怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒドラ完成品製作記 その1& 完成品製作記が本になった〜

<<   作成日時 : 2016/03/18 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


お待たせいたしておりましたが、遅れていた残りのパーツがすべて揃いましたので、そろそろヒドラ完成品製作記を始めたいと思います。
仮だったパーツ割りや数は、予定どうりで変更はありません上の画像がすべてのパーツです。
今回下アゴは二種類ありますが、それに接着する舌パーツは、同じパーツが2個入っています。

パーツチェックが終わったら、まずはバリと湯口取りからですね。
毎度の事ですが、カッターやヤスリで粗削りした後、ダイヤモンドポイントをリューターに付けて削ります。
バリ取りから細かいディテールの再現まで、かなり使える優れ物です(下の画像)
画像

成型上やむおえず埋めてあるウロコの隙間を彫り込んで、ディテールUPするのにもいいかもです。
しかし今回は、キット完成品の見本なので、ディテールUPせずにキットそのままの表面処理で、製作しようと思います。
今回は、全てのパーツの湯口やバリを整えました(一番上の画像)
次回は、洗浄から始めようと思います。



さて、アレイドウルトラマンシリーズが始まって早8年、このシリーズも16作目となりました。
それと共に完成品製作記も16項目と増えて、このブログもビッグローブさんのお陰で今まで更新してこられました。
しかし、いつまで更新できるのか確かなものはありません。
完成品製作記が無くなると、残されたキット達を製作する時、困ることがあるかもしれません。
いつの日からかそんな不安を持つようになっていました。
しかし、最近になってブログの製本サービスがある事を知り、製本してみようと思いました。
永久保存版としてキットと共にいつまでも残せる事ができれば安心です。
というわけで「アレイドウルトラマンシリーズ」にしぼり完成品製作記を一冊の本にしてみました。
題名は「アレイドウルトラマンシリーズ完成品製作記 第一巻」
内容は、ブログそのままで、ベムラーからゴモラ2ndまで300ページあります。
全ページカラーで縦二段のレイアウトにしました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ひえ〜本当の本だ〜などと勝手に感激してしまいました(笑)

冗談はさておき、この本、決して安くはないです。
一冊から作ってくれるんですが、100冊作ってもあまり単価はかわらないようです。
果たして購入希望の方はいらしゃるのかどうか、全くわからないのですが、取りあえず詳細は、アス工房のHPをご覧くださいませ。

追記
すいません、予約受付まではしばしお待ちください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です!いよいよ、ヒドラの完成品製作記が始まりましたね!待ちに待ってました〜♪それと完成品製作記の本、絶対欲しいですぅ!アス工房キットの必須バイブルです!今、自分もゴモラ2ndを作っていますが、気になる所は、その都度記事を探して見ているので、これはで絶対買いでしょう!読み倒す用と保存用で二冊予約お願いしま〜す!やはり、紙媒体の本はいいよなぁ〜♪
ヒドラも頑張って下さい!
ROOT87
2016/03/18 13:56
こんにちは!
完成品製作記いいですね!
立派なハードカバー本でしかもオールカラー、眺めるだけでも楽しめますね。
皆さんも同じだと思いますが、今まではブログをプリントアウトしてました。
金欠で予約できないのですが、なんとか都合をつけて予約します!
シュピーゲル号
2016/03/18 19:50
ROOT87様 ありがとうございます。ヒドラ製作記、お待たせいたしましてすいませ〜んようやく始められます。
ヒドラに命を吹き込められるようがんばりま〜す。
「アレイドウルトラマンシリーズ完成品製作記 第一巻」なんと二冊もですか〜ありがとうございます。
最初のベムラーは、なんとも簡単な製作記?でしたが、回を重ねるにつれ要領を得るのと同時に、詳しく細かく解説するようになってきた為、読む側としては難しく感じられてきてしまうというジレンマもありましたが、必須バイブルとなるよう今後も続けていくつもりです。
第二巻が出るのは何年先かな〜(汗)
asu_koubou
2016/03/18 20:43
シュピーゲル号様 こんにちは!
ありがとうございます、正確にはハード(硬い)カバーではなく光沢のある厚めの紙のカバーです。
もっと慣れていれば、内容も編集して作れるのでしょうけど、いかんせん文才やセンスもないので、ブログそのままです。
値段も高くなってしまいすいませんです。
でも、お金はかかるけど誰でもこういった製本ができるなんて、いい時代になったなあと思います。
asu_koubou
2016/03/18 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒドラ完成品製作記 その1& 完成品製作記が本になった〜 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる