怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その9

<<   作成日時 : 2015/07/22 23:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

いつものお約束と言いますか、エナメルの汚し&陰影つけ塗装をしました。
タミヤのエナメル塗料のつや消し黒をエナメルシンナーでかなり薄め、ジャブジャブと全身にハケ塗りしキッチンペーパーなどで、拭き取る作業です。
エナメルなので、下地のラッカーは溶けません。
溝などに黒が流れ込み陰影がつきます。
少し黒ずむので、使い込んだ汚しの効果も出ます。
その後、乾いてから、トップコートの半つやをかけました(次の画像)
少し色が落ち着き艶もまとまりました。
これで本体塗装完了です。
画像
画像
次に顔です。
シルバーと言う色は、思った以上に表面の起伏を強調するようなので、やはりサーフェイサーを吹くことにしました(次の画像)
画像
その後、シルバーに白とフラットベースを少量混ぜた色を吹きました(次の画像)
胴体に塗ったシルバーより白とフラットベースを多めにしてみました。
やはり表面の起伏が強調されて見えるようです。
特に鼻筋の起伏が少し目立つ感じです。
画像
次の画像は、鼻筋にサーフェイサーを塗ってから、軽くペーパーがけした後、再度シルバーを吹きました。
シルバーは、ただのシルバーをビンのまま使いました。
画像
とっ、上の画像2枚の色を見てふと思ったことが...........、「あまり黒くなるのがいやなので今までシルバーに白やフラットベースを少し混ぜたりしましたが、シルバーのみの方が明るいじゃん」という事です。
白を混ぜたから明るくなるとは限らないのですね、シルバーと言う色は、奥が深いですね〜
顔のシルバーは、本体につけてみて、色が合っているか確認しておきます。
OKならば、マスキングテープを剥がします(次の画像)
画像
今度は、目の周りにマスキングです(次の画像2枚)
画像
目の着色は、クリア5に白4+クリアオレンジ1+クリアイエロー1ぐらいかな〜
シンナーで薄めてエアブラシで吹くので、薄っすらと色が付く感じです。
乾いた後、クリアを二回吹きました(次の画像)
画像
マスキングを剥がすとこんな感じ(次の画像)
画像
この後、目の裏側にもクリアを筆塗りました。
さて次は、カラータイマーです。
まずはマスキングです(次の画像2枚)
画像
画像
光り漏れ防止用のつや消し黒を吹きました(次の画像)
画像
次にウルトラシルバー(仮名)を吹きました(次の画像)
画像
裏にはクリアを筆塗りしました(次の画像)
画像
電飾キットBを選択した場合、中のLEDが青と赤なので、カラータイマーは着色できません。
今回の完成品もそうですから、さてどうしたものか。
また本物のようなバキュームホーム成型ではないので、どうしてもレジンの厚みがあります。
カラータイマーの内側のモールドを生かし、レジンの厚みをホローする為にもカラータイマーの表面にはなんらかの色を付けておきたいと思いますので、目と同じような色を薄っすらと吹こうと思います。
まずはマスキングです(次の画像)
画像
色を吹いてマスキングをはがして終了(次の画像)
電飾キットBではない場合は、ここでクリアブルーかクリアレッドを塗ります。
画像
カラータイマーの電球パーツには、光を抑えるためと均一に光るようにする為、白を薄く吹きます(次の画像)
画像
次に口です。
まずは肌色を吹きます(次の画像)
画像
次に歯の白と唇のピンクを筆塗り(次の画像)
画像
そしてエナメル塗装です。
エナメルシンナーで薄めた黒を筆塗りしてから、ティシュペーパーで、拭き取れば完成(次の画像)
画像
顔にも同じくエナメル塗装しました。
そして、口パーツ接着(次の画像)
画像
この角度で唇がかすかに見えます(次の画像)
画像
この角度で歯が、かすかに見えます(次の画像)
画像
さて次回は、ベース、ウルトラマンプレートを仕上げてから、電飾キットに取り掛かりたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
連日お疲れ様です。ワンフェスも近付いて来て、ラストスパートがかかった感じですね。ワンフェス当日の台風の進路が気になっていましたが、首都圏には影響なさそうで良かったです。前回の色味も良かったですが、ウォッシングと、トップコートで完成した写真を見ると、やっぱ違うなぁと感じました。黒でウォッシングすると、どうしても下地が汚くなりがちですが、基本塗装の清潔感は、そのままに、赤は渋く落ち着き、シルバーにも深みが増しています。
眼の塗装も大変勉強になります。安易に黄色く塗られた眼が嫌で、発光した時に白い蛍光灯のような眼が好きな自分にとって、眼の塗装にはとても悩んでいました。塗装せずにクリヤー素材を活かすのもありかと思っていましたが、無塗装と比較してみると、全然違いますね。発光した時がとても楽しみです。
口はリアルすぎて、怖っ!って感じです。
これからも益々頑張って下さい!
ROOT87
2015/07/23 12:55
ROOT87様 ありがとうございます。台風は関東方面は、大丈夫そうですね。
でも猛暑になるかもですので、熱中症対策をしていかないとですね。
ウルトラマンのペイントは、艶の処理によって色味も変わってくるみたいで、改めて奥が深いと思いました。
眼のペイントは、電気が消えたウルトラマンの資料を参考にしました。
発光時は、黄色がかった電球色ですので、この後、電飾キットの記事でROOT87さんの「白い蛍光灯のような眼が好き」の言葉に納得しながらも、当初の予定どうり仕上がりは温かみのある電球色で光るようセッティングしました。
口は、慣れない人体のペイントでしたのであまり参考にならないですね(汗)
わお〜、あと2日しかな〜い、がんばりま〜す。
asu_koubou
2015/07/24 13:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その9 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる