サドラ完成品製作記 その3

さて今回はいよいよペイントに入ります。
色に関しては、どうしても主観的になるので、あくまでも参考程度でお願いいたします。

まず基本色作りです。
私の場合は、資料を見て一番明るくて鮮やかな部分の色を作ります。
映像ではもやがかかって色が分かりづらいので、スチール写真の中で気に入った写真を決めて塗る事にします。
使用しているのはクレオスのラッカーです。
茶色約55%、つや消しホワイト約10%、キャラクターイエロー約10%、ダークイエロー約5%、赤約2.5%、金約2.5%。フラットベース約15%ぐらいで基本色を作りました。
そしてまだらにエアブラシで吹いていきました(下の画像)

画像


画像


画像


写真取り忘れてましたが、基本色を塗る前に、光り漏れ防止用のつや消し黒を目の周りの裏表に吹いてありましたので、多少他の部分と色が違いますね(下の画像)

画像


基本色の他に赤が多めの色と白が多めの色の2種類を作りまだらに吹いていきました(下の画像)
なんか全然まだらに見えないですね(汗)

画像


画像


画像


次にハサミのペイントをします。
シルバーに白を少し混ぜて吹きました(下の画像)

画像


次に口の中と首切断パーツにつや消し赤に基本色を少し混ぜた色を塗りました(下の画像)


画像


乾いてから、キバをリューターとスポンジやすりを使いペイントを剥がしました。
ポイントは砥石で尖った物を使いました(下の画像)

画像


次にシンナーをつけた綿棒で、更にペイントを剥がしました(下の画像)

画像


作業は並行して進めていますが、次に眼球のペイントです。
眼球はクレンザーで両面ともゴシゴシ磨いておきます(下の画像)

画像


インナーパーツも光り漏れ防止用に黒く塗っておきます(下の画像)

画像


いつもの様にインナーパーツに両面テープで眼球を付けます(下の画像)

画像


そして光らせながら、均一になるよう白をエアブラシで吹きます(下の画像)

画像


画像


サドラは、映像中ほとんど目の光りが分かりづらいので、電飾キットはいらないかな~と思っていたら、お客様から「かすかに光っていると思いますので、電飾キットもいつもどうりお願いします」との声が~
そのかすかな光りが、逆にサドラらしさの表現になるかも~と思い販売する事にいたしました。
なので、今回はかすかな光りの再現に挑戦してみようと思います。

次回につづく

アス工房HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~asu_koubou/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

池田
2015年02月03日 21:45
サフ吹き状態でもカッコ良かったのが、こうして色が着いてきますと更にカッコ良いですね>_<

バルタンJr.といい、今回のアス工房さんはたまりません!

ワンフェス当日は入場しましたら真っ先に拝みに参ります‼︎
asu_koubou
2015年02月03日 23:41
池田様 コメントありがとうございます。
WF前の焦って余裕のない時に、そう言っていただけると、ホント励みになり力がわいてきます。

ありがとうございます。

帰りマン怪獣が揃って、印象深い展示になれば嬉しいです。
初代ウルトラマン怪獣勢ぞろいとかも良いですね~
な~んて言ってみたものの~半年で何体作れるんだか(汗)

この記事へのトラックバック