タッコング完成品製作記 その3

サーフェイサーを吹く前に前回の作業で、離型剤を塗ったところの洗浄をしておきます。
中性洗剤とクレンザーでよく洗っておきました。

サーフェイサーを吹きました。
一応、この時点で、気泡やバリ、段差などとチェックしてもし気になるところがあれば、今のうちに修正します。
画像

次に前回のサイゴから始めたエナメル塗料のフラットブラックの筆による下塗りです。
これを始めたきっかけは、エアブラシだと奥まった所に色が届きにくく奥まった所が薄く(明るく)なる傾向がある為、前もって奥まった所に墨入れしておけば、後々それが気にならないようにする為です。
それ以外に光漏れ防止の効果もありますので、顔の裏側の目の周りなどにもしっかり塗っておきます。
乾く前にキッチンペーパーなどで軽くポンポンと表面の塗料を吸い取り多少の明暗を付けます。
エナメル塗料なので、ラッカー系のサーフェイサーは溶けないです。
画像

タッコングの大きな特徴である無数の吸盤の中心の穴は、量産時にシリコンが欠損しにくいように浅めに丸くしてあります。
ここはペイントで真っ暗にしたいところですが、厚塗りすると艶が出てしまうので気を付けます。
次の画像は、一通り塗り終わったところです。
ここで注意したいことは、顔や腕など胴体と別に塗った場所が胴体とつながるようにペイントするという事です。
画像


さていよいよ基本色作りです。
ここからは多少主観的になるかもですが、私のイメージ優先で色を決めていきます。
まずモンザレッド、ウッドブラウン、艦底色、フラットベースを使い基本色1を作りました。
次に基本色1にモンザレッド、ホワイト、フラットベースを足して基本色2を作りました。
で、まず基本色2を所々ムラムラに吹いたらこんな感じになりました。
ちょっと困ったのは、顔が二種類あるので,トッカエヒッカエしてどっちでも違和感ないように合わせないいといけないという事です。
今回電飾キットの電池交換を顔と胴体の接合面にしたくなかったのは、この接合面はかなり目立つ場所なので、できるだけ接着パテ埋めが望ましいと思ったからです。
でも二種類の顔も楽しみたいしな~という葛藤が沸き起こり、結局今の仕様になったという感じです。
画像

画像

画像

次に基本色1をムラムラに吹いたらこんな感じになりました。
画像

まだ赤い感じですが、吸盤の中がもっと赤いのでその対比をどうしようかと考えてしまいます..........
画像

吸盤の中の赤の影響で体の色がどのぐらい赤が弱く見えてくるのか..........
画像

な~んて考えていてもわからないので、とにかくやってみるしかないんですけどね(笑)

そうそう、今のうちにスイッチのペイントもしておいたほうがいいかも。
電飾キットの場合、スイッチが付きますが、今回もボタンスイッチをそのまま使えるようにしてみました。
毎度のことながら付け加えておくと、ワッシャーやナットなどが入っていますが、その3個の部品は使用しません。
ではまずボタン部分を外し
画像

リューターにダイヤモンドポイントをつけて表面を荒らします。
画像

基本色1と2を吹きます。
画像

フタパーツには、こんな感じで設置しますので一回嵌めてみましょう。
画像

嵌めた後は、色が同じになるよう基本色を吹きます。
ネジも一緒に塗っちゃいますとこんな感じ。
ボタンと胴体の隙間は、作動性、量産性の為、多少空いてしまいます。
ピッタリにしたい場合は
画像

ボタン側面に離型剤を塗りフタパーツにスイッチ本体と一緒にカチッとなるまで押し込んでから、フタパーツに瞬間接着剤でパテを接着しながら次の画像のようにパテ埋めし
画像

パテが固まったら、ボタンパーツがちゃんと外せることを確認した後、ダイヤモンドポイントで表面ディテール処理をします。
この場合は、ボタンパーツの側面にはディテールを付けない方がいいです。
ボタンパーツをはめてみたらこんな感じ。
画像

そして基本色1と2を吹いたらこんな感じになりました。
ボタンパーツが正常に作動することが確認できればOKです。
画像


さて次回もペイントの続きです。


6/11追記
サーフェイサーの後にエナメル塗料の下塗りですが、エナメル塗料は被膜が弱いので、厚塗りしない方がいいです、後から剥げやすいかもです。
そんなこんなで悩んでいたら、黒いサーフェイサーというのが今出ているようなので、これなら一石二鳥です。
次回からはその黒いサーフェイサーを使ってみようと思います。

"タッコング完成品製作記 その3" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]