怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 有翼怪獣チャンドラーレジンキット製作 その2

<<   作成日時 : 2010/01/31 12:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
まずは、胴体と羽、足、足のトゲ、の接着、パテ埋めをしました。
接合面には、真鍮線で補強して瞬着で付けた後、すきまに使うパテは、今回ウェーブ製のポリパテ「モリモリ120」というのを使ってみました。
盛り上げができるというのが売りのようで、ポリパテにしては固めな感じです。
ただ、硬化剤を混ぜた色が黄色なので、ちと形が見ずらいかも。
画像では羽のレジンが、薄いピンクですが、キットの色はみんなアイボリーです。

接合面のパテが固まった後、ディテールを周りと同じような感じに荒らしていきます。
使うのは、リューターに砥石の刃か、ダイヤモンドの粉付きの刃を使います。
画像
スイッチを設置する胴体側接合面に2ミリの真鍮線を3本長めで平行に固定し、接着しました。
尻尾側の穴はかなり大きめに開けて、位置決めがしやすいようにしておきます。
画像
ピッタリ嵌るように、尻尾側接合面にモリモリ120をたっぷり塗り、胴体側には離型剤(ワセリンかメンソレータムでもOK)を塗りました。
真鍮線が嵌る穴にもパテが入っていきますので、真鍮線にも離型剤をよく塗っておきます。
ピッタリ押し付けると横からパテがはみ出してくるぐらいがいいです。
パテ硬化後はずして、多少ペーパーでならしました。
画像
これで、しっかり尻尾が嵌るようになりました。
注意点は、足と尻尾の三点の底面がしっかり地面につくように調節すると言う事ですね。
足の向きや角度、尻尾の付き方、キャストパーツのバリや段差などいろいろな要素が重なるので、一概にどこをどうするとは、言えませんが…。
画像
その間に眼球に白を吹きました。
チャンドラーの色はわかりずらいのですが、イメージとしては、赤茶とダークグレーのまだらと言う感じかな〜。
取り合えず、赤茶をベースにしてペイントしました。
一回全部シンナーで洗っちゃったりしてやり直しましたが、こんな感じに塗りました。
画像ないですが、三つの顔や下アゴも同じように塗りました。
画像

この後は、胴体の色にまだアクリルで塗り重ねていき、濃淡をつけたり爪の色、お腹のボツボツの色などですかね。
あっそうそう、顔がバラバラのうちに口の中のペイントと眼球の方も進めていかなくちゃ、ワンフェス、あと一週間だし!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おおお!!めちゃめちゃカッコええですがな!!
今から製作するのがすっごい楽しみです〜!!
こういった製作記事も参考になりまくりです、完成アップも楽しみにしております!もちろんテロチルスもやります。。。。。おお!今のところウルトラガレキはコンプリではないでしょうか?いかにアス工房ブランドが人気なのかうかがい知れます、今後とも痺れるような作品、楽しみにしております!!
kaz
2010/01/31 21:05
kaz様 ありがとうございます。kazさんのMAX塗りの話もメチャ参考になりました。今回チャンドラーの場合は、最初にもっと暗めの色を塗っちゃってからとも思ったのですが、思い切りが足りなくて、このような中間色になりました。
今は、もっと暗めの色を重ねながら、明るいところもエアーブラシで吹いているところです。
頃合いを見て、エナメルの筆塗りに切り替えるつもりです。
いや〜ペイントも奥が深いですな〜
おおっ〜まだ発売前ですが、Risk Breakers!版テロチルスメチャ楽しみで〜す(^_^)v

asu_koubou
2010/01/31 22:07
原型師さんがこれだけ丁寧に説明してくれると、本当に有難いですね。特にレジンキットですから、分割された部分の戻しは参考になるでしょうね。
 昔の映像で高山さんが怪獣の着ぐるみにエアブラシで吹き付けしてるのを見た事がありますが、かなり大雑把に吹いてますよね。吹き方にも人の癖ってあるでしょうから、それを再現するって難しいですよね〜 塗り重ねでも、使っているけど見えない色ってのもあるでしょうし。怪獣は奥が深いですね… 手が出ません(笑)
 ウェーブのポリパテ、初めて知りました。まだまだ知らない素材がたくさんあります、もっと勉強しなくてはいけません。
BIRDIE
2010/02/01 08:27
BIRDIE様 どうもです、尻尾の分割面は、今回取り外し可能にする為、どうしてもピッタリ嵌るようにしたかったんで、ついつい力が入りました(^_^)v
高山氏のペイント方法、知りたいですね〜塗り重ねでしか出ない色などは、見ただけでは到底わかりませんもんね。
それこそ現物を科学的に解析するとかいないと…。
そして、その現物もライティングやフイルムでまた変わるので、結局、映像の中の色を感じたまま表現するしかないような気がします。
あと、色の出し方は経験で身に着けていくしかないんでしょうね!
私もBIRDIEさんにはいろいろ教えてもらってますので、今後ともよろしくです。
asu_koubou
2010/02/01 13:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
有翼怪獣チャンドラーレジンキット製作 その2 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる