怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒドラ完成品製作記 その2

<<   作成日時 : 2016/03/19 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


さて今回は、洗浄です。
いつものように粉のクレンザー(私はニューサッサ使用)をたっぷり使い歯ブラシ(毛先がとがったやつ)で隅から隅までゴシゴシ。
大きいパーツはタワシでもいいのですが、隅から隅まで水ハジキをチェックしながら磨くので、結局、歯ブラシしか使わなくなってしまいます。
水をチョロチョロ出しながら確認しながらの作業で、水がハジカなくなったらOKです。

ウロコパーツは薄くてカールしているので、折らないよう気を付けながらの作業になりますが、ちょうど歯ブラシサイズなので、やりやすいです。

画像


画像


下の画像のような秘密兵器は、今回出番がありませんでしたが、これはこれで優れものですよ。

画像


とっ思いきやありましたよ、丁度いいのが!

画像


そうそう透明眼球です。
歯ブラシよりしつこくまんべんなく洗えます。
またスポンジヤスリで表面を荒らすより、こちらの方がいいかもです。

全部洗った後、乾かします。

画像


さて次回は、組み立てに入りま〜す。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒドラは鱗が細かいので、洗浄作業が大変そうですね。別パーツになった鱗も端が欠けたりしないか、ドキドキかもです。ゴモラ洗浄してて思いましたが、よし!と思った後からら、あれ?と云った箇所がいくつも出てくるものですね。(笑)
ROOT87
2016/03/20 12:42
ROOT87様 コメントありがとうございます。
別パーツのウロコは、分割面が多いので、パーティングラインも多い分バリも多めですね。
ジェロニモンの羽と同じく薄いので、折れやすいように見えますが、以外に弾力があり折れにくいです。
これはレジンの利点かもですね。

作業していて「あれっ」というのは良くあります。
例えば、前の工程のバリ取りがまだ残っていたり、思わぬ所に気泡があったり、まあその都度処置したり後で直したりですね。三歩進んで一歩下がり確かめながら進んでいく感じですね。
asu_koubou
2016/03/21 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒドラ完成品製作記 その2 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる