怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 禁煙その後

<<   作成日時 : 2008/04/20 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


今年の正月にインフルエンザにより禁煙を始めてから、四ヶ月と二十日経ちましたが、いまだに禁煙が続いてます(^_^)v
このぐらい経つと、もう禁煙と言うより、私は吸わない人なんですと言う感じがしてきました、しかし今でもたま〜に、無性に吸いたくなる時があります。

禁煙によって良かったことは、ご飯がやたら旨くなった事や子供と接しやすくなった事、病気に対する安心感が増した事や、やめられた自分に対する自信(*^_^*)が増した事などです。

禁煙によって悪くなった事は、タバコを吸っている人達との間に目に見えない壁のようなものが出来てしまった事かもしれません。
所謂、タバコ仲間からはずれたって事ですね(^_^;)

あとは、やはり周りの煙や臭いが気になり出したんですが、それは話の席などでどっぷり煙に巻かれている時ではなく、町中などで歩きタバコの人の後を歩いた時や駅の喫煙スペースの横を歩くときなど、空気の変わり目に居合わせた時ですね。

また、その”間(吸っていた時にはあった少しの時間)が無くなった事があります、吸っていた時その”間では、何をしていたのかを考えると、もちろんタバコを味わっていたわけなんですが、味わいつつも頭の中では一種の快感と言うか、ポジティブな感情を生み出していたんじゃないかと思います。

例えば造型している時、いき詰まり出すと、タバコに火を付ける回数が増えるんですが、その時頭の中では、「あそこはこうすればなんとかなるだろう」「だめだやりなおしだ、でもここだけこうすれば簡単だ」とかネガティブ感情をコントロールしていた記憶があります。

逆に造型がうまくいっている時は、タバコに火をつけて「そうそうこの形だ!」
「いい雰囲気でたな〜」と思いながらタバコと一緒に造型も味わってて至福のひとときになるわけです。

それらの”間が無くなった今、私はいったいどう過ごしているんでしょうか?

自分の生活を振り返って分析(オオゲサ)してみないとわかりませんが、一つ上げられるのはガムです。
行き詰まった時は取りあえずガムを噛みます、そうすると手持ちぶたさのような感情がなくなり、ガムの味を味わいます。
それで取りあえずは、落ち着くんですが、タバコのようにポジティブな感情までにはなりません、落ち込んでいる場合は、落ち込んだままです。
しかし一方では、細かく対処する事が、以前よりはましになったような気がします。
また造型がうまくいっている時は、ガムを食べなくても小刻みながらも造型を味わえてる気がしますが、至福のひとときとまではいきません。
しかし一方では、良い部分の見落としが少なくなったような気がします。

そう考えると、タバコを吸っていた時の方が、味わい深い人生を送れるようで、良い方向に行ってるような気もしますが、現実的にはむしろ吸っていない今の方が、良い方向にむかっているのかな〜なんて思ってます。

人によってタバコの効果や作用は違うでしょうから何とも言えませんが、私はこんな感じで、今やっております。
以上、わたくしごとのつぶやきでした(^_^)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもご無沙汰です〜
タバコに関するつぶやき興味深く読ませていただきました
実は私も10年前までかなりなヘビースモーカーだったんですが、死にそうな体験(心筋梗塞)をして、「タバコ続けると死にます」と医者に言われたらさすがにやめました(^^;
でも、タバコ吸っててもご長寿の方ってたくさんいらっしゃいますでしょ。たぶん吸うことによって人生という道に地雷を埋めてるんでしょうね。吸えば吸うほど地雷が増える、でもそれを踏まずに長生きされる方もいるし、私みたいに若いうちに踏んじゃう者もいる。でも、食事の後や、なにか一区切りついた後の一服ってなんともいえない幸福感がありますよねェ〜しかし10年も経つとあの感覚忘れてしましました
でも、それでよかったのかもしれませんね
まだまだしたいこといっぱいありますから〜(^^;
どうもながながカキコしちゃってすみませんです〜m(_ _)m
フクロムシ
2008/04/20 20:23
フクロムシ様 どうも!こちらこそご無沙汰です。病気たいへんでしたね〜でも、さすがに死ぬと言われたらやめますよね〜ただし、その医者を信頼している場合に限ってですが(笑)
たぶん、私がやめられたのは、昔から「いつか必ずやめよう」っていう思いがあったからだと思います。それがたまたま、タミフルと言う切っ掛けがあったから、上手い具合にやめられたんだと思います。
そう言えば最近、病気の地雷みたいな怖いテレビ番組が、増えたような気がしますが、世の中の人の関心事が、高まってるんでしょうか、ウエスト85p以上のメタボ体型とか騒いでるし〜(~o~)
私も地雷を踏まないよう体には、気をつけなきゃです、もっとたくさん原型作りたいですからね〜あとフクロムシさん、「あの感覚」は思い出さないよ〜う〜に(笑)




asu01piro
2008/04/20 23:37
久しぶりに日記を見たら、
えらいねー。いつの間にか禁煙していたとは。
びっくりです。
絶対やめないと思っていた。

タバコの快感は幻想に過ぎません。
肉体の健康は現実です。

昔の男は喫煙者が多いので、
尊敬する年配者は対象外にしていますが、
「世の中で一番ダメなのは、喫煙者。
一番立派なのは、やめた人。」
私の持論です。

引き続き離煙生活続けてください。
タバコにしばられない生活って楽でしょ?
カズ
2008/05/16 11:01
カズ様 おおっ〜!どーもコメントありがとうございます!(^^)!
カズさんは、昔から吸ってなかったですね。
吸ってる族と吸わない族でどーしても隔たりが出来ちゃうんですよね〜で、私は絶対やめないと思ってて、何十年も来ましたが、人の心なんて変わるもんですね〜(@_@)
確かにタバコにしばられない生活を満喫してますです。
外出すると吸えない場所がふえたので、逆に吸いたくても吸えないストレスがたまってた事を考えると、とても身軽な感じです(^_^)v
asu01piro
2008/05/16 21:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
禁煙その後 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる