怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その5 

<<   作成日時 : 2014/07/31 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて今回は、基本色作りからです。
ペイント暦はまだまだ浅いのですが、折角作ったのに、使わないで余っている基本色がたくさんあって、たまる一方なので、今回グレー系なので、それらを寄せ集めて作り吹いたのが下の画像です。
ですから、カラーレシピ的にはわからないです、すいません。
色的には、紫系グレーと言う感じで、暗すぎず明るすぎずで、もちろんつや消しですね。
画像
画像
画像
次に顔の中です。
まず光り漏れ防止用のつや消し黒を顔の裏側とインナーパーツ全体に塗りました。
次にインナーパーツの歯の部分と下アゴの歯の部分と舌につや消し赤を吹きました。
黒の上に塗る所は何回も重ねて吹きます。
画像
とここら辺で今回の電飾キットの画像です
画像
次に胴体に顔とスペーサーパーツをつけて、二色目を吹きました。
汚れなのか、塗装なのかわかりませんが、薄茶の明るめの色をまだらに吹いていきました。
次の画像です。
画像
画像
次にヒゲ、耳、手の毛、脚の毛、背びれの部分をシンナーで剥がしました。
全部綺麗に剥がすわけではなく、奥まった所は残しながら、なるべくグラデーションっぽく剥がしました(次の画像です)
画像
画像
出来れば剥がした部分にはプライマー等をかけておけば、塗装が剥がれる事はないと思います。
そして、次にマスキングテープと新聞紙でマスキングしました(次の画像)
画像
なんか、違う怪獣でこんな奴がいてもいいかなぁ〜なんて。
画像
毛の部分と背びれには白、耳には少し赤を混ぜた黄色をつや消しで吹きました。
マスキングを剥がし、胴体に黄色のラインを筆塗りで入れました。
この黄色は、耳の黄色とは違いますので、白を混ぜた黄色を使いました。
画像
背びれには、赤い模様の当たりを付けてみました。
また毛の白に汚し効果で、極薄くした茶を吹きました。
ここまでの色は、すべてつや消しなので、フラットベースは良く使います。
次の画像で少しわかりますが、背中の羽根がつく部分は、本体の色とは違い黄土色で部分的に吹きました。
画像
黄色のラインは、きっちりとした直線では無く、ぼかしかすれたような感じにする為、原型のラインは、少し細めになっています。
ペイントする時に、黄色をいかにもペンキで雑に塗ってはみ出した感を出す為、原型のラインからわざとはみ出して太めに塗ります(次の画像)
画像
さて次回は、エナメル系塗装と電飾させた目のペイントに入りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪獣酋長ジェロニモン完成品製作記 その5  怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる