怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 吸血植物ケロニア完成品製作記 その1

<<   作成日時 : 2012/06/16 12:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ケロニアのサンプルが上がってきましたので、そろそろ完成品製作記を始めたいと思います。
パーツ割りなども決まりました。

まずは湯口取りやバリ取り、パーテングラインの修正など今のうちにやってしまいます。
モールドのある所は、リューターにダイヤモンドの粉付き刃で削りながら、モールドを繋げる感じで彫っていきます。
気泡や凹み、深い段差があった場合は、洗浄後か組み立て中にパテ埋めすればいいかと思います。
次に洗浄です。
今回は粉のカネヨホーミングクレンザーを使いゴシゴシと始めました。
画像
ダイソーで買ったブラシが重宝しています。
ダイソーでは前の画像のデカイタワシも100円だったんですが、一緒に買ったこのブラシが結構良い感じで、モールドの深い所まで入り全体的にゴシゴシ出来ます。
画像
水がはじかなくなるのを確認しながら、たりない所はクレンザーをたっぷり付けて歯ブラシで集中的にゴシゴシやれば、はじかなくなります。

さて洗浄が終わり乾いたら、組み立て開始です。
まずは腕の接合面に真鍮線を二ヶ所打ち込み接着パテ埋めしました。
接合面は溝になってる部分が多いのでパテ埋めは、程々にしておきます。
画像
画像
画像

画像を見ると分かるかと思いますが、葉パーツが付く所には、数字が彫ってあります。
同じ数字の葉パーツを接着します。
葉パーツは薄いパーツなので、歪みや変形により合いにくくなっている場合がありますので、ドライヤーで強めに暖めて柔らかいうちに本体にあわせながら接着していきます。
湯口が邪魔で本体にはまらない場合がありますので、湯口やバリは丁寧に取っておいてください。
瞬間接着剤を丸いダボ穴に付けて本体になじませながら接着します。
今回の造形の要でもある葉っぱの隙間が、開きすぎず閉じすぎずと言う感じで付けていければいいかと思います。
次に顔周辺の組み立てと行きたいところですが、ココは眼球や電飾キットの関係で、まだ組み立てられません。
なので、いつもの様に薄めでサーフェイサーを塗りました。
画像
次回は電飾キットや眼球、顔などを進めたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
吸血植物ケロニア完成品製作記 その1 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる