怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンAタイプ一回目の予約受付

<<   作成日時 : 2015/06/04 17:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

をそろそろ締め切りたいと思います。
2回目の予約受付は、完成品画像UP後です。
HPとブログで告知いたします。
いつ頃になるかは、後日UPする完成品製作記をご覧になっていただければと思いますが、今回2回目の予約発送分は、一回目とは別時期(8月〜9月)になる見込みです。
二回目の予約受付時期を伸ばし、WF会場で完成品を展示し最後の予約受付をする為です。
予めご了承くださいませ。

画像


パーツ割り画像をUPいたしました。
スタンダード版とデラックス版では、パーツ数が違います。
上の画像は、デラックス版のパーツ割りです。
画像では分かり難いかもですが、右耳の横に白いスイッチパーツ(プラ棒)があります。
その横にあるU字型のパーツは電飾キットのスイッチ設置用のパーツです。
またウルトラマンプレートのロゴを初代マンのイメージに変更しました。

詳しくは、アス工房のHPをご覧下さいませ。

本体画像では分からなかったかもですが、口の中には口パーツがあります。
ウルトラマンの顔の表情はいろいろありますが、今回製作した原型の表情は、口を開き左側が上がり苦笑いしているようなあの顔を参考にしましたので、中の人の口が見えやすいためです。

余談ですが、今回ウルトラマンAタイプ製品化では、腕付け替えのコンパチ仕様と顔付け替えのコンパチ仕様にしたくて最後まで迷っていたんですが、二代目バルタンの例もあるので、断念したんですよ(笑)
腕はこのポーズにいたる前のファイティングポーズ仕様。
顔は、口を閉じ気味で皺が少ない仕様。
腕だけ変えれば、良いかと思いきや肩や上半身や顔の向きまで手を加えてしまい、結局胴体もコンパチだ〜などとなるかもしれません(笑)
これをやっていたらあと一ヶ月ぐらい完成時期がのびたかもしれません(笑)
お客様からも二代目バルタンの時みたいに苦情というか悲鳴と言うかがきてしまうかもしれませんし(汗)
どうしても作りたくなったら、別の機会に別の製品としてやった方がいいだろうという結論に至り断念しました。

では、引き続きよろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウルトラマンAタイプも徐々に商品化が近付いてきて待ち遠しい限りです。顔はジラースかガボラ戦位のイメージでしょうか。良い意味での使い込まれた感じがAタイプ独特の雰囲気に繋がっていると思います。
コンパチに関しては、ポーズ1つ1つに対して、体の微妙な捻りや筋の流れが変化してくるので、一部のパーツを替えただけでは却って全体のバランスが崩れる可能性があるので、今回の英断には大賛成です。
パーツ割りを見ていても電飾用の回路のメンテナンスのしやすさや塗り分けの面にまで気を配られている様がよく解り、とてもウキウキしてしまいます。
完成品製作記にて、“あの"ウルトラマンが甦るのを心待ちにしています。
ROOT87
2015/06/04 17:55
ROOT87様 納得のコメントありがとうございます。
顔は確かにジラース戦やガボラ戦も参考にしましたしスチール写真も参考にいたしました。
あの「どっからでもかかってこい!」と言う感じの自信に満ち溢れた顔が良いですよね!
コンパチもおっしゃるとおり、体のパーツはつながっているし少しポーズが変わるだけで、重心も変わってきて下半身も微妙に変わってきたりすると、結局ほとんどのパーツに手を入れなければならないですもんね。
今回、電飾の際のLEDの配置とスイッチの配置が、顔の中でとても近いので、セッティングには少し悩みましたが、なんとか干渉しないよう配置できました。
完成品製作まで、引き続き頑張りま〜す。
asu_koubou
2015/06/04 20:57
私もコンパチでなくて良かったと思っている一人です。
人間の体の微妙なバランスは手足のちょっとした動きで変わってくるものなので,今回の選択は間違いなく正解だったと思います。
それにしても素晴らしい原型ですね〜全体のバランスもさることながら,細かいところまでの拘りには本当に感心してしまいます!
完成品製作頑張ってください^^画像のアップを楽しみにしております!
タカギ
2015/06/04 21:48
タカギ様 コメントありがとうございます。
ですよね〜怪獣のようにある程度だぼついていれば、分からないかもしれませんが、ウエットスーツの下は人体ですもんね。
細かい所の造形は、私なりにある程度までは付けていますが、ウエットスーツの継ぎ目のほころびとか、穴や傷とか痛み具合までは処理していないので、その先はウエザリングテクニックを駆使して思い思いの製作をしていただければ幸いです。
私の完成品でもあまり拘ったペイントは出来ないかと思いますので、やはりその後は、凄腕フィニッシャーさん達にバトンタッチですね!
asu_koubou
2015/06/04 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウルトラマンAタイプ一回目の予約受付 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる