怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS アレイド ウルトラマンシリーズ第三弾は、海底原人ラゴンです!

<<   作成日時 : 2010/04/29 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


って言っても、わざとらしい前回の記事に呆れながらも、みなさんとっくに知ってたと思いますが‥(^_^)v

アレイド ウルトラマンシリーズ第三弾!
海底原人ラゴン レジンキット
全高約33p
原型 浅川 洋
(C)1966 円谷プロ

¥23100(税込)
送料800
予約受付開始いたしますので、よろしくお願い致します。

詳細は、アス工房のHPを見てくださいね!


画像


画像


画像


さて今回は、何と言ってもヒレが鬼門でしたね〜
あとはやはり顔ですかね〜高山造形のすごさを改めて認識いたしました。
ウルトラQやアトラクションなどでボロボロになった後、発酵し熟成して一番美味しくなった時期にウルトラマンに使われたかのような何とも言えない味わいのある顔!
焦点が定まらない怖さや他の怪獣にはない俊敏さ!
海底原人ラゴン、ウルトラ怪獣の中ではかなりの秀作ではないでしょうか。

ああそう言えば、今回も漫画家のほりのぶゆき先生にラゴンのキットの為に漫画を描いてもらえる事になりました。キット購入の方だけが楽しめる漫画ですね!
チャンドラーの時も笑った笑った!
ほりさんのブログ「旅姿一人マン」にリンクを貼りましたので、よろしくで〜す。
ミイラの漫画も最高〜♪

4/30追記、ラゴンのアルバムにパーツ分割画像と電飾キットのスイッチ設置位置画像を載せました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも〜メールありがとうございマッス
アレイド第3弾いよいよ発売ですね
「海底原人ラゴン」ほんと高山造形の傑作だと思います
アマゾンの半魚人にも迫力で負けてませんから〜
子どもの頃、めっちゃビビッて震えながら見てました
まさにあの放射能光線?をウルトラマンに吐きかけるポーズですね。Qのラゴンとはまた違ったごっつい男性的なフォルムがすばらしいです〜また決定版がひとつ増えましたですね
後ほど予約入れさせていただきますのでよろしくデッス
フクロムシ
2010/04/30 17:07
フクロムシ様 コメントありがとうございます。
お体無事で何より良かったです
って言うか、もう製作に入ってるみたいですが、どうかお大事にしてくださいね!
アマゾンの半魚人‥そう言われてみるとそうですね〜日本版半漁人の傑作ですね。
それからあのおじさん体形が何故かかっこよく見えると言いますか、不気味さの中にひそかな愛嬌があって好感がもてますよね。
ご予約こちらこそ、お待ちいたしております。
いつも、ありがとうございます。
asu_koubou
2010/04/30 17:35
メカモデラーと言いながらウルトラ怪獣を沢山作ってきた自分ですが(笑)、やっぱしアレイド ウルトラマンシリーズはその中でも頂点を極めております!今回も画像見た瞬間に「きたー!!!!」と声が出ちゃうぐらいの臨場感、自分が一番作るのを楽しみにしているシリーズであります!ああ、早く作りてー!!
kaz
2010/04/30 21:23
kaz様って、メカモデラーでしたか、すいません私メカ物キットあまり良く知らないもので‥
今回のおまけのような原爆もあれで結構時間かかってるんんですよ〜(^_^;)
でもkazさんとこのウルトラ怪獣作品の充実ぶりは凄いと思います。
きっとお客さんに信頼されてるのだと思います。
こやつのペイントは私的には、とても悩むところではありますが、kazさんの完成品は、とても楽しみですね〜
asu_koubou
2010/04/30 23:02
 3枚目の写真、マジで当時のプロップ白黒写真かと思っちゃいますよ。原型でこれだけ質感があるって、本当にスゴイですね!
 抜け落ちそうにぶら下がっている原爆、劇中ではちょっと軽過ぎる感じがしましたよね。きっちり塗れば、らしさが増すでしょうね〜
 と、怪獣に関しては見てるだけの私です。スミマセン ^^;)
BIRDIE
2010/04/30 23:57
BIRDIE様 ありがとうございます。
ヒレの軟らかさとかラテックスの質感とか出したかったんですが、そのごく表面的な部分を作ってる時にもうちょっと大きめなベースの形が間違ってる事を発見しちゃうとその辺一帯を壊してやり直したりしますので、なかなか進みませんですね〜ブログにUPした後も直したい個所が見つかってしまいました。
ホント造型って終わりがありませんです。
asu_koubou
2010/05/01 11:22
久しぶりですけど管理人さん、お早うございます・・・。
遂にカラー版が公開可能になったんですね。確かに「初代マン版」のラゴンは初の立体化になるでしょうから、イメージが違ってくるでしょうね・・・。
此方のラゴンは完全な「Q」版と別人(!?)と考えて良いでしょうね・・・(それでも購入は・・・(涙)。管理人さん、御免なさい・・・)。
それでも彩色版、気になりますが・・・。
それでは・・・。
変身サイボーグ&ウルトラ兄弟ファン
2010/05/02 07:44
変身サイボーグ&ウルトラ兄弟ファン様 こんにちは。
「初代マン版」のラゴンの立体化は、レジンとソフビが、何種類か出ていたと思いますが、このラゴンは中腰ポーズで全高約33pなので、サイズ的には最も大きい部類に入ると思います。
「Q」版とはかなり違ってますね〜ボディスーツからヒレ、モールドなど顔は同じだと思いますが、たぶんボロボロになったやつをかなり修正して直したんだと思います。
彩色版、私も気になりま〜す
asu_koubou
2010/05/02 21:36
お久しぶりです。

又書き込みさせていただきます。

あいつはこいつだったんですね(笑) 。
凄まじい出来ですね。
ヒレのぐちゃぐちゃ感、ゴムの感じ
そして今にも火を吹きそうなポーズ、表情など最高です!!

Q版は海底原人、マン版は怪獣なんですよね。
特にマン版は狂気にも似た怖さのある怪獣であることが印象深いです。

それらの魅力を堪能できますね。


それではまた書き込みさせていただきます
サミ
2010/05/05 19:41
サミ様 こちらこそ、お久しぶりです。
ありがとうございます。
そうなんです、こいつがあいつだったんです!
確かに原人と言うよりは怪獣に近いですね〜
声なんてネロンガと同じですからね。
しかし怪獣にしては、素早い動きと何をしでかすかわからない怖さが少し怪人よりかもですね。

このラゴンキットで、それらの雰囲気を少しでも味わってもらえるのなら幸いで〜す。

asu_koubou
2010/05/05 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
アレイド ウルトラマンシリーズ第三弾は、海底原人ラゴンです! 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる