怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ベムラー完成品製作記 その2

<<   作成日時 : 2016/11/21 11:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

キット製作の最初の工程から必要になるのが、リューターです。
湯口やバリを削り取るにはカッターや紙やすりでもできますが、やはり綺麗で早く自由自在に削ることができるリューターは欠かせません。
昔「職人の道具」という番組に出させていただいた時にもリューターについての説明をした記憶がありますが、兎に角、これがあれば完成品製作も格段に楽しくなるはずですので、是非おすすめです。

私の使っているリューターは、かれこれ20年ぐらい使ってきた代物でしたが、とうとう壊れてしまったので、新しいリューターに買い変えました(次の画像2枚)
リューターは、私のように石粉粘土を使い毎日削る作業がある原型製作では、もっとも重要な道具でもあります。
なので妥協しないで良い物を購入しました。
まだ使いはじめなので、どのぐらいもつのかは、わかりませんが、使ってみて申し分のない性能でしたので、満足しております。
購入したのはアルゴファイルジャパンのエコグランデBLH800(+ハンドピースPHP40)という商品です。
今まで使っていたリューターよりはるかにトルクがあり長時間使用可能です。
それでいてあまり重くなく持ちやすいです。
お値段は張りますが、ともに良い仕事をしていくパートナーとして納得のいく道具だと思います。
画像
画像

下の画像は、原型製作で良く使うポイントです。
画像
完成品製作では、このあたりでしょうか(次の画像)
画像
完成品製作のみでの使用であれば、そんな高価なリューターでなくていいと思います。次の画像の「浦和工業のミニターネオ」などなら、申し分のない性能と価格だと思います。
あともっと安いリューターもいろいろありますが、信頼できるお店で修理や保証のきくところで購入することが大事かと思います。
画像

なんかリューターの話が長くなってしまいましたが、ベムラーの湯口、バリ取りはリューターでサクッと終わらせました。

次は洗浄です。
いつものようにクレンザーでゴシゴシやるわけですが、流石にベムラーは大きなトゲが多く歯ブラシでやっていくと、やりずらくてかなり時間がかかりそうです。
なので次の画像のような長めの毛(硬め)がついたブラシでゴシゴシやりました。
大きなトゲの間にはちょうどいいのですが、難点は、クレンザーのしずくがそこら中に飛び散りま〜す。
画像

画像
水をかけて確認してみて水をはじく部分をみつけたら歯ブラシでゴシゴシやります、トゲのない部分には、やはり粉のクレンザーと歯ブラシが最強かもです。
画像
一晩おいて乾いた後、リューターにドリル(2.2ミリ)を付け真鍮線用の穴を開けていきます。
真鍮線用の穴の位置は、接合面に印がついています。
2ミリの真鍮線を適当な長さにカットし差し込んでいきます。
真鍮線をカットするには、大きめのニッパーの方がいいでしょう。
次の画像は、真鍮線を差し込み瞬間接着剤を流してあります。
画像

組み立ては、まず胴体と足と尻尾が地面と接地する三点の接地具合を確認しながら、接着します。
画像

わかりにくい場合は、顔や手も付けてみた方が分かりやすいですね(次の画像)
画像

接合面に多少の隙間が開いても安定して立っている方がいいと思います。

さて次回は、接合面の接着パテ埋めからですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪ベムラー完成品製作記、本格スタートですね。リューターの有り難みは現在進行形の伝説怪獣製作で実感しております(笑)。とは言え、自分の持っているリューターは速度設定が低・中・高くらいにしか設定出来ない上、音が結構キツいので、電池式のミニルーターも多用しています。
ベムラーは持つのに棘がチクチクして痛そうですね。完成が楽しみです。伝説怪獣も何とか今週中には仕上がりそうです。頑張りま〜す!
ROOT87
2016/11/21 15:03
ROOT87様 コメントありがとうございます。
なるほど、そういったリューターもあるんですね。
音もリューターによってさまざまですね、前使っていたリューターは、いかにもモーターの音という感じで、結構好きでしたが今のは、大きい方はかなり静かですが、小さい方は、少し大きめの音で高回転にすると結構大きいかもです。製作を楽しむという考えからすると、リューターもお気に入りの奴があるといいですね。
ベムラーは、伝説怪獣に比べたら全然持てますよ〜軽いし〜しかし、伝説怪獣は、完成すると持つとこあまりないですよね(笑)
完成品製作、頑張ってくださいませ!
asu_koubou
2016/11/21 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベムラー完成品製作記 その2 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる