怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その4

<<   作成日時 : 2011/08/20 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつも言ってしまいますが、ペイントに関してはどうしても私の主観が入りイメージの相違があるかもですので、参考程度に見ていただければ幸いです。

さて今回は、眼球からです。
透明レジンパーツに細かめのスポンジヤスリをかけ、塗料の着きを良くしておきます。
次の画像がヤスリがけした方としていない方です。
画像
先にまぶたパーツにサーフェイサーを塗ります。
画像
次に眼球内側パーツにクリアオレンジ+クリアイエローを塗りました。
眼球外側パーツをどうするか悩みましたが、結局、クリアオレンジ+クリアイエローを内側だけに塗る事にしました。
眼球外側パーツの内側は、スポンジヤスリが掛けられないので、クレンザーをつけた歯ブラシで磨いてからの方が塗料の着きが良いかと思います。
そして、眼球内側パーツの裏の面は、光りすぎ防止の為、白を塗りました。
次の画像です。
画像
画像
今度は、まぶたパーツに光り漏れ防止用の黒を塗りました。
筆塗りのため、塗料が溶けないようエナメルの黒を使いました。
たぶん眼球の光り漏れ防止用の黒は、このパーツだけで大丈夫だと思います。
画像
次にハサミパーツをネジ留めします。
ネジは、プラスドライバー使用で、六角ナットが中側にはまるようになっています。
外側からプラスドライバーで、締めていきながら、可動の具合を見て締めすぎず緩みすぎずの所にしておきます。
前回言いましたようにネジの長さは、削って調整してあるので、左右の長さが違います。左の大きいハサミが長い方です。もし長くてとび出してしまう時は、ヤスリや砥石、ダイヤモンドヤスリなどで削ってください。
ネジ隠し用のパーツは、何回か締めなおしなどができるよう余分に入ってます。
画像
画像
ハサミが付いたら電池をセットして、いよいよ点燈テストです。
電池交換は、顔パーツだけ外せば電飾キットAもBも両方できます。
ハサミ上部パーツ内側には、スイッチを押すボッチがあるので、ハサミ開閉によって、上手くスイッチが入るかどうかチェックします。
まず右手の開閉で、眼球がつくかどうか〜
画像

カチッ!
画像

次に左手の開閉によってハサミの中が光るかどうか〜
画像

カチッ!
画像
画像
大丈夫なようですね。
たまにスイッチが引っかかって戻らないことがありますが、その場合はインナーパーツに開いてるスイッチ用の穴を広げれば大丈夫です。

次はサーフェイサーをいつものように薄めで筆塗りしました。
バルタン星人の表面ディテールは、ペイントによって埋まっているような場所が多々あるので、その感じも表現したつもりですが、多少は塗料で埋まっても良いかと思います。
画像
ハサミ部分の光り漏れ防止用にエナメルの黒を塗りました。
LEDにも塗料がついてしまいましたが、綿棒にシンナーをつけて拭き取れば大丈夫です。
画像
さて次は、いよいよペイント本番ですね。
生まれて初めてのバルタンペイント(ちょっと大げさ)なんで、楽しみでもあり苦しみでもありですが、頑張りま〜す。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙忍者バルタン星人完成品製作記 その4 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる