レッドキング発送開始いたします! 8/3、22追記しました。

お待たせいたしました!
レッドキング1回目予約分、発送開始いたします。
予約受付順の発送になります。
発送後、お問い合わせ番号を記載したメールにて
ご連絡いたします。
尚、代引き発送の方には発送2日前に
メールにてご連絡いたします。
何卒よろしくお願いいたします。

51.JPG

8/3追記
レッドキング一回目予約分発送完了いたしました。
もしまだ届いてなくてメール連絡も来てない場合はアス工房までご連絡下さい。
二回目予約分発送は、8月中旬頃になる見込みです。
何卒よろしくお願いいたします。

8/22追記
レッドキング二回目予約分発送完了しています。
何卒よろしくお願いいたします。
アス工房HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~asu_koubou/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

お松やん
2020年08月03日 19:25
昨夜届きました。

知識やスキルも無く初めてのガレキ購入だったので、製作記を読んで現状だと手に負えないものであることを痛感しました。

まだ自分で作ろうとは思えませんが、製作代行という手もありますし、今は他の購入された方々の作品の画像のアップを楽しみにしたいと思います。

浅川
2020年08月03日 23:08
お松やん様 初めましてレッドキング購入とコメントありがとうございます。
最近は購入した方からの完成品画像が良く届くようになり、嬉しい限りです。
お松やんさんのような、初めての方にも楽しんでいただけるなら、ホントやってよかったです。
もしご自分で作ろうと思った場合は、どうすればいいかを簡単に書いてみました。
ガレキ初めての場合、まず道具を揃えたりやその使い方がネックになるかと思います。
湯口取りとパーティングライン(バリ)取りの作業は、費用はかかりますがこれから何体も怪獣GKを作りたい場合は、思い切ってリューターを購入することをお勧めいたします。面白くスムーズに作業が進みます。レッドキングの歯などの細かいところのバリ取りも紙やすりの前の段階で、かなり時間短縮になります。
レッドキングはピグモンほど難易度は高くない方だと思いますが、組み立ての際の真鍮線打ち込みは難易度がUPしてしまいますので、マジックムースという強力な接着剤を使えばいいかと思います。
製作記で説明している下アゴや尻尾の取り外し可能の加工に関しては、少し難易度が上がりますので、下アゴもどちらかに決めて、接着パテ埋めした方がいいと思います。
塗装に関しては、凝れば凝るほど難易度はUPしていくと思いますが、白目の中の黒目の虹彩のような細かい所、はたまたゴモラの角の模様やバルタン星人の脚などの模様がある奴は、初心者でなくてもかなり難易度が上がってしまいます。
レッドキングの場合、眼の塗装で似てる似てないという事が決まるピグモンと比べたら眼はそれほど難しくないと思います。
体の塗装は、製作記の順番で塗っていけば、取りあえずはいけると思いますが、その際、色の選択はだいたい同じような色なら私の使った色でなくても全然大丈夫です。
細かいエアブラシの塗り分け作業が若干難易度高めになるかもですが、そこはじっくり時間をかけて少しずつ進めていけば、必ず完成します。
最後になりましたが、塗装ブースや、コンプレッサー、エアブラシはやはり必要ですね~全部筆塗りという手もなくはないと思いますが、逆に難易度UPしてしまうと思います。、
お松やん
2020年08月05日 15:38
ありがとうございます。

考えが及んでいなかった部分もあり、いろいろ考えされられました。

自作したいと思っても、その環境を準備できるかどうかなど、少し長い目で考えたいと思います。
浅川
2020年08月06日 16:06
お松やん様 こんにちは、コメントありがとうございます。
初めての場合、その人にしかわからない事も含めいろいろ壁がみつかったりするかもです。
でも自分で納得がいくまでやってできた完成品は、その後ずっと癒してくれます。
大変だったことが良い思い出になります。
今後とも怪獣GKを楽しんでいただければ幸いです。
冨永
2020年08月14日 15:08
初めまして、こんにちは。
ガレージキットの制作は1度もやった事はありませんが、アレイドさんのガレージキット製作記を本屋で立ち読みして、そのこだわりと完成画像のリアルさに驚愕し、ファンになってしまいました。
もともと初期のウルトラ・シリーズの怪獣が好きで、エクスプラスさんが販売する「大怪獣シリーズ」のソフビを200体ほど所有していた事もありました。
この製作記も1弾のみならず、2弾、3弾と刊行していただきたいものです。
首を長くして待ってますので、宜しくお願いします。
浅川
2020年08月14日 21:42
富永様 初めまして、こんにちは。
コメントありがとうございます。
「アレイドウルトラ怪獣ガレージキット製作記」は、アレイドの怪獣ガレージキットを製作する時の手引きとして書いているのですが、それとは別に初代マン怪獣の模型完成品画像集としても楽しめるようたくさんの写真をホビージャパンのプロのカメラマンに撮ってもらいました。関係者の方々にはホント感謝しています。
ガレージキットをやっていない富永様にそのように言っていただけてホントやって良かったと思います。
第2弾は、もう少しアイテムが増えた頃にやれたらいいなあと思っておりますので、お待ちいただければ幸いです。