タッコング完成品製作記 その4

ペイントの続きです。
基本色の赤が強く、ついつい私のイメージがよく食べてるタコ酢の美味しそうなイメージが、かぶっていた(爆)かもでしたので、ミッドナイトブルーにキャラクターブルーを混ぜた色で全体的に吹きました。
それなりに落ち着いた色になってきたかと思います。
画像

気を使ったのは、二種類の顔と胴体の色合わせですね。
画像

これで吸盤の中の赤を塗ったらどんな感じになるんだろう.........とっ、
画像

迷ってしまう理由は、たくさん色々ある資料の中で、どの資料の色を参考にするか分からなくなってしまうっていう事なんですよね。
まあ着ぐるみの色の正確さを望むなら、地上の明るいシーンでしょうね。
だとしたら.....体色はもっと青いなあ~
という事で、
更にキャラクターブルーにフラットベースを混ぜた色で全体的に吹きました。
画像

この後、吸盤の赤を塗って、黒で墨入れしたときにどうなるかを
画像

予測しながらのペイントになるわけですが、
画像

もうこればっかりは、今までの経験とか勘とかもひっくるめたスキルが必要なんでしょうね。
ほんとペイントって奥が深いなあ~
私のイメージ的には、美味しそうな赤色のままでも好きでしたが(笑)

さていよいよ吸盤の赤を塗ります。
筆塗りならエナメルの赤。
エアブラシ使用ならラッカー系の赤のどちらにしようか迷ったのですが、資料を見ると結構赤がはみ出してて、キッチリ塗り分けられているようでそうでもないようなので、エアブラシの細目で吹く事にしました。
吹く赤は、モンザレッド、オレンジ、ホワイト、フラットベースを混ぜて作りました。
画像

所々ワザとはみ出したり関係ない所に吹いたりもしました。
手と足の指の吸盤にも!
画像

赤くない吸盤もあるようなので、そこは後から吹きます。
画像

次に基本色2を資料を参考にしながら、ラインのあたりなどに所々に細目のエアブラシで吹きました。
そして足や尻尾などに汚しでダークイエロー+フラットベースを吹きました。
画像

どうも黒くなっている所があるのと、吸盤の赤がみんな同じ彩度にならないように所々フラットブラックを薄っすら吹きました。
画像

吸盤が赤くない所にイエロー+フラットベースを資料を見ながら吹きましたが、流石に尻尾の先まではわからないので、それなりに所々吹いてみました。
画像

本体のラッカー系塗装は、だいたいこんな感じで、この後、エナメル塗装で墨入れすると、ワントーン暗くなりますしね。
次は、口の中と目など顔周辺の仕上げと電飾キット設置ですね。
アス工房HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~asu_koubou/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック