怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 変身怪獣ザラガス完成品製作記 その1

<<   作成日時 : 2012/01/16 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さてさて電飾キットCの試作品を待ちながら、ぼちぼちザラガス完成品製作を始めたいと思います。
画像の様にパーツサンプルが全部揃ったわけではありませんが、早まる気持ちを抑えつつ製作開始です。

まずはパーツの湯口をニッパー、ナイフ、紙やすりなどで取っていきます。
モールドのある所は、リューターにダイヤモンドの粉付き刃で削りながら、丁寧に取っていきます。
気泡や凹み、深い段差があった場合は、洗浄後か組み立て中にパテ埋めすればいいと思います。
今回もゴモラと同じようにレジンパーツの色は揃っていませんがあしからずです。
画像
画像
次に洗浄です。
いつもの様に歯ブラシにアセトンを付けゴシゴシと思ったんですが、甲羅パーツ(三点)は少々アセトンでベトツクようなので、アセトンは他のパーツで使いました。たぶんレジンが違う種類だからだと思います。
その後、粉のカネヨソフトクレンザーをたわしにつけてゴシゴシやりました。
お湯ですすいで水がはじかなくなるのが目安です。
その後、中性洗剤の液につけておきしばらくしてから濯いで乾かして終了です。
あと透明パーツは、後からペーパー掛けするので、洗浄しませんでした。
離型剤落としは、市販品で何種類かありますので、それらを使うのもいいと思います。
画像
画像

次の画像は、さっぱり湯上りの図です。
画像
画像
次に透明パーツの湯口、バリ取りです。
透明パーツはパテ埋めによる修正ができませんので、スポンジペーパーの中目〜細目を使い、削り取っていきながら綺麗に面をならしていきます。
画像には、透明パーツ以外も写ってますがこのパーツも同じように処理します。
さすがに電球パーツは小さいしたくさんあるしで時間が掛かってしまいますが、そうゆう単純作業は、ラジオや音楽でも聴きながら手を動かしていれば、知らぬ間に終わってるっていう作戦もいいかもです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
変身怪獣ザラガス完成品製作記 その1 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる