怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 汎用電飾キットの取り付け例 バルタンJr編

<<   作成日時 : 2015/02/04 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アス工房から発売した汎用電飾キットの取り付け方を今回WFで販売予定のキットを例にあげて説明いたします。
下の画像は、今回バルタン星人Jr.に使用する「汎用電飾キット4LED」です。

画像


バルタン星人Jr.のキットには、LEDの取り付け場所にLEDをつけやすいように中空構造になっておりますが、穴あけ等の加工や透明パーツは付属していません。
眼球パーツや頭の発光部パーツをシリコン型製作し透明レジンで置き換え、穴あけ等調整すれば、電飾可能になります。
下の画像は、LED取り付け部に穴あけをしてはめてみた所です。
眼球部は3.1ミリのドリル、頭部は4ミリのドリルで穴開けしました。
4ミリのドリルが無い場合は、ダイヤモンドピットなどで穴を広げればいいと思います。

画像


下の画像は、頭のLEDを前向きにして光らせてみた所です。

画像


前向きししたLED(下の画像)
頭の光る範囲は、頭透明パーツを用意した後、裏に白をペイントする事によってある程度広がりますが、あとはLEDの向きを調節して決めてください。

画像


次にお尻のスイッチに関してです。
下の画像の様にお尻の裏側は中空構造になっていますので、スイッチの取り付け位置は分かると思います。

画像


下の画像は、穴をあけてスイッチを嵌めて見た所です。

画像


おっ、お尻からスイッチの棒が……スカートをつければ、目立たなくなります。

画像


使ったのは、2.4ミリのドリルと約4ミリ径のダイヤモンドポイントです(下の画像)

画像


まずドリルで中心に真っ直ぐ穴あけします(下の画像)

画像



次の作業は、実際にスイッチを垂直にして固定した時に「カチッ」とが可動するかどうかチェックしながら行います。
「カチッ」と可動しない場合は、戻らずに引っかかっている為ですので、ダイヤモンドピットで中段の穴を少し削ります(下の画像)
ポイントを反対向きにしてさし、お尻側にリューターをセットして削っても良いと思います。
削りすぎると、穴が貫通してしまうので注意してください。

画像


ちゃんと可動することが確認できたら、ペイント後にスイッチを接着します。
瞬間接着剤で接着固定し可動が確認できてから、パテ埋めします(下の画像)

画像


最後に、スイッチについてる2ミリの真鍮線は汎用の為、長めに設定してあります。
長い場合は、ニッパーでカットしヤスリ、砥石ポイント、ゴムポイントなどで修正してください。
また付属のワッシャーやナット類は、使用しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
汎用電飾キットの取り付け例 バルタンJr編 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる