テーマ:完成品製作記

マグラー完成品製作記 その10

というわけで、完成品製作記の補足です。完成品製作記をやっていると夢中になり主観的な方向にドンドン突き進んでしまいますが、スペーサーパーツのコンパチ化は、もう少し簡単にならないかと考えました。そこでスペーサーパーツに予め磁石の嵌る凹みをつけておけば、作業はかなり楽になるのではないかと思いました。口の開き方も若干調整しスペーサーパーツを改良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その9

前回気になった所の修正しました。細いエアブラシを使い艶消し黒を所々に吹きました。汚し塗装もブラウン+フラットベースで所々に吹きました。あとクリアを牙と一番前の角に吹きました。一部エナメル黒のウオッシュイングもしました。体のペイントは、ほぼ完了です。次に電飾キットです。スイッチ取り付け時期はこの後、目のペイントやLEDの設置などの作業があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その8

今回もペイントの続きです。汚し塗装としてはまだ物足りないので、更に茶色系(ブラウン+フラットベース)と今度は薄茶系(サンディブラウン+フラットベース)を交互に所々吹いていきました。後からエナメルの墨入れウオッシュイングをするので、多少明るめでもいいでしょう。尻尾の切れ目がわかってしまいますね。前脚塗りすぎたかな立ちポーズは多少、汚し少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その7

さていよいよサーフェイサー塗装の段階になりました。今回使ってみようと思っているのは、これ。シンナーで多少希釈して使いました。毛が硬くて大きめの筆を使いほとんど筆塗りしました。硬い毛の筆塗りなので、ディティールの奥まで塗ることができます。薄いゴム手袋いいですよ。あと接合面には、エアブラシで薄めに吹いておきました。顔の内側や上アゴパーツには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その6 3/15一部改編しました

さて今回は顔周辺でペイント前に接着できる舌の接着からです。瞬間接着剤で接着完了!次に角の組み立てです。まずこの2個のパーツを顔のここに合わせてみて合っているかどうか確認します。大丈夫ならこの2パーツが接している部分にだけ瞬間接着剤で接着します。接着後、外してみるとこんな感じ。ここは付いていない時が撮影会バージョンで、付けた時が本篇バージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その5

いや~コンパチ化、まさかここまでやるとは思っていませんでした。でも磁石って便利ですね。その経験を今後の製作にも役立てたいと思います。さていよいよ顔周辺の組み立てです。とは言ってもペイント前に組み立てられるところはあまりないかも~それと言うのも開き口と少し開き口の選択が出来る下あごは、造形が入り組んでいる為、頭と首部を接着した場合、真鍮線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その4

さて今回もデラックス版の腕のコンパチ化です(汗)時間とスキルが必要な作業ですので、あくまでも製作例として参考程度に見ていただければと思います。今回のコンパチ化は、あくまでも仮付けです。付けたまま飾っていると地震とかでバラバラになる可能性がありますので、両方のポーズを楽しんだらどちらかに決めて完璧な完成品にする事をお勧めいたします。またも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その3

さて今回もデラックス版を購入した方向けの作業ですので、四足ポーズ版と立ポーズ版を購入した方は飛ばしていいかと思います。結構手間がかかる作業ですので、時間とスキルを要しますが、なるべく簡単にネオジム磁石が付けられるよう考えてみました。そうです、「あれ」とはネオジム磁石の事です。今や百円ショップでも購入できるようになりましたが、ネオジム磁石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その2

今回は、組み立ての続きで尻尾の付け根パーツと脚からです。この部分は、四足ポーズと立ポーズを切り替える要のパーツです。なのでこれらのパーツを付け替え可能にすれば、両方のポーズが一時的に楽しめるわけです。ただ仮付けとして一時的に楽しむ程度がいいと思います。楽しんだ後、どちらかのポーズに決めて完成品にすることをお勧めいたします。ではまずは尻尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグラー完成品製作記 その1

遅れておりましたマグラーサンプル準備できました。いや~今回は、いつもながらに予想外の成型作業になってしまい、かなり遅れてしまいました。四足ポーズ版と立ポーズ版の両方という怪獣二体分ということもありますし...........いったい誰のせいなのかって、私のせいです、すいません。まあ造形と違ってこういう作業は、手を動かしていれば時間がかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンドラー完成品製作記(再販用補足)

まずはレッドキングとピグモンの在庫販売ですが、販売終了いたしました。ありがとうございました!チャンドラー再販の進行状況は、現在複製作業中です。他の作業も少しずつ始めています。発送は、10月25日頃を予定していますが、多少前後するかもしれません。まだしばしお待ちくださいませ。 さて初版から10年後になったチャンドラー再販ですが、これでア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドキング完成品製作記 その5

さてレッドキング完成品製作もいよいよ大詰めですね。まずは口の中からです。資料を見ながらマスキングテープを貼り、念のため他の部分も隠します。アクリル系のモンザレッドにフラットベースを混ぜて吹き、マスキングテープを剥がしました。完全に乾いてからシンナーで牙の塗装をはがします。次の画像のような短い毛の筆が使いやすいです。するとどうも薄め液で使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドキング完成品製作 その4

さていよいよサーフェイサーですが、ちょっとその前に.........。 レッドキング原型が完成した直後から体の塗装をどうするかずーと悩んでいました。資料などを見て大まかに作戦を立ててはいたのですが、解説を頼んでいるヤマダ氏よりの情報を聞いて益々悩むことになりました(笑)しかしいくら悩んでも答えは出そうもありませんので、「一か八かやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドキング完成品製作 その3

さて今回は、顔周辺の組み立てからですが接着できるところは、舌と下アゴぐらいですね。二種類の下あごパーツは、出来ればどちらかに決めて最終的には接着パテ埋めが理想です。多少手間がかかり、ある程度のスキルが必要になりますが、両方トッカエヒッカエできるようにする場合の製作法をやってみたいと思います。アス工房の完成品見本という事情もあるのであしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドキング完成品製作記 その2

只今レッドキング量産進行中ですが、発送は7月中になる見込みです。まだしばしお待ちくださいませ。発送準備状況は、ここかアス工房HPで告知いたします。 さて複製の合間に完成品製作をやっている為もあり、いつものWF直前の完成品製作とは違いだいぶペースが遅めですが、その分じっくりやっていこうと思います。今回は組み立てからですね。各接合面には真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッドキング完成品製作記 その1

緊急事態宣言も解除され少しずつ元の生活の戻りつつありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は、レッドキング製品化作業を続けつつ生活面では、買い出しと散歩ぐらいで、外食や飲み会など無い代わりに好きなゲームを普段より多めにやっているくらいですね(笑)さてレッドキングの方は、胴体複製も少しづつ上がってきていますので、そろそろ複製作業と並行し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピグモン完成品製作記 その3

すいませ~ん、ピグモン完成品のヒレの向きが1個間違っていました!という事は、HP画像もアルバム画像も間違ったままという事ですね(大汗)どこかと言いますと、88番のヒレです.........88番の上下を逆に付けてしまっていたのです。88番なので分かりずらかったせいだと思います(言い訳っす)お蔭で皆さんは間違える事はないでしょう(笑)いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピグモン完成品製作記 その2 追記有り

さて今回は、前回の補足で、顔と後頭部からです。WF直前、私は慌ててここを隙間が空いたままパテを多めに盛ってしまったので、胴体と合わなくなり無理やり削って合わせてしまいました。結局、後から外しパテも削り取って合わせ直しました。次の画像ぐらい合っていれば、大丈夫でしょう。注意点としては、パテを間に盛りすぎると下の画像より開いてしまう可能性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピグモン完成品製作記 その1

ワンダーフェスティバルにギリギリ間に合ったピグモン完成品。かなり慌てて製作したので、立ち方がちょっと違っていたり、パテを盛りすぎていたり黒目の大きさが左右で違っていたりしたので、修正しました。もちろんその辺も失敗は成功の母ということで、皆さんにはそうならないよう解説していく予定です。しかし、ピグモン原型製作もハンパなかったです。資料の少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タッコング完成品製作記 完成!

さて今回は、口の中の赤からです。 ここはエナメル塗料の筆塗りでフラットレッドに少量のフラットホワイトを混ぜて塗りました。 下地の黒もエナメルなので、溶かさないようサクッと何回かに分けて塗り重ねました。 口が乾く合間に眼球のペイントです。 インナーパーツに半透明の両面テープを貼り眼球を付けました。 今回の電飾キットは、デ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タッコング完成品製作記 その4

ペイントの続きです。 基本色の赤が強く、ついつい私のイメージがよく食べてるタコ酢の美味しそうなイメージが、かぶっていた(爆)かもでしたので、ミッドナイトブルーにキャラクターブルーを混ぜた色で全体的に吹きました。 それなりに落ち着いた色になってきたかと思います。 気を使ったのは、二種類の顔と胴体の色合わせですね。 これで吸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タッコング完成品製作記 その3

サーフェイサーを吹く前に前回の作業で、離型剤を塗ったところの洗浄をしておきます。 中性洗剤とクレンザーでよく洗っておきました。 サーフェイサーを吹きました。 一応、この時点で、気泡やバリ、段差などとチェックしてもし気になるところがあれば、今のうちに修正します。 次に前回のサイゴから始めたエナメル塗料のフラットブラックの筆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タッコング完成品製作記 その2

前回は、組み立てを一通り行ったので、今回はその後のパテ埋め処理からです。 接着した胴体、脚、足、尻尾の接着面の隙間にエポキシパテを埋めこんでいきます。 多少多めに盛り固まるのを待ちます。 パテが固まったら、リューターにダイアモンドポイントをつけてモールドを繋げていきます。 次に電飾キットの場合のみですが、前回合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タッコング完成品製作記 その1

世間では平成から令和に変わり、ハリウッドゴジラで盛り上がっている中、黙々とタッコングパーツの複製作業に没頭してました(笑) ようやく業者さんの中空成型サンプルが上がってきたので、タッコング完成品製作を始めたいと思います。 タコ焼きの様な丸くてデカイ胴体を持ってみると、中空だけに軽く手ごろな重さで一安心。 原型も中空で作ってまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイゴ完成品製作記 完成!

今回は、いよいよ眼球のペイントと電飾キットの設置からですね。 まずインナーパーツにLEDを瞬間接着剤で接着しちゃいます。 ここは接着してもインナーパーツなので本体からは離れているし、しかも電蝕キットは、コネクターが外せて電池BOXと分かれて作業しやすい為、この後の作業にも支障がないと思います。 点灯テスト。 次に両面テー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サイゴ完成品製作記 その2

今回は眼球の合ぐわいのチェックからです。 合わせてみたら裏から見たらピッタリに見えたんですが、表から見たら少し隙間が開いていましたので、球体のダイヤモンドポイントで、少し削って合わせました。 次に電飾キット付属のインナーパーツも合わせてみます、こんな感じです。 これと穴の開いたボタンパーツは、ノーマルキットにはないパーツです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サイゴ完成品製作記 その1

無事ワンフェスも終わり、ギリギリセーフだったサイゴ完成品を展示できてひと段落です。 サイゴキットは、現在、追加生産リクエスト予約受付中です。 すでに予約済みのサイゴキットの発送は、業者さんの都合で2月末~3月上旬頃になりそうです。 何卒よろしくお願いいたします。 会場では、キーラの在庫のお問い合わせが、多々ありましたが、キー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キーラ完成品製作記 完成!

さていよいよ大詰めですね。 まずは電飾キットの場合ですが、収縮防止兼補強用の線をニッパーでカットします。 ノーマルキットの場合は、つけたままでいいです。 ここをカットすると、若干強度が落ちるので、無理やりレバーを動かさないようにして下さい。 眼球に瞼パーツをはめた後、顔に合わせてみたところです。 次の画像は、完全に閉じ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キーラ完成品製作記 その7

さて今回は、電飾キット設置と眼球のペイントなどいよいよクライマックスですね! 次の画像が電飾キットですが、試作品なので製品版は、もっとLEDの電線が長いです。 今回はスイッチと電線の接続(ハンダ付け)はありません、ちょっと複雑な配線なので、すべて業者さんに組んでもらいます。 取りあえず電池を装填して発光テストをしてみて下さい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キーラ完成品製作記 その6

今回もペイントの続きです。 もっと赤みを出したかったので、モンザレッドにフラットベースを混ぜただけで、シンナーで薄くして吹きました。 が、ちょっとムラが不自然な感じ....... 全体的にまとまるように今まで使った色を所々吹いて調整しました。 あと背中の甲羅の内側は資料を見るとなんか毒々しいマダラなのでキャラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more