怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS キーラ完成品製作記 その5

<<   作成日時 : 2018/09/06 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回からペイント開始です。

まずは電飾キットの場合だけですが、光漏れ防止塗装からです。
今回はフラットブラックにシルバーを混ぜてみました。
次の画像は、顔の内側に筆塗りで塗ったところです。
画像

瞼パーツもしっかりエアブラシで吹きました。
画像

念のため顔の表側も吹きました。
画像

ではまずは基本色(1番)作りですね。
ブラウンにモンザレッドを少々混ぜフラットベース多めで作りました。
おっとその前に、模型屋の店員さんに勧められて今回から使い始めたのがこのエアブラシです。
画像
画像
画像

こんなものも付けました。
画像

これなかなか使い勝手がいいですね〜
大きい塗料カップのお陰で長持ち。
エアキャップが二種類で、塗る場面によってはかなり便利かも。
ピストル式だから指が疲れない。
大口径だからドバっと広い範囲が早く塗れる。
大口径だからか、掃除が楽、うがいもダイナミックに早く綺麗になってる感じ。
ちなみに今まで使っていたのはこれです(次の画像)
「細吹きから広い面積の塗装までこなすオールラウンドタイプ」
といううたい文句を信じて今まで使ってきましたが、それは普通のプラモデルの場合であって、30cmのボリュームある怪獣の全体を塗るには、小さかったようです。
でもこやつは、細かいところや細い線状に吹く時など、例えばバルタン星人の足の模様を吹く時みたいな場所には最高のパフォーマンスを発揮します。
今後はこの二本でペイントが更に楽しくなりそうな予感。
画像

本題に戻しますが、基本色(1番)を全体に一回吹いたのが次の画像です。
画像

画像

次に基本色にダークイエローを半々ぐらいに混ぜた色(2番)を全体的に吹きました。
画像

画像

そうそう、ここまで吹いて気が付いたんですが、瞼や下あご、触覚、親指などくっ付けておかないと、色がどんどん違ってきてしまうので、仮付けしました。
仮付けは下あごと親指を、後から外せるように瞬間接着剤を1滴ダホにつけて接着しました。
あと触覚は差し替えできるようにしてあるので、さすだけですが、瞼パーツは、接着したくなかったので、顔に瞼を閉じた状態で合わせ、ティッシュペーパー2枚を少しだけ水で濡らし瞼の裏から押し当てるように詰め込み固定しました。

さて色の方は、もうちょっと紫系にしたかったので、基本色にキャラクターブルーとモンザレッド、フラットベースも多めの色(3番)を作りまだらに吹いていきました。
ちょっと暗くなってきたのと、まだらの感じが気になるところがあったので、2番の色を吹いて自然に見えるように修正しました。
画像

画像

画像

画像

ん〜もっと紫系にしたいんだけどな〜

次回もペイントの続きで〜す。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
浅川様。こんばんは〜!あれよ、あれよという間に塗装開始ですね。全然塗装が進まない自分が恥ずかしいです。顔の外側に塗った黒のために、顔の部分の色合いが落ち着いて見えるのが良いですね。ますます楽しみにしていま〜す。
ROOT87
2018/09/06 21:07
ROOT87様 こんばんは〜毎度のコメントありがとうございます。
今はキーラ完成品に集中しているので、サクサク進めていきたいと思っています。
今月はキーラ発送予定ですが、そろそろ再販の準備も始めたいと思っています。
再販アイテムは、現在仮申請中です。
次の記事に書いていますが、下地に黒を塗るという方法も今後試してみたいですね。
asu_koubou
2018/09/06 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
キーラ完成品製作記 その5 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる