怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その4

<<   作成日時 : 2013/07/09 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

顔の大きい猫で〜す……(ってまたそのネタかい)
画像
さてさて今回は、いよいよキラキラ赤や青に光る電飾キットについてですにゃ!
よろしくなのにゃ〜

電飾キットA(目発光) 反射ポーズ版に設置予定。
画像
電飾キットB(目+頭発光) 出現ポーズ版に設置予定。
画像
電飾キットC(目+頭+ハサミ発光) 攻撃ポーズ版に設置予定。
画像

これらの電飾キットは試作品ですので、製品版とは多少異なります。

まずは今回初めて使用する角型LEDの設置からです。
電飾キットBからはじめます。
下の画像のように赤色LED(無色の方)と電球色LED(黄色の方)の角度を画像の様に調整します。
出荷時にだいたいの角度にしておきますが、この角度によって頭の光る範囲が変わってきます。
もちろんココの調整は、頭の透明レジンパーツをペイントしてからでないと正確にはできませんので、取りあえず今の段階では、LEDをまとめる為に作った頭のインナーパーツに設置しておきます。
設置方法は下の画像の様にインナーパーツにはさんで、インナーパーツどうしを瞬間接着剤で接着します。
画像
画像
画像
注意点としましてLEDや電線には接着剤がつかないようにしてください。
画像
次に頭パーツに嵌めてみます(接着はまだしません)
この時、嵌める順番として右側から嵌めるようにしてください(次の画像)
なので外す時は左からですね。
画像
画像
電飾キットCの場合も同じように設置します(次の画像)
画像
ここで電池を入れて発光テストをしてみます。
スイッチ用の配線をつなげば発光します。
画像
画像
画像
画像
次に眼球と頭パーツの裏面をいつものように細かめのスポンジヤスリで磨いておきます。
塗料のくい着きを良くする為です。
画像
画像

おおっ、やっぱり光ると綺麗だにゃ〜
画像
こんなの見ちゃうとますます組みあがりが楽しみだにゃ〜じゃあまたね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。大変ご無沙汰しております。

ガレージキットが出回り始めた頃、特にウルトラ関係の怪獣には電装を希望しても技術的に無理と言われてましたね~。

それが今や映像の中の怪獣が個人の手元で観賞出来る。スケールモデルとして...。
凄い事ですよね。

浅川さんの神がかり造形と電装のアイデアは怪獣愛に満ちていますね。

完成楽しみにしております。

暑い夏になっております。ご自愛下さいませ。
同年代として、いろんな意味でw。

では失礼します。

サミ
2013/07/09 20:04
サミ様 こんばんは!お久しぶりです。
嬉しいコメントありがとうございます。

「映像の中の怪獣が個人の手元で観賞出来る」

これこれ!これが私の夢であり目標なんです。
あの当時、ウルトラマンのすばらしい世界に魅了され40年以上たった今でも色あせない。
それどころか今の特撮技術やCGを持ってしてもあの世界観を超える事ができない何かがありますよね〜
そんな世界に少しでも近づけられれば幸いです。

サミ様も暑い中、くれぐれもご自愛くださいね。
asu_koubou
2013/07/10 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙忍者バルタン星人2代目完成品製作記 その4 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる