怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒドラ完成品製作記 その8

<<   作成日時 : 2016/03/30 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

さていよいよ大詰めですね!
目のペイントはいつもながらに一番気を使う場所です。
電飾キットの場合は、なおさらです。
しかしその分、上手くペイント出来たら見返りも大きい場所だと思いますので、頑張りたいと思います。

インナーパーツの目の部分に両面テープを貼り眼球をつけ目の穴(電飾加工済みなら穴が開いている)にLEDをはめ込み点灯させます。
下の画像のように口の部分は、予めマスキングテープを貼っておきます。
そしてラッカーのホワイトに少しイエローを混ぜた色をエアブラシで慎重に吹いていきます。
光らせながら吹きます。
ムラがあったらすぐわかりますので、眼球の球面に沿って丁寧に吹いていきます。
もしうまくいかなかったら、シンナーで落としてやり直せばいいのです。

画像


こんな感じになりました(下の画像)

画像


次に光を抑えるのと光った時、もうちょっと黄色くなるように裏面に濃い目の黄色を吹きました(下の画像)

画像


白目部の色ですが、初めに塗った色ではまだ黄色みが足らないのと光の抑えがまだ足りないと思ったので、一度シンナーではがして塗りなおしました。
まずホワイトを二回ぐらい吹き、乾いたらキャラクターイエロー+オレンジ+ホワイトで二回ぐらい吹きました。
エアブラシなので吹く色は薄めですから、何回か塗り重ねが必要です。光らせながら吹けばムラなく塗りやすいです。

画像


乾いたら黒目をエナメル塗料で筆塗りします。
眼球に浮彫りしてあるラインより一回り大きめに黒目を入れました。
黒目といっても使う色は、エナメル塗料のクリアーとレッドに少し黒をませた色です。
半乾きの頃、黒目の中の瞳孔を黒でポチッとシンナーでにじませながら入れます。
この怪獣の瞳孔は、はっきりしていないので、ぼんやりしている感じで塗ってみました(下の画像2枚)

画像


画像


さて次は毎度の事ですが、こうゆう目の怪獣の電飾キットで目を光らせると、白目部分が大きく見えすぎてしまいますので、黒目部分は一回り以上大きめに塗る事ともう一つは、目の周りを小さくする事が望ましいです。
資料を見ながら、眼球をはめて光らせながら黒目の位置、大きさなどをチェックし瞼の形や大きさもチェックします。
資料によって目の開き具合が違いますが、まず右目は少し上瞼が垂れているような感じで下の画像のようにパテ盛りしてみました。

画像


左目は、主に下瞼にパテ盛りしてみました(下の画像)

画像


パテが固まったらリューターにダイヤモンドポイントをつけて形を調整します。
その後、胴体の色で修正しておきます。

目をはめて光らせてみると、こんな感じになりました(下の画像二枚)

画像


画像


眼球の接着は、今回パテで行いました。
パテを眼球のダホ穴部とその向かい側二ヶ所につけて合わせると、眼球は取れずに微調整が可能ですので、黒目の位置や角度などベストだと思った場所で固定しパテを周りに盛ります。
そこにインナーパーツをはめた時、眼球の裏が当たる場合は、せっかく位置決めした眼球が動いてしまう可能性があるので、出来ればパテが固まってからの作業が望ましいです。
その後、インナーパーツが当たっている場所を削って合わせ、大丈夫ならインナーパーツを接着します。
(あたっている場所が、わからない場合は、眼球の裏の出っ張った部分を削ってもいいかもです)
これを接着すると、もう眼球や光の加減はできなくなりますので、ここで最終チェックしてから接着します。
その後、隙間をパテ埋めします(下の画像)
この後、色を塗ってここは終了です。

画像


画像


下あごは今回コンパチ仕様ですが、やはりどちらかに決めて接着しパテ埋めが望ましいです。
私は、この後撮影があるので、接着せずに下あごが簡単に取れないよう真鍮線の穴に軽くパテを盛っておきました。

次にスイッチの設置です。
初めに電線の通し方は説明しましたので、その方法でスイッチ用の配線を胴体に通しスイッチに接続した後、ハンダ付けします。
そして胴体の設置場所にスイッチの配線用金具が、あたらない向きで接着します(下の画像)
スイッチの可動部分には接着剤を付けないよう注意します。
可動しずらい場合や真鍮線を短く見せたい場合は、スイッチの位置を奥にずらしてもいいかもです。

画像


問題なくスイッチが可動し固定されていたら、可動部分にパテが付かないようにパテ埋めします(下の画像)

画像


そして羽と尻尾を接着しパテ埋めします(下の画像)
パテが固まったらリューターにダイヤモンドポイントをつけて表面処理し色を塗って終了です。

画像


さてこれでほぼ完成です。
この後、アス工房HPのアルバムに画像をUPし二回目の予約受付をいたしますので、しばしお待ちくださいませ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。こちらのブログが見られないです(ToT)。編集中です。と出てますが。うちだけなのかなぁ…(-_-;)
ROOT87
2016/03/30 22:45
ROOT87様 えっ、見れませんか〜おかしいですね〜

な〜んちって、うそで〜す。
記事もないのにコメントありがとうございま〜す。
いやね記事書いている途中でプレビューをみようとしたら、誤って公開ボタンを押してしまったんですよ〜だってプレビューボタンのすぐ横に公開ボタンがあるもんで....(汗)
どうもすいませんでした。
asu_koubou
2016/03/30 23:18
(^o^)/そうでしたか!良かったです。ヒドラの記事も大詰めなので見れなかったら悲しいなぁと思ってたので。話は変わりますが、夏のワンフェス当選おめでとうございます♪今度は何が発売されるのか、とても楽しみです。再販アイテムも、とても気になります!
ROOT87
2016/03/30 23:47
ROOT87様 わわっ^記事もないのに皆さん見てくれちゃってる〜どうしょ〜
夏のWFの当日版権は再販のみです。
その代わりアレイドウルトラマンシリーズの新作が、出来上がっている予定です。
今は芯もなにもありませんが(汗)
asu_koubou
2016/03/31 00:25
お疲れ様です。今日は仕事がやっと今終わったので、帰宅途中の電車の中で、記事を拝見しました。すごい!すごい!の連発です!前回の記事まででも、めっちゃかっこいい!ヒドラでしたが、眼球に光が点ると、命が吹き込まれたように、あの!ヒドラが甦りました。この眼の光り方、最高です。まさに爛々と車をねめ廻すヒドラの眼光そのものです。また、頭部のアップを見ると、非常に細かいモールドが、ヒドラの情報量を増していて、う〜ん!すごい造型だ!と感嘆しきりです。モールドに流れた黒がいい味出してますね。HPで完成画像探さなきゃ!
ROOT87
2016/03/31 20:26
ROOT87様 ありがとうございます!
そして残業お疲れさまでした。少しの間でも仕事の疲れを忘れさせられたのなら、うれしいかぎりです。
ブログでは、この製作記もサクッと終わっているように見えますが、実は行ったりきたり、やり直したりの連続なんですよ〜でもあのラストシーンのようにこのキットも幻のごとくお客様の所へ無事、飛び立ってくれれば幸いです。
ああすいません、完成したヒドラを見ながら一杯やっていたもので、なんか浸ってしまったようです(笑)
ああそうそう、今回のキットには、今までのキットにはない「おまけ」がついてますよ〜お楽しみに〜
asu_koubou
2016/03/31 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒドラ完成品製作記 その8 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる