怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒドラ完成品製作記 その7

<<   作成日時 : 2016/03/30 09:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

3月中発送予定だったヒドラキットの準備状況ですが、現在、胴体パーツの生産が遅れています。
完成品も遅れていますので、商品発送開始は、4月上旬頃になりそうです。
申し訳ありません。


ワンダーフェスティバル2016夏、当選しました。
どうぞよろしくお願いいたします。


さて、ヒドラの方エナメル塗料が乾いたので、エナメルシンナーと綿棒などで塗装のはげた感じを出してみました。
その後、映像の中では、顔、手、脚とウロコ部はもっと紫なので、紫色を薄く吹いていきました(下の画像3枚)

画像


画像


画像


次に全体的に薄茶(ダークイエロー+ブラウン+フラットベース)をラッカーで吹きました(下の画像2枚)

画像


画像


ここで、角、キバ、くちばし、爪をシンナーではがしました(下の画像)

画像


くちばしは、ホワイト+イエロー+薄茶で筆塗りし角とキバと爪は、クリアイエロー+クリアレット+薄茶の割合を適当に変えながら、筆塗りしました。
筆塗りの際、シンナー多めで、ぼかしながら濃淡をつけました(下の画像3枚)

画像


画像


画像


画像


くちばしの裏は、こんな感じです(下の画像)
ここはまだインナーパーツを接着していないので、後から接着、パテ埋めするので、後からでもいいと思います。

画像


次に羽の模様が、映像の中でははっきりしていないのと体のウロコを引き立させる為、グレー+ブラウン+フラットベースを混ぜた色で、ドライブラシをかけました。
硬めの筆で、塗料を少しつけ紙などで試しながら、かすれた感じでたたくように色を付けていきました(下の画像2枚)

画像


画像


次にエナメル塗料で、フラットブラックを使いエナメルシンナーでジャブジャブに薄めた色を全体に塗り乾く前に手早くテッシュペーパーやキッチンペーパーで拭きます。
そうすることにより溝に黒が残り陰影がつきます。
鼻の穴やウロコの隙間などに黒がはいるので、より立体感が増します。
また色が飛んでいた爪などが多少落ち着きます。
まだ多少の調整(影や艶の処理)はしますが、体はほぼ終了です(下の画像2枚)
羽と尻尾の接着、パテ埋め、修正は、電飾キットを組み込んでから行います。

画像


画像


次回は電飾キット設置と目のペイントで、ほぼ完成か!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です!ヒドラの塗装も、ほぼ完成ですね。いや〜!かっこいい!こんなにも複雑なカラーリングだったのかと改めて驚いています。こんな、かっこいいヒドラ初めて見ました〜♪
ROOT87
2016/03/30 14:45
ROOT87様 メチャ元気が出るコメントありがとうございます。
いや〜でも資料見れば見る程、部分的に見てもいろんな色や表情があるので、造形と同じくペイントも奥が深いです!
とてもじゃないけど、私なんぞの製作技術では厳しいかも〜ここはやはり完成品製作の専門家のお力をお借りしたいところですね〜
asu_koubou
2016/03/30 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒドラ完成品製作記 その7 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる