マグラー完成品製作記 その7

さていよいよサーフェイサー塗装の段階になりました。
今回使ってみようと思っているのは、これ。
シンナーで多少希釈して使いました。
DSCF9640.JPG
毛が硬くて大きめの筆を使いほとんど筆塗りしました。
硬い毛の筆塗りなので、ディティールの奥まで塗ることができます。
DSCF9644.JPG
薄いゴム手袋いいですよ。
あと接合面には、エアブラシで薄めに吹いておきました。
DSCF9655.JPGDSCF9657.JPG
顔の内側や上アゴパーツには、電飾の光漏れ防止の意味もあります。
DSCF9659.JPG
一通り塗り終わりましたが、乾くと所々塗れてない場所が見つかりますので、細目の筆で塗り足します。
あまり嬉しくないですが、気泡発見にもなります。
と............一つ忘れているパーツがある事を思い出しました。
DSCF9670.JPG
ここに付くトゲの先端パーツです。
DSCF9674.JPG
小さいパーツなので、くれぐれも無くさないように気を付けてください。
て言うか、なくす前に最初に接着パテ埋めしちゃった方がいいですね。
DSCF9667.JPG
接着パテ埋めしました。
DSCF9684.JPG
次に背中のヒレの接着です。
ここは接着しておいてもよかったかもですが、一応黒いサーフェイサー塗装の後に付けようと思っていました。
角度を変えてみて頭パーツと中間の分割面とお尻の方とつながる位置に瞬間接着剤で接着しました。
DSCF9686.JPG
分割面にMr.pps瞬間接着パテを隙間に流し込む感じでパテ埋めしました。
硬めにしたパテで盛りあげながら繋げました。
DSCF9690.JPG
顔とのつながりは、取り外し可能にするので、エポキシパテを使いました。
DSCF9695.JPG
固まったらリューターにダイアモンドポイントを付けて修正します。

さあペイントです、とは言っても黒を塗ってあるので、ほとんどこれが基本色の役割を果たしていると思います。
でっ、この真っ黒のサーフェイサーマグラーをシンナーでウオッシュイングしてみてはどうか。
シンナーを洗うようにたっぷりつけて筆でこすり、主に飛び出ている所をうすくして、深いところは墨入れした感じになります。
真っ黒一色だったのが、何段階かの明暗ができて良い感じです。
まあこの上から塗り込んでいくので、この効果はあまり期待できませんが、どこかに効果が残っていればと思いつつペイントに入りたいと思います。
DSCF9700.JPG
基本色は塗ってあるので、これから塗るのは、ほとんど土や泥の汚し塗装という感じですね。
さあどんな汚し塗装にしようかなあ~
ああ、ここから先は、私の主観的製作として楽しませていただきますので、ご了承いただければ幸いです。

ではまずブラウン系(ブラウン+フラットベース)の色と薄茶系(タン+フラットベース)の色を作り、資料を参考にしながら、所々に吹いていきました。
DSCF9715.JPG
下アゴのスペーサーはつけたままがいいですね。
DSCF9723.JPG
下げ腕に取り替えて色を合わせておきます。
DSCF9726.JPG
もちろん立ちポーズも全部つけ替えて色を合わせます。
DSCF9701.JPGDSCF9704.JPGDSCF9706.JPG
DSCF9710.JPG
いや~コンパチ化は、サーフェイサー塗装までにしたほうがいいですよ(苦笑)
色を塗るたびに全てのパーツを付け替えて色を合わせないとなりませんからね。
次回もペイントの続きです。
アス工房HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~asu_koubou/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント