マグラー完成品製作記 その3

さて今回もデラックス版を購入した方向けの作業ですので、四足ポーズ版と立ポーズ版を購入した方は飛ばしていいかと思います。
結構手間がかかる作業ですので、時間とスキルを要しますが、なるべく簡単にネオジム磁石が付けられるよう考えてみました。
そうです、「あれ」とはネオジム磁石の事です。
今や百円ショップでも購入できるようになりましたが、ネオジム磁石の取り扱いには十分注意が必要ですので自己責任でお願いいたします。
心臓ペースメーカーや携帯電話、フロッピーディスク、磁気カード、磁気テープ、乗車券、ハードディスク、クレジットカード、キャッシュカード、、、などなど、記憶内容が破壊される可能性もあるので、近づけないように気をつけましょう。
飲み込んだりしたら、大変危険ですので、小さいお子さんなどの手の届かない所に置いてください。

さてやり方は尻尾の付け根パーツの時とほぼ同じです。
違うところは、磁石を設置する場所を削らなければならないという事です。
背中のヒレの接合面のところで言いましたが、接合面の中心部分はパテ盛りし接着しやすいようにかなり隙間が開くようになっています。
その隙間を利用しネオジム磁石を設置しやすい場所を調べて、リューターに紙やすりポイントを付けて削りました。
次の画像は削ったポイントで軸は3㎜です。
DSCF9189.JPG
丸く凹んだ部分が削った部分です。
このポイントを使えば、簡単に削ることができます。
DSCF9155.JPG

ではまずは立ちポーズからやってみようと思います。
設置する位置4ヶ所を削った後、凹んだ部分に瞬間接着剤をつけて、パテも盛り二個付きの磁石を次の画像のように設置しました。
ここで胴体に合わせてみて、磁石が当たって合わなくなってないかどうかチェックしておきます。
もし磁石が当たって合わなくなっていたら、パテを取り穴をもっと深く削りなおします。
合わなくても、胴体側は中空成型なのでなるべく削らない方がいいと思います。
DSCF9173.JPG
分かりにくいですが、これで磁石2個ついてます。
磁石は半個分ぐらい埋まっている感じですね。
DSCF9174.JPG
パテが固まったら、尻尾の付け根パーツの時と同じようにパテを磁石の上に瞬間接着剤も付けて
DSCF9178.JPG
そして圧着!
この時、出来れば足の裏左右と尻尾の底辺が地面に接地するようにします。
DSCF9168.JPG
パテが固まったら、脚を外して磁石が無事、胴体側についていることを確認しはみ出したパテを削ったり瞬間接着剤で補強したりしました。
これで立ちポーズの方はひとまず完了。
DSCF9193.JPG
次は四足ポーズの脚の接合面を削ります。
削る位置は四角いダホと真鍮線の位置関係からだいたいの位置はわかると思います。
多少大きめで深めに削っておけば、大丈夫だと思います。
磁石を乗っけてから脚を胴体に合わせてみて磁石が当たらなくて合っていればOKです。
DSCF9194.JPG
次に磁石の上にパテを瞬間接着剤でつけて先端にも付けておきます。
DSCF9207.JPG
そして圧着!輪ゴムで留めます。もちろん尻尾の付け根パーツもつけて地面に接地してるかどうか確認しておきます。
もし足が浮いていたりしても後で調整します。
DSCF9209.JPG
パテが固まったら同じように補強し形を整えて完了です。
これで取りあえず脚のコンパチ化が完了です。
DSCF9292.JPG

次回は、腕のコンパチ化ですね。
いや~この作業は、パテが固まる時間がネックですね、まあ急がずのんびりやれればと思います。

アス工房HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~asu_koubou/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント