怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS アントラー完成品製作記 その3

<<   作成日時 : 2018/04/08 22:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

アントラーキット、業者さんの複製パーツが上がってきました。
比較的小さ目のパーツを出していたのにダンボール箱が、すごい量です(汗)
大きいパーツだったら、ダンボール箱も金額もどうなっていたんでしょう(冷汗)
その大きいパーツの複製の方もようやく先が見えてきました。
そろそろシリコン型もお疲れのようですので、休み休み複製しながら、完成品製作の方に力を入れていこうと思います。

さて前回の続きです。
全体のバランス(自立)に問題がなかったので、次の作業に入ります。
頭下部パーツ、後ろの二本の真鍮線は、長めにしておいたんですがそれには理由があります。
頭上部パーツにもガッチリ接合させる為です。
画像

頭パーツ上下を合わせた状態で、後ろの二本だけ穴を貫通させ頭上部パーツまで穴をあけます。
この時注意することは、他の真鍮線と同じ角度で平行に穴を開ける事と開けすぎて頭上部まで貫通させないようにする事です。
画像

穴が開いた所です、頭上部パーツ裏側にある真鍮線の印は合わないかもですが気にしなくて大丈夫です。
画像

横から見たらこんな感じ。
画像

ここで瞬間接着剤で固めて完了。
画像


次に頭と胴体の接合面は、電飾キットの場合、電池交換で何度も取り外す場所ですので、よりしっかり接合させたい場合の為に、もう一本真鍮線を足してみました。
まずこの辺に他の真鍮線と平行に穴開けします。
画像

胴体側に紙粘土をぺこっ。
画像

頭をはめてムギュ〜と合わせて外すとほ〜らこのとおり。
画像

そこの位置に他の穴と同じ角度で平行に穴開け。
画像

頭と胴体は、結構ピッタリ合うのと隙間が開いてもここは違和感がない場所なので、パテで処理しなくても大丈夫かな〜ちょっと保留します。
画像

今回の作業は電飾キットの場合の作業ですので、ノーマルキットの場合はここまでの加工は必要ないです。
それともう一つ、今回うっかりしていて、頭と胴体の接合面にダホ穴を付け忘れていました、申し訳ありません。
ただ頭と胴体の接合面は、かなり負荷がかかる場所なので、ノーマルキットで接着する場合でも少なくとも左右の二本は、真鍮線を打ち込む事をお勧めいたします。
印のある場所に真鍮線を二本でも打ち込めば、位置決めにもなりますし しっかり接着できます。


さて次は手と腕と胴体の接着ですね。
まずは印のあるところに接合面と垂直に穴開けしていきます。
ここもわかりずらい場合は一本ずつ合わせながら真鍮線を打ち込んでいきます。
片側に打ち込んだ真鍮線は、瞬間接着剤で接着しておきます。
画像

手と腕を接着。
画像

次に腕と胴体を接着。
ここは塗りにくいと思ったら、ペイント後に接着してもいいと思います。
画像

次は口です。
4個の印の位置に3ミリのドリルで穴を開けます。
画像

次の画像のような角度で開けます。
画像

3ミリの穴なので、たぶんグラグラだと思いますが、ここは開け口か閉じ口かを決めて接着が望ましいので、パテを穴に詰め込む感じで接着します。
まず閉じ口、私は閉じ口でいこうと思います。
画像

開き口は、こんな感じ。
画像


次にベースですが、真ん中のパーツが少し反ってたので..........
画像

ドライヤーで直しました。
次の画像のようにドライヤーを当てると上の面が、盛り上がってくるので、それを利用して反りを直します。
画像


さて、次回も組み立ての続きです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよ蟻地獄状態から抜け出してきたようですね。
ここから加速して早く完成品がみたいものです。今年も4体位は製作したいのでキットの方も早く見たいものです。
楽しみです、頑張ってくださいね。
フジ アンヌ
2018/04/09 14:43
連日お疲れ様です。パーツの複製も先が見えて来たとのことで、製作記の進展が速まるのが、とても楽しみです。テレスドン製作時にも頭部の接続には気をつけましたがアントラーの場合は、その比ではありませんね(笑)。自分も閉じ口にしようかと思っていますが、開き口も何ともキュートで迷ってしまいますね。ウルトラマンを大顎で挟もうとする際の口の動きが思い出されます。
頑張って下さい!
ROOT87
2018/04/09 19:55
フジ アンヌ様 コメントありがとうございます。
お待たせいたしましてすいません、アントラーキットの準備に手間取ってしまい遅れてましたが、なんとか山を越えてきたので、完成品製作を急ぎたいと思います。
年内の目標をあと3体に置き、頑張って進めていきたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。
asu_koubou
2018/04/09 21:15
ROOT87様 コメントありがとうございます。
製作の方は毎日作業してますので、これから一気に進められると思います。
テレスドンで思い出しましたが、胴体の大きさはあのテレスドンのそれよりボリュームがありますよ。
アントラーの口は、チューチューと今にも吸い取られそうな感じで動きも生物感がありますよね。
アントラー完成品ができたら、ウルトラマンが挟まれるシーンも開いた大あごをつけて再現したいかも〜
では引き続き頑張りま〜す。
asu_koubou
2018/04/09 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
アントラー完成品製作記 その3 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる