怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS アントラー完成品製作記番外編 その2

<<   作成日時 : 2018/05/07 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

アントラー二期目の予約受付はまもなく終了いたします。
購入希望の方はお早めに〜

ジオラマ製作の方は、飛行機の残骸の為にプラモデルを購入しました。
ハセガワのボーイング737-800 1:200 というやつですが、これ映像の中のとは明らかに違います。
映像を見て同じようなのを探してはみたんですが、なかなか見つからないのでこれでやってみる事にしました。
画像

いや〜でもプラモデル作るのってメチャ懐かしいなあ〜
思ったより精巧なパーツに感心しながら取りあえず組み立ててみました。
これをどう壊すかが問題だ〜〜〜っと、その前に飛行機のペイントが問題だ〜
画像

アントラーと比べてみるとこんな感じ。
画像


さてアリ地獄の方はというと、こんなものを購入してみました。
画像

まずジオラマを倒し木工用ボンドを水で薄めアリ地獄の表面に霧吹きで吹き.............
画像

乾かないうちにリアルサンドを適当に混ぜたものを振りかけていきました。
ちなみに霧吹きは木工用ボンドが固まって詰まるので、使い捨てになると思います。
安いやつを何個か用意したほうがいいかも〜
リアルサンドを振りかける時、こんなものを使ってみました。
昔、ゴリラに銅粉を蒔いた時に使ったものです。
画像

東急ハンズの蒔絵のコーナーにあると思います。
画像

ただこれ使わなくても、茶こしの細かいのであればできると思いますし自作もできそうですね。
画像

まいてみたらこんな感じになりました。
画像

ん〜まだリアルサンドが足りないかも〜
画像

ちょっと傾けてトントンとたたくと、落ちる落ちるリアルサンドが...........
調子にのって、逆さまにして落としまくったら、こうなりました(大汗)
画像

めげずに再度挑戦。
今度は明るい色のリアルサンドを調合しまきました。
画像

こんな感じ
画像

いい感じになってきたかも〜
画像


次回は、いよいよ大詰めか〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。アリ地獄の表面も随分と進みましたね〜♪とってもいい感じです。アントラーとも微妙に色味が違うので、アントラー自体も引き立って見えます。リアルサンドをまぶしているのは蒔絵で金粉を振りかける物ですよね。飛行機模型とアントラー較べると、アントラーでか〜♪と改めて感じました。飛行機模型は窓枠のデカール貼りが大変かと思いますが、マークソフターや、マークセッターを使うとしっかり密着しますよ…って、破壊しちゃうんじゃ意味ないかもしれませんね(笑)。アントラーよく見ると触角外されてますが、これは破損防止でしょうか?
引き続き、頑張って下さい!
ROOT87
2018/05/08 05:40
ROOT87様 こんにちは、コメントありがとうございます。
ありがとうございます、一時はどうなることやらとハラハラドキドキでしたが、何とか見れるようになってきました。
リアルサンドを振りかける道具は、フルイホソメと書かれていますね、おっしゃるとおり蒔絵で金粉などを振りかけるものです、もっと高価な竹のフルイもありますが、細かすぎてリアルサンドには使えないと思います。
たっ確かに、飛行機の窓枠のデカール細け〜
でも資料を見ると飛行機の残骸に窓枠とかは見えず色も白くなさそうなので、デカールは使わないかも〜
アントラーの触覚は、取り外し可能にしてあります。
あれ折れちゃうと、かなり面倒ですので、引き続き頑張りま〜す。
asu_koubou
2018/05/08 11:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
アントラー完成品製作記番外編 その2 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる