を省いて見ていただければ幸いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/31 12:37
電波怪獣ビーコン電飾完成品製作記 その5
この場をお借りして業務連絡です。 ビーコンレジンキットは発送完了しております。 もしまだ届かないとか連絡も無い場合は、アス工房までご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/29 13:58
電波怪獣ビーコン電飾完成品製作記 その4
今回はいよいよペイントで、まず基本色作りからです。 胴体は既に電飾キットが設置されていますので、取り合えずマスキングテープで隠します。 お腹の部分もついでに隠しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/26 14:07
電波怪獣ビーコン電飾完成品製作記 その3
ザラガスばかりではなく、電波怪獣ビーコンの発送準備も着々と進んでおりますので、ビーコンご予約の方々は、あともう少しお待ちください。 クリスマス前後頃までには発送できるかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/18 22:14
電波怪獣ビーコン電飾完成品製作記 その2
いや〜すっかり間が空いてしまいました。 電飾キットサンプルは、とっくに届いていて、電池をつけて光らせてみたらもうバッチシだったんですが、ついついザラガス先生に気がいってました、すいません。 ザラガス原型は、ほぼ完成してるんですが、電飾キットの方や量産のコストの問題があるので、現在検討思案中です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/08 00:45
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その7
さてベースに関してですが、やはり地震国ですし心配ですから、ベースに真鍮線を打ち込み足の裏に穴を開けて差し込み、設置したほうが良いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/27 13:05
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その6
さて今回はまず、上半身の模様をエナメルの筆塗りで塗り始めました。 次の画像は、白い所を塗ってみたところです。 あとハサミにシルバーを噴きました。次の画像二枚は、黒を混ぜたこげ茶色で、黒い模様を塗って見たところです。 エナメルの筆塗りです。 分かりにくい場所も多々ありますが、そのへんはそれなりに塗ります(汗)ついでにライトオンして光漏れなどもチェックします。次に脚とスカート部、頭部にマスキングして、明るい茶色とこげ茶をエアブラシで吹きます。 マスキングを剥がしてからも、色の境目をぼかす為... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/26 11:56
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その5
さて今回は、ちょっとやり直したい事があるので、まずはそれからです。 眼球のペイントを上の画像の様に進めるつもりでしたが、再検討いたしました。 何パターンか、塗り変えたり光らせたりしてみました。 その中で良いものと前回のを比較してみました。 次の画像がそうです。右が前回のペイントで、左が今回のペイントです。 今回は、外側パーツをクリアイエローのみ内側に塗り、内側パーツは、まず薄めのエナメル白を塗ってから、薄めのアクリルクリアオレンジを塗りました。 かぶせたのが次の画像です。そして光らせ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/24 12:48
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その4
いつも言ってしまいますが、ペイントに関してはどうしても私の主観が入りイメージの相違があるかもですので、参考程度に見ていただければ幸いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/20 10:56
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その3
頼んでいた電飾キットA試作サンプルが届いたので、作業再開いたします。 音声入りではないので、スペース的には余裕です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/18 14:44
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その2
引越しの後片付けが長びき更新が遅れ気味ですいません。 今回も組み立ての続きです。 前回画像が足りなかったので補足ですが、腕パーツは次の画像のようになります。 画像では、すでに2_の真鍮線が刺さってて電飾加工の穴も開いています。次の画像は、胴体とお尻パーツに真鍮線を打ち込んだ画像です。さて今回は、顔が二段階にポーズ選択可能になっているので、胴体上部にある真鍮線用の穴の説明から始めたいと思います。 次の画像では、肩の部分に穴が4箇所あいてて、その下に四角く凹んだ部分がありますが、ここはスピー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/04 19:22
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その1
宇宙忍者バルタン星人完成品製作を始めたいと思います。 まずサンプルパーツの分割などは、次の画像の様な感じです。 金属製のネジとナットが付属いたします。 8個ぐらいある小さい丸いパーツは、そのネジを隠すパーツです。 数は多めに入ってます。ではまず湯口をニッパーで切り、やすりで削った後、パーティングラインに出来たバリや段差を表面ディテールをつなげる様に意識しながらリューターのダイヤモンドの粉付き刃で削り取ります。 脚のようにツルッとした所は、かけ過ぎに気をつけながら紙やすりで面をつなげてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/28 16:31
伝説怪獣ウー完成品製作記 その8
今回は塗装の途中ですが、まず脚部と腰スカート部の接着パテ埋め処理をしました。 パテが固まる前に一応、胸パーツをつけてみました。 大丈夫なようですので、今度は背中の毛パーツと腕に乗っかる肩の毛パーツの接着とパテ埋めです。 次の画像が、そうです。次に電飾スイッチの設置ですが、上の画像のように取り付け穴の位置は決まっているので、そこからスイッチの棒が、まっすぐに出るようにスイッチ本体部にパテを着けて固定します。 一応ここもパテが柔らかいうちに、腰パーツにはめてみます。 その時、問題なければ、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/03/09 00:18
伝説怪獣ウー完成品製作記 その7
伝説怪獣ウー完成品製作記も七回目に突入いたしました。 さすが、伝説怪獣だけの事はありますね‥意味不明? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 23:16
伝説怪獣ウー完成品製作記 その6
今回は、まずやり忘れてた腰スカート部のパテ埋めをしました。 エポキシパテで、すき間を埋めていくのですが、だいたい接合面は凹んだ溝になっていますので、パテ盛りした後、ヘラや爪楊枝で、溝にして余分なパテを取っておきます。 その後、リューターで修正して終わりです。次に透明眼球パーツを細目〜中目のスポンジヤスリで表面を荒らしてから、スプレー缶の白を吹きました。一応、光り漏れ処理として、顔パーツにいつものグレーサフェーサーを塗り、眼球をはめてライトオンしてみました。 眼球の白目部分が均一に塗られてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/28 12:30
伝説怪獣ウー完成品製作記 その5
今回は、顔周辺の組み立てから始めたいと思います。 次の画像は、顔周辺のパーツ一式です。 電飾キットには、次の画像のインナーパーツがつきます。 顔パーツに着く毛パーツGとHです。 接着後です。 次に下あごパーツに着く毛パーツEとFです。次の画像が接着後です。 これらのパーツには記号が、着ける側と着けられる側に付いています。 すいませんが、ちょっと見にくい場所に彫ってあったりします。 毛パーツ接着後の顔周辺パーツです。次に下あごパーツと顔パーツを真鍮線で合わせます。 ここは斜めなの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/25 13:10
伝説怪獣ウー完成品製作記 その4
今回はまず腕部分の組み立てで、ポリパテを盛った所をリューターで修正しました。 このポリパテは、黄色いので修正後は目立たなくなりますが、やはり腕の下から手が入りにくくなるので、なるべくパテ盛り時に綺麗に盛っておいた方が良いと思います。 そしてこの後、胴体に腕を接着してしまうと、まったく手が入らなくなりますので、今のうちですね。次の画像は、胸パーツに真鍮線を着けたところです。 ここは今回接着しないつもりですが、真鍮線は長めで胸側に接着した方が、良いと思います。 と言うのも腰に取り付ける時に真... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/22 14:32
伝説怪獣ウー完成品製作記 その3
今回は、胴体パーツの組み立てからです。 次の画像が胴体パーツです。 腰パーツとの接合面に電飾キット用のスイッチ取り付け位置の凹みがあります。 すでにスイッチ用の穴は開けてありますが、ここは電飾キット以外はふさがっています。 胴体パーツ同士の接合面も二面になっていますので、真鍮線の角度を揃える必要があります。次の画像は、四本ともだいたい平行に真鍮線を刺してみた所です。 穴あけの時に他の線を刺し二方向から見ながらチェックして穴を開けていけば、分かりやすいと思います。その後、瞬間接着剤で接着... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/19 15:53
伝説怪獣ウー完成品製作記 その2 
今回は、まず前回パテ埋めまでやった腰パーツと脚パーツの接着です。 接合面に付いてる真鍮線用の穴は、二ヶ所づつ開けます。 その角度は、下の画像のような角度でつけました。 脚の接合面は二面になっているので、二本の真鍮線を平行になるように穴を開けました。対する穴の方も平行になるよう穴開けします。 片側の穴は、大きめの穴で良いと思います。 真鍮線を付けてから、接合面のすり合わせをしました。 粗めの紙ヤスリを折り、両面ヤスリにして接合面にはさみ、押さえながら引っ張り出す感じでヤスリがけをします... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/15 11:52
伝説怪獣ウー完成品製作記 その1
さて、WFも終わって、きりが良いところで、伝説怪獣ウーの製作記、始めたいと思います。 今回の製作記は、さすがにちょっと長めになりそうですが、飽きずに見て頂ければ幸いです。 まずは、下半身部分からです。 次の画像は、抜け上がったままの状態のパーツで、まだ湯口やバリを取っていません。 湯口とバリを取りながら、ついでにディテールのシェイプアップをお勧め致します。 では、脚のもも部のパーツを例に挙げて説明したいと思います。 次の二枚の画像を見くらべてみてください、バリ取り前と後では、穴になっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/11 00:56
古代怪獣ゴモラ完成品製作記 その5
その後の製作過程ですが、まず黒目部分を筆塗りしました。 電飾版の場合は、出来ればライトオンしながら、描き込んでいった方が良いと思います。 少し浮き上がってる黒目の位置は、あくまでも目安なので、あしからずです。 顔に眼球をはめて正確な黒目の位置や大きさを見ながら描き込んでいった方がいいです。 もし黒目を塗った後に黒目の位置を調整したい時は次の画像のようにガイド(填め込みやすくした出っ張り)を切ってしまえば、多少の位置の調整は可能です。黒目と言っても、色は紺色で、一応虹彩を描き込みました。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/11/11 11:06
古代怪獣ゴモラ完成品製作記 その4
さて今回はひたすらペイントです。 口の中と角、爪などのペイントをしてみました。 まず多少明るめの色を作り、筆塗りで各角部(三ヶ所)、手の爪、足の爪を塗りました。 筆塗りだとムラが出来ますので、そのムラ効果を利用しようと思いました。 次に口の中ですが、赤に白や黒などを混ぜてベースを塗りその上から何色か重ねていきました。 そして、キバは一度シンナーで色を剥がしてから、薄めのフラットホワイトを塗り重ねていきました。 キバの色を剥がすのは、塗料の厚みでキバが太く見えないようにです。 ゴモラ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/07 13:42
古代怪獣ゴモラ完成品製作記 その3
さて今回は、まずサーフェイサー塗装をしました。 私の場合は、筆塗りでなるべく薄く塗ります、それは、細かいディテールが埋まらないようにする為です。 でも筆ムラはどうしても出来ますので、均一に塗りたい場合はやはり缶スプレーかエアーブラシがいいですね。 次に一応光漏れ防止用の黒を目の周りに塗りました。眼球の方は、相変わらず塗ったり剥がしたりしてます。 電飾させる場合のみの事ですが、どうも光らせた時に白目の色むらが気になるのです。 小さいホコリや気泡、凹みなどが原因で、光をあてた時にムラが発生... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/03 23:08
古代怪獣ゴモラ完成品製作記 その2
この製作記は、あくまでも初心者用といいますか、取りあえず製作している様子を見て頂き、少しでも安心してキットを製作できるようにと思ってやってます。 もちろんゴモラ購入していただいた方々が対象ですが、そうでない方々でも、まるで自分が製作しているかのように思って頂けたら、これ以上嬉しい事はありません。 ガレージキット完成品製作の経験がまだ浅い私なので、ここで書いている事が決してベストな方法とは限りません。あくまでも参考書として見ていただければ幸いです。 なのでここで紹介した方法でやってみて、上手... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/30 14:39
古代怪獣ゴモラ完成品製作記 その1
古代怪獣ゴモラレジンキットの複製サンプルが上がってますので、そろそろ完成品製作を始めたいと思います。 今回は、二社に量産発注いたしましたので、レジンの色が少々違ってたりしますが、二社ともその成型品はとても綺麗に抜けていると思います。 湯口が小さすぎてわかりずらいので、業者の方に「湯口は、もう少し大きめに残しておいて下さい」などと頼んでしまいました〜(笑)心配だった、尻尾と胴体の合いですが、湯口を丁寧に取れば、そこそこ合うようで取りあえずホッとしました。 お腹のヒレパーツは、少々収縮や歪みが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/28 19:08
海底原人ラゴン完成品製作記 その5
電飾のスイッチの画像と配線後の収納方法ですが、コネクターは画像のように顔側に押し込んだ方が、電池や配線が収まりやすいです。 また電池BOXも配線側を下にしてはめた方がコードなどが、すっきり収まりやすいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/25 12:00
海底原人ラゴン完成品製作記 その4
今回は、ひたすらペイントです。 まず、ヒレの色が派手すぎるので、シンナーを付けた筆や綿棒で剥がしながら、他の色を作って塗っていきました。 映像を見ると、黄色いようで結構肌色っぽかったり、緑っぽかったりしてムラムラですね。 あとヒレの芯の部分を基本色の緑で、塗り分けていきましたが、ここも実物はちゃんと塗り分けられてる訳ではなくて、所々ムラムラに見えます。 明らかに塗り分けられてる所だけ、塗り分けていきました。 しかし、ヒレの芯で塗り分けられてると言うよりもむしろ、ヒレの根本から先にかけて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/21 20:51
海底原人ラゴン完成品製作記 その3 +うさぎの目?
今回は、いよいよペイントを始めますが、電飾の方も同時進行ですね。 まずは、上の画像のようにヒレの先の方を黄色と白を混ぜた色で薄く塗ってみました。 サフェーサーを塗っていないので、光りに透けるかなあと思い試し塗りですね。 背ビレ、こしヒレ、腕ヒレは、まあまあ透けるようですので、あまり色を重ねないよう気をつけようと思いました。 たぶんここは、気に入った色になるまで、何回も剥がしながら塗っていく予定です。次はお決まりの光り漏れ防止用の黒を今回は、顔の内側と眼球パーツに塗りました。 透けやすい... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/20 22:00
海底原人ラゴン完成品製作記 その2
さてさて今回は、組み立て編の続きです。 まず足の接着からです。 ここをなぜもっと早めにやらなかったかと言いますと、この足の接着で全体のバランスがぜんぜん変わってきてしまうからです。 腕や顔が、接着済か仮付けできる段階になって、全体が見れるようになってから、ここを接着しようと思ってました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/17 22:33
海底原人ラゴン完成品製作記 その1
ど〜も〜で〜す! 遅れていました複製パーツがついに揃いましたので、ラゴン電飾完成品製作を始めたいと思います。 まず湯口やバリをカッターやリューターで取ります。 だいたいの湯口はカッターでサクサクと削れてしまいますが、くれぐれも怪我には気をつけないとですね。 背ヒレの湯口とか壊れやすい所は、無理せずにリューターとか紙ヤスリで地道に削っていきます。 あとバリと段差は、出来ればリューターにダイヤの粉付き刃か、砥石の刃で、取っていくのがいいですが、なければ紙ヤスリなどでもいいです。 モールド... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/15 23:53
有翼怪獣チャンドラーレジンキット製作 完成しました!
さてさてワンフェスが迫りつつありますが、チャンドラー完成品製作中っす(汗) まずは口の中の色に赤を塗り、その赤に多少陰影をつけました。 小さいキバの塗料は、剥したり、シンナーでふき取ったりしてレジンの地の色を出しました。 そして画像では分からないですが、黄色+黒をシンナーでかなり薄めて、キバの陰影(汚し)をつけました。 またLEDが嵌る所に光の拡散用として白を塗りました。胴体と頭、下アゴは、まずラッカーのダークブラウン+黒+金+フラットベースで、暗めの所を吹き、明るめの所をダークイエロー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/03 16:01
有翼怪獣チャンドラーレジンキット製作 その2
まずは、胴体と羽、足、足のトゲ、の接着、パテ埋めをしました。 接合面には、真鍮線で補強して瞬着で付けた後、すきまに使うパテは、今回ウェーブ製のポリパテ「モリモリ120」というのを使ってみました。 盛り上げができるというのが売りのようで、ポリパテにしては固めな感じです。 ただ、硬化剤を混ぜた色が黄色なので、ちと形が見ずらいかも。 画像では羽のレジンが、薄いピンクですが、キットの色はみんなアイボリーです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/31 12:48
有翼怪獣チャンドラー完成品製作記 その1
チャンドラーパーツ割り原型画像 まずはじめに顔パーツ三個分を余分に用意しました。 これを組み立てておく事によって三種類の顔が、簡単にトッカエヒッカエできWF会場でお客様にいろいろな顔を見てもらえるからです。 従って電飾キットも三個分LEDを増やしました。 顔と首の接合面部分にちょうどコネクターがくるので、完成後もつけたり外したりが可能になり、三種類の顔をトッカエヒッカエできます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/27 22:54
宇宙怪獣ベムラー完成品製作
宇宙怪獣ベムラー、完成いたしました。 電飾も組み込んであります。 自分的には、点灯してないほうが、しっくり来る感じなんですが、点いてる方が迫力がでますね。 本編でも目が光ってる印象が薄いのは、昼間の場面が、多いからだと思いますが、水中でのシーンでは、よくわかりますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/03 13:16
!ウルトラ作戦第一号!
ということで、アレイドのウルトラマンシリーズ第一弾、「宇宙怪獣べムラー」の予約受付を開始いたします。 ワンフェス会場でも予約受付いたします。 商品発送は、8月中になる予定です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/07/18 10:20

トップへ | みんなの「完成品製作記」ブログ

怪獣ガレージキット造形記録 完成品製作記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる