怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS アーストロン電飾キット完成品製作記 その3

<<   作成日時 : 2010/10/08 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


まずは、下あごを接着しました。
ここもボツボツがあうように、彫りながらあわせました。
改造の為、口を開けたい場合も同じように彫りおこせれば、つじつまを合わせられますね。
ただその場合は、下あごの長さが長く見えてしまうので、下あごパーツを削って合わせたほうが良いと思います。

画像


次に首パーツと胴体パーツの接合面ですが、ここは電飾仕様の場合、電池交換用に取り外し可能にするので、ちょっと方法が違います。
まず、真鍮線の打ち込み合わせを終わらせておきます。
次は、胴体側に離型剤かワセリン、メンソレータムなどを十分塗っておきます。
その後、モリモリポリパテを首側に十分塗り、ピッタリ合わせます。
はみ出したパテを取りながら、ボツボツのつじつま合わせの為、多めに盛っておきます。
パテが固まったら、リューターで、彫り込んでいきます。
下の画像がその様子です。

画像


画像


下の画像は、はずした首パーツです。

画像


さて、空いた時間を利用して、眼球や電飾を進めていましたが、下の画像のようにLEDが明るいのと白の塗り重ねが足りないので、まだまぶしいっすね〜
まるで、目から光線が出てるみたいですね〜
でもこの画像で分かるとおり、かなり顔面が透けるのがわかります。
これでどこに光り漏れの黒を塗ればいいかが、分かりますね。

画像


画像ではわかりませんが、白目部分がまだムラムラなので、また剥がしてペーパーかけ直しました。
透明パーツは難しいっす。

胴体、顔以外ほとんど組上がりましたので、いよいよサフェーサー塗装しました。

画像


画像


画像


接着してないのは、首と顔、上アゴ、眼球です。
とにかく眼球のペイントが出来ないことには、接着できません。
引き続き次回も眼球のペイントですね〜
あとは、いよいよ胴体のペイントに入ります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ怪獣でも、ソフビとキャストでは光の漏れ方も違いますね。って、私の場合はドールアイを使ったせいもあると思いますが ^^;) このパーツ割りは電飾加工するのには有難い構造ですね〜 角がある辺りから何か支えというか押さえになるものが入れられると楽なんですよね。角の生際とかエッジとか、最初はブログにそう書きましたけど、実際には電飾加工をするのに角が邪魔だったのですよ(笑) 

 この後ろ側を見て反省… 二本ある背びれの間、この位広くなきゃいけなかったんですね〜 腕と胸を広げたら、背びれの間がその反動で狭くなってしまいました。後ろから見た姿、自分が仕上げたのはこんな風には見えません… まだまだ研究が足りませんね(T_T) ホント、怪獣は奥が深いです。
 こうやって原型師さんがここまで細かく説明してくれるって、本当に有難いです! そして… 親指の爪のひび、原型師さんの仕事がいかに過酷かを垣間見ました。
BIRDIE
2010/10/08 22:15
BIRDIE様 私もその角が邪魔でパーツ割りで悩みました。これが正解だとも思ってはいませんが、角を別パーツにしたくなかったので、こうなった次第です。
ソフビは、大きなパーツや球状のパーツほど縮みが大きくなる傾向にあります。
従って胴体パーツは縮みが大きい分、ソフビ版の背中の背ビレの間はもともと狭くなってましたね。
私の当時のワックス置き換え技術がいたらなかったせいもありますので、申し訳ないです。
その辺を考慮して太めの原型を作るという事もできるはずでしたが、ひたすら写実的に作ってるところで、太く直して写実的じゃなくするっていうのは結構難しいですし縮むと思ってた所が、ほとんど縮まない場合もあったりして…‥なんか言い訳大王になってきましたね(^^;)
まあこうやってレジン版の原型として再度、手を掛けられたので、ホント良かったです。

「爪のひび」に見えてましたか〜
あれひびじゃなくて、爪の表面のスジなんです。
そう言えば昔、爪に縦のスジが入ってると、不健康だと言われたことありましたが(~o~)
asu_koubou
2010/10/09 00:42
たぶんもうすぐ製作すると思いますので毎度のことながら原型師ご本人様の製作過程のアップは作った本人しか気が付かないこともありますでしょうしありがたいというかゴッドマニュアルであります!
ゴモラの製作記事も今か今かと楽しみにしておりま〜す!
kaz
2010/10/12 00:26
kaz様 早くアーストロン来襲させないとですね〜
遅れてしまって申し訳ないです。
この怪獣の完成品は、ソフビですが何人かが、匠の技ですばらしい完成品を製作されてますので、とても参考になりました。
しかし、それだけにプレッシャーを感じてしまってますが‥
私も早くkazさんの完成品を見たいで〜す。
asu_koubou
2010/10/12 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
アーストロン電飾キット完成品製作記 その3 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる