マーミットリアルソフビ アンギラス二代目再販

マーミットリアルソフビのアンギラス二代目とアーストロンが、再生産すると言う事なので、もう一度それぞれ振り返ってみたいと思います。
まず今回はアンギラス二代目にしぼり、前回言い足りなかった事などを振り返ってみようと思います。

画像


マーミットのHPに、格好いいジオラマ写真があったので、赤松さんに頼んだら、他に何枚かの画像もいただけましたから、使わせてもらいます(^_^)
大きなサイズで貼ってありますので、クリックして頂ければと思います。

やはり写真の撮り方は、さすがに昔「フィルターの魔術師」と呼ばれただけあってうまいですね~赤松さん。
かつて宇宙船の記事で、マーメイドのジオラマ写真を撮ってもらった時もありましたっけ。

画像


上の二枚は、だいたい同じアングルから撮ってますが、なんと天気が違います。と言うことは、別の日に撮ったか、たまたま天気が、変わったかですが、どうであれ、曇ってる方が、いかにも怪獣が現れそうでリアルなんですが、晴れてる方が、空間や立体感が強調されててインパクトがありますね。

写真のプロは、実物より良く撮るといいますが、そう考えるとフイギュアの場合、まず原型があり、次に成型品があり次にペイントした完成品で、最後が写真だとすると、それぞれが締める割合は、四分の一ぐらいなんじゃないかと思います。なので、その一つでも、しくじればこの写真は出来てこなかったことになります。

マーミットのHPでは、今までフィギュアを模型としてわかりやすくありのままに撮っていたみたいでしたが、最近こういったジオラマや、野外での自然光を使った撮影をすることによって、フィギュアを本物のように撮ってて、面白いですね~

画像


画像


画像


上の画像は、前回出してないアングルの原型画像です。
この画像はいかにも模型で、形とかがわかりやすいですね(笑)

今更ながらにこのトゲの型取りが、思い出されます(*_*)
あとは表面ディテールを彫ってるとこですね~
しかし、一番時間が掛かってるのに記憶のない空白の時間は、粘土を盛ったり削ったりしながら「あ~でもない、こ~でもない」と悩んでる時なんです。
後から「何やってたの?」と聞かれてもはっきり答えられない、そんな空虚な時間が、私は必要なのです。

確かこの原型が、作りかけのまま放置されていて、その間にセミリアルの造型や型取りばかりやってた記憶があります、なんで放置されてたのかはっきり思い出せないのですが、やはり前回言ったような、うちの社長の発言が影響してたのかなぁ~(爆)



アス工房HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~asu_koubou/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

G作品
2007年12月08日 23:24
アンギラスカッコイイですね。塗装も写真も素敵です。浅川さんが原型を手がけられたアイテムは、どれもプレミアがついてましたから、再販は喜ばれるのではないでしょうか。このアンギラスを見てますと、浅川さん原型のリアルな総進撃ゴジラとか、メカゴジラが欲しくなりますね~。
asu01piro
2007年12月09日 00:22
G作品様 どうもです!むむっ総進撃ゴジラですか~良いですね~セミリアルで作ってましたから、リアルでも作りたいっすけど、それの出来の良いガレキって、結構ありますよね。メカゴジラもあったような~とにかくゴジラはすごいキットがたくさん出てるので、私の出る幕ではないような気がしますが、とにかく今は、今作ってる原型で、頭が一杯一杯っす(~o~)
フクロムシ
2007年12月09日 08:56
やっぱジオラマに納まると存在感が増しますね
私も生命感のあるような写真撮りたいんですが、なかなか難しいです~
先日たまたま古い「宇宙船」や別冊SF3Dなんか引っ張り出して赤松さんの写真拝見してました
ジオラマ撮影のレシピも解説された記事も読みました
「フィルターの魔術師」の記述も(^^

原型はまさに何にもないところから生まれてくるモノですから、形が決まるまでが大変なんでしょうね
私たちは完成品にしか目がいきませんから、それまでの課程のご苦労を想像できずに簡単に批評しちゃったりしますが、ポージング、ディテールのひとつひとつを2次元の資料から分析してそれを立体に置換していく技術はほんと大変だと思います
それと資料の分析力ですね。映像から入手する情報量が私たちファンとはぜんぜん違うことが、原型師さんからお話お聞きするとよく分かります
GKの製作レシピはよく雑誌なんかに掲載されていますが、原型の最初からの課程って公開されてるのあまりありませんからぜひ拝見させていただけたらうれしいかも
よろしくで~す
メカゴジラ
2007年12月09日 09:24
記事とは、関係ないですが、私も実現するかどうかは
別として、
メカゴジラを見てみたいですね。
asu01piro
2007年12月09日 10:18
フクロムシ様 どうもです!原型のいたらないところを写真でカバーしてくれたりするので、助かりますね~赤松さん。宇宙船では、連載の記事もやってたみたいですね。
確かに資料の分析力がないと形を把握しきれないのですが、同じ写真を穴があくほど毎日眺めていても、一ヶ月ぐらいたってから、「あ~そうだったんだ~」と発見したりするんですね~。原型製作課程もやれる範囲で、記事にしていこうと思ってますが、途中で、大幅に変わったりもしますので、どーなることやらです(^_^)
asu01piro
2007年12月09日 10:40
メカゴジラ様 さすがにメカゴジラさんですね(^^)
メカゴジラは、出来の良い奴ばかり、いくつもお持ちですよね~イノウエアーツ産まで、もう十分ではないですか、などとマニアの方にその言葉は、意味をなさないですね(爆)

ムルチ
2007年12月09日 18:40
こうして見るとどことなく皮膚の感じがアーストロンに似てる気がしますね(・・;)以前の記事で赤松サンがそっくりでしょう!とコメントしていたのを思い出しました(^^;最近、食玩のウルトラ怪獣名鑑『地球いただきます編』にムルチ メイツ星人が有ると言うので一箱10入りをゲットしました。もちろん狙いは…1cm程のメイツ星人!近々出るであろう浅川サン造形のムルチと並べたいからです(^o^; 赤松さーん!マヂで浅川サンにムルチの依頼をお願いしますm(__)m
asu01piro
2007年12月09日 21:30
ムルチ様 毎度どうもです!そう言えば顔のモールドとかが、似てますね。
だははっ、近々出るとは言っても、まだ、他のキャラ二体が終わってその後、何を作るかという段取りですから、もしその後,作ったとしても3月ごろ原型ができるとして、そこから早くて三ヶ月で、予約受付としても、最短でも10月ごろ届くって感じですか、あっ、これは仮の仮の話ですので、あしからずだす(^_^;)
ムルチ
2007年12月10日 02:31
あはは…(^o^;自分の先望(妄想?)に答えを頂き恐縮です。ブラインドBOXを高速で開封して行く中で『あれ?残り二個…怪獣使いと少年が、まさか…そんな』思わず箱を確認、☆シークレット含め全13種☆1ダース10種入り!そうです、入っていない可能性が有るのです(-_-;チッ!このシークレットの新マン逆さ磔を引いたおかげでお目当てのオジサンが居ないかも知れない…暗雲が立ちこめる中9個目を開封 《バキューン♪》「ムルチ メイツのオジサンがキター!」と小さくガッツポーズ 後はマーミットから浅川サン造形のパートナーを出してもらうだけ…オジサン待っててな、とメイツ星人に声をかけ未開封のまま安置しました
asu01piro
2007年12月10日 20:45
ムルチ様 ハードボイルド調の解説、楽しく読ませてもらいました(^^)
目的の物があって、しばらく楽しめそうで、良かったですね!私もそれを聞いて「ほっ、としました」何て言うか、まるで肩の荷が下りたような~(笑)

この記事へのトラックバック