怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その6

<<   作成日時 : 2015/07/15 16:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

さて、今回はいよいよウルトラレッド(仮名)を作ろうと思います。
いつも書いてますが、色に関しては参考程度に見ていただければ幸いです。
次の画像のように資料本の色と比べながら、ウルトラレッドを作っていきました。
写真の中の陰でも明るい所でもなく、一番色の鮮やかになる部分の色に合わせます。
思った以上に黄色が強いようです、キャラクターイエローを一瓶使い、それにモンザレッドを混ぜていきながら、写真の様に近づけていきました。
紙に塗るときは、濃い目に塗って乾いた時に見比べます。
結局、キャラクターイエロー6、モンザレッド3、黄燈色1と言う感じでした。
あまりテカテカはいやなので、フラットベースも混ぜました。
モンザレッドではなく、レッドでもいいかと思います。
画像
次の画像二枚は、作った色を吹いている所です。
まだ途中です。
画像
画像
ひととおり塗ってみた後、どうもだいだい色過ぎる感じがしたので、モンザレッドをシンナーで薄くしたものをもう一度吹きました。
多少まだらに吹いてみましたが、画像では全然分からないですね(次の画像)
画像
画像
とっ、まだパーティングラインが残ってましたので、スポンジャスリで修正しました(次の画像汗)
画像

この赤は、どんなものかとニセマンに来て貰いました(次の画像)
画像
ん〜かなりだいだい色になってるな〜
ていうか、ニセマンが赤すぎだったみたいですね(汗)

ニセマンで思い出したのでその時に書いた記事を引用します。

パーティングラインを消していて、細かい皺などがなくなってしまった場合の対処法として、下の画像のような千枚通しやヘラなど金属製の先のとがった道具でなるべく寝かせて押し付けるようになぞっていけば、皺を付け足せます。
傷を付けるのではなく、へこませていく感じです。
その際、滑って傷を付けないよう注意してください。
画像
前の記事は浅めの溝でしたが、深めの溝を彫る場合は、鉄ヤスリを使いました。
画像
片面が平らでもう片面は軽いアールがついています。
画像
このヤスリの角を使って、溝を削っていきます。
次の画像の様に背中の溝では、溝をつなげるのに重宝しました。
あと体のライン彫りにも使えるかと思います。
画像
さて次回は、恐怖のマスキング作戦ですね(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「赤」というか「朱色」中々出ませんよね〜 いつも「まあこんなもんで…」と無理矢理納得しています。Aタイプは黒いスーツに赤を塗っているので、そんなに難しい調合とかしてるとは思えないんですけど… 多分一色ですよね。ライティングがきついので、実際の色よりも明るく見えてるのではないでしょうかね?
 もっと悩ましいのは、この回は砂を被っていて「銀」ではなく「灰色」に見えてしまうところ… 仕上げがホントに難しそうです〜 でも、「難しそう」=「楽しみ♪」でもありますからね(^^)
BIRDIE
2015/07/15 21:42
BIRDIE様 こんばんは〜なるほど、ライティングですか。資料本をじっくり見ていると、その「朱色」の中でも赤く見える部分と「だいだい色」に見える部分があって、その中間の「朱色」でまとめるのが、無難かなあとも思いますが、今回はニセマンとの差別化をはかり「だいだい色」よりにしたかったんですが、実際塗ってみるとどうも気になってしまい、赤よりにしてしまいました。
「銀」に関しては、アントラー戦の色に拘っているわけではないですので、ウルトラシルバー(仮名)を作りながら考えようかと....。
現在、マスキング作業中で〜す。
asu_koubou
2015/07/15 22:27
いよいよ塗装編ですね。やはりAタイプウルトラマンには朱色っぽい赤が似合いますね。Bタイプ以降のウルトラマンだと、ツイフォンの回のように、もろモンザレッドな赤も好きですが、Aタイプはやっぱ朱色でなければって思います。自分だとシャインレッドベースで塗っちゃいそうですが、やはり違いますね。
ROOT87
2015/07/17 16:36
ROOT87様 シャインレッドからでも良い色できそうですね。こうゆうマスキング物は、この後赤を塗り直そうとしたら、またマスキングしなければならないので、今の段階で決めなければと焦ってしまいます。
現在、ようやくマスキング作業が一段落した所です。
さ〜てウルトラシルバーつくるぞ〜
asu_koubou
2015/07/18 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウルトラマンAタイプ完成品製作記 その6 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる