怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ニセ・ウルトラマン完成品製作記 その5

<<   作成日時 : 2014/01/07 21:18   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
ニャンコロメ 「アケオメ〜どうやら今回で完成しそうですにゃ〜がんばっていこ〜にゃ」

私 「そんな格好で言われても、あまり説得力ないかも〜」


カラータイマーのペイントは、いたって簡単です(次の画像)。
シンナーで少し薄めたクリアブルーの中に浸した後、余分な塗料を落としたら、紙などの上で乾かします。
これで両面にきっちり色がつきます。
明るさはインナーパーツの白いペイントの塗り重ねで、調整できますので光らせてみて決めてください。
画像
カラータイマーの色が乾いたら、マスキングします(次の画像)
すいませんこの後、光り漏れ防止用の黒を塗ったんですが、写真取り忘れました。
光り漏れ防止用の黒は、光らない部分全部(裏側も)に塗ったほうがいいです。
確認の為、インナーパーツとあわせて、光らせて見た方が良いと思います。
画像
そして、とうとうマスキングの時間です。
細かい作業になるので、ジックリ時間をかけて丁寧に作業を進めます。
次の画像は、0.7ミリ幅のマスキングテープと1.5ミリ幅のマスキングテープで、ラインに沿って貼っている途中の様子です。
カーブが急な部分は、なるべく細い0.7ミリを使いました。
画像
次の画像は、マスキング作業が終了したところです。
やはりかなりの時間が経過しています。
正確には、目のペイントでいろいろ試している時から合間に進めていました。
画像
いよいよシルバーを吹きます。
空いたビンにシルバーをシンナーで薄めながら、ホワイトとフラットベースを少し混ぜた色を吹きました。
次の画像がそうです。
画像
二回ぐらい吹いて、塗り忘れが無いようチェックしたら、黒いラインの部分を吹くので、マスキングを付けたして、フラットブラックを吹きました。
塗料が乾いたら、いよいよマスキングテープを剥がします。
ワクワクしながら反面、塗った色が剥がれやしないかハラハラしながら、焦る気持ちをおさえつつゆっくり、丁寧に剥がしていきます(次の画像)
画像ではわかりづらいですが、あちこちにはみ出したり、マスキングテープの隙間から入り込んでしまったりしている部分がたくさんありました(汗)
修正用に吹いた色を取っておいて良かったです。
画像
次に目のクリアが乾いたので、顔に接着しパテ埋めします。
次の画像はパテ埋めした所で、その次の画像は、240番と400番の紙やすりで顔の表面をならした所です。
パテ埋めは、爪楊枝に適量をつけて、パテ埋め箇所にしっかり着けていくのですが、その際、爪楊枝を転がすように押し付けていくと、しっかり着くと思います。
画像
画像
目の接着は、パテによる修正作業がありますので、順番としては目のペイント前の方が、良いと思います。
私の場合、目のペイントでいろいろ試行錯誤を繰り返したので、この作業が後回しになってしまいました。
光り方の工夫や改造などを試さない場合は、ペイント前に接着したほうがいいでしょう。

さて、次に腕の接着です。
ここは始めから着けてもいいのですが、わきの下など塗りにくい部分がありますので、別々に塗装しました。
既に真鍮線が打ち込んでありますので、反対側の穴にエポキシパテをつけ瞬間接着剤を使い接着しました。
そして隙間をエポキシパテで埋めていきます。
画像
画像
右側の接合面は、ちょうど皺の境目なので、パテでそれなりに皺などをたしてみたりします(次の画像)
画像
皺ではなくて、色の塗りわけのラインですが、ココだけ埋まっていては変なので、溝をつなげました。
使用したのは、次の画像の鉄やすりです。
「甲丸」と言うのですが、反面が丸くなっていて、もう片側が平らになっているヤスリです。
このヤスリの角を使って、溝をつなげます。
もちろん前に紹介した皺付けの方法やリューターでもOKです。
画像
次の画像は溝を掘ってつなげた所です。
画像
紙やすりや皺付けなどの修正後、部分的にマスキングしました(次の画像)
この後、残してあったシルバーを吹き、赤の部分もマスキングして吹きました。
画像
次に電飾キット設置です。
次の画像の様に、まず上半身に電飾キットを入れて、カラータイマーの穴にLEDを通し、他のLED2個とスイッチ用配線を顔側に通します。
そして、事前に明るさ調整と光り漏れチェック、また胴体にピッタリあわせてあったカラータイマーとインナーパーツにLEDを瞬間接着剤で接着します。
同じく目の電球パーツとLEDも接着します。
画像
次にスイッチに電線を接続します。
スイッチをあまり熱くしすぎないようにハンダ付けします。

カラータイマーと目の電球パーツを接着します。
次の画像の様にスイッチONして、光り漏れがないようパテで隙間を埋めながらしっかり固定します。
そして、余ったパテをスイッチ設置部分に着けておきます(次の画像参照)
この後、スイッチも接着します。
画像
この後の画像撮っていませんでしたが、スイッチの取り付け位置は次の画像です。
画像
いつもの様にスイッチは可動部分がありますので、接着パテ埋め後、ちゃんと可動するかどうか確認してください。
またパテが、柔らかいうちに上半身パーツとあわせておきましょう。
パテが固まりしっかり固定できたら、再度スイッチ可動チェックをしてOKなら、上半身パーツに接着し隙間をパテ埋め修正します。

次に表面の艶調整の為、目とカラータイマーにマスキングしてからトップコート半光沢(次の画像)を吹きました。
目とカラータイマーには、エナメルのクリアを吹きます。
画像
汚し効果やスミイレ効果が得られるかどうか不安でしたが、この後いつもの様にタミヤエナメルでシンナー多めのつや消し黒を全体的に塗りキッチンペーパーやティッシュで拭き取りました。
微妙に古びた感じになり使い古し感がでたかもしれませんが、画像では分からないです。
これから先の領域は、製作される方々のセンスや遊び心、技術などが、生かされるかと思いますので、是非とも楽しんで頂けたら光栄です。

耳のスイッチは、付属のプラ棒を耳の穴に差し込んで、ニッパーで丁度良い長さにカットしてください。
切り口をヤスリ掛けしてならし接着します。
電飾キットの場合は、左耳のスイッチが電飾スイッチになりますので、右耳のスイッチだけ接着してください(次の画像)
最後にシルバーを塗って完成です。
画像
画像
これでニセ・ウルトラマン完成品製作記は終了です。

画像

ニャンコロメ 「なんか今年のお正月は、慌ただしかったにゃ〜ニセマンもようやく完成した事だし、しばらく休暇でもとるにゃか」

私 「ていうか〜その格好、どう見ても休暇中じゃないの〜」

ニャンコロメ 「じゃあ〜またね〜」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
営業部長さん。第13弾のヒントをお願いします!
MX
2014/01/08 12:19
MX様 こにゃにゃちわ〜
ウルトラマンシリーズ第十三弾は、怪獣型でいくそうですが、怪獣型と言っても中にはどっちなのか分かりづらいヤツもいますし、今はまだ何個かに絞りこんでる段階みたいですにゃ!
にゃんころめ花
2014/01/08 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニセ・ウルトラマン完成品製作記 その5 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる