怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 古代怪獣ゴモラ完成品製作記 その2

<<   作成日時 : 2010/10/30 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

この製作記は、あくまでも初心者用といいますか、取りあえず製作している様子を見て頂き、少しでも安心してキットを製作できるようにと思ってやってます。
もちろんゴモラ購入していただいた方々が対象ですが、そうでない方々でも、まるで自分が製作しているかのように思って頂けたら、これ以上嬉しい事はありません。
ガレージキット完成品製作の経験がまだ浅い私なので、ここで書いている事が決してベストな方法とは限りません。あくまでも参考書として見ていただければ幸いです。
なのでここで紹介した方法でやってみて、上手くいかなかった場合の責任は取りかねますので、予め御了承お願い致します。
また上級者の方々は、軽く受け流して頂ければ幸いです。
ていうか、いつも購入していただいている方々は、ほとんどが上級者だと思いますが‥‥。  
画像は真鍮線打ち込み後で、パテ処理前の仮組状態の画像です。
画像
次の画像は、お腹のヒレパーツと胴体、胴体と尻尾との取りはずし可能な接合面をエポキシパテを使って処理した画像です。

まずお腹の接合面は、ヒレ側に離型剤(ワセリンやメンソレータムでも可)を塗りました。
参考までに私が使ってる離型剤は、RC BERGさんの商品名 シリコン合わせ型用ハケ塗りワセリンタイプ MR-03 MR-103(10kg) と言う物です。
そして尻尾の接合面は、胴体側に塗りました。
真鍮線はヒレ側、尻尾側に接着してありますが、真鍮線にも塗っておきます。
その後、十分練ったエポキシパテを細く糸状にして、お腹は胴体側と尻尾は尻尾側の接合面の周りに付けていくんですが、ここで瞬間接着剤を付けながら接着していきます。
接合面の周りと真鍮線の穴の中だけでいいので、パテを付け終わったら、パーツをピッタリ合わせます。
この時、少し力強く合わせていけば、パテが表にニュルニュルと出てくるぐらいが良いです。
余分なパテを取ってから硬化するのを待ちます。
画像
画像
画像
使ったのは、次の画像のパテで、(株)GSIクレオスのMr,造形用エポキシパテ エポパPRO-H とういう高密度タイプのパテです。
主剤と硬化剤を半分ずつ練り合わせて使うタイプのパテで、硬化時間は3時間と書かれています。
練っていると指にベトベトくっつきますので、少し水をつけて使っています。
接着部分にはちゃんとくっついて欲しいので、私は瞬間接着剤も使っています。
画像
あっそうそう、輪ゴムで固定しておいてもいいかもです。
画像
その間、手足の接合面も瞬間接着剤で接着しエポキシパテで、すき間を埋めていきます。
注意点としましては、脚を接着するときは必ず尻尾も付けてみて三ヶ所が上手く接地するよう調節する事です。
複製品なので、多少ズレがあったりしますが、私の場合は、部分的な合いよりちゃんと立って見える事を優先します。
画像
硬化後、接合面は付けたままリューターを使い表面モールドに合わせて、余分なパテを削っていきます。
画像
画像
この後、ヒレパーツと胴体、尻尾と胴体を慎重に尚且つ強引に引きはがします。
離型剤が上手く効いていることを信じて(笑)

次に眼球パーツに白を吹きました。
毎度のことながら、ここは上手く塗らないとライトオンの時に綺麗にいかないので、慎重に〜
画像

ゴモラの電飾キットです、いつもより長めですね〜
画像
と言ったところで、次回はいよいよサフェーサー塗装と眼球の塗装、電飾キットの付け具合や光り漏れチェックなどに入りたいと思いま〜す。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しみでならないこのキット!!
自分も毎回この製作記事をまるで自分が製作してるかのように楽しみにさせていただいてますよ〜
早く色の入った本キットが見てみたいです!!どんな塗装で攻められるのか、ああ、楽しみでなりませ〜ん!!
そして早く作りてェェエエ〜!!!
kaz
2010/10/30 22:44
kaz様 ありがとうございます!
私もkazさんのブログをいつもドキドキしながら拝見させてもらってます。
いつも目の覚めるような完成品を見させていただきありがとうございます。
さて、今回のゴモラはたしてどうなることやらですが、今までの数少ない経験をいかしてがんばりま〜す。
もしトチッたら、Riskゴモラ完成品に希望を託しま〜す
asu_koubou
2010/10/31 13:28
 こうやって原型師さん自らが細かく説明してくれる、これ以上ありがたい事があるでしょうか?まして高価なレジンキット、その有り難味はいかばかりかと思います。
 で、こういうのを見てると、自分でも出来そうだと思ってしまうんですよね。 阿部さんのWEBを見続けた私が正にそうです ^^;) それでどっぷりと浸かってしまいました。
 今回も素晴らしい原型ですから、素敵なゴモラが出来上がるのが楽しみです!
BIRDIE
2010/10/31 18:49
BIRDIE様 ありがとうございます。
価格的には、これでも安くしているつもりなんですが、業者抜きの場合、ど〜しても高くなってしまいます。
そう言えば阿部さんのWEBは、私もおおいに刺激になりましたね〜私の場合は、あれを見て「自分はそこまで出来ないな〜」と諦めていましたが‥‥。
BIRDIEさんのブログは、特にウルトラヒーロー系の電飾完成品製作&改造製作ブログとしては、ホント濃い内容ですし、知らぬ間にかなりの数こなしてますよね。
今度ヒーロー作る時には、大いに参考にさせていただきま〜す。
asu_koubou
2010/10/31 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
古代怪獣ゴモラ完成品製作記 その2 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる