怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙大怪獣ベムスターレジン版キット製作 その2

<<   作成日時 : 2009/11/05 14:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


画像


電飾キットの仮配線をした所です。
このLED(3V)の場合は、1.5Vの電池が2個で、3Vとなりますので、他に抵抗とかは使わなくても、こんな感じで、配線終了です。
電飾キットには、簡単な配線図付きのインストを用意してあります。
今回レジン製のLED設置用パーツを用意しました、画像の三角っぽい形のパーツがそうです。
これを使えば、LEDの設置も簡単だと思います。
その下の画像がLED設置用パーツにLEDをつけて顔パーツに嵌めてみた所です。


画像


画像


顔パーツは、このように中がくり貫かれた形になってて、そこに眼球、上アゴ、下アゴなどが嵌るようになってます。
眼球パーツには左右前後の他、黒目の位置や大きさがわかるようになってますが、目を光らせない場合で、セッティングしてありますので、目を光らせた時、黒目が小さく見えてしまうかもしれないです。
それは、べムラーの電飾をやった時に思ったのですが、目が光るとどーうしても黒目が小さくなり、白目が大きく見えてしまうのです。
その為、変に迫力UPして、いい場合もあるのですが…。
その対策としては、黒目を大きめにペイントしておくしかないかなあと思います。
まあそれを考えると、目の光った本物の怪獣達は、気持ち目は小さかったのだろうなあと言う事ですね。

あとこれもべムラーの時、解ったのですが、白目部分は、普通に白の塗料で厚塗りしても、明るすぎるLEDの光をある程度抑えられていいのと、光が拡散して目が全体的に光るという効果があると言う事です。
ですから、白を塗った後、目の陰影や血管などのペイントも普通に出来るという事ですね!
ウルトラマンとかと違ってべムスターは、そんなに目が明るく光ってはいないので、そのへんのペイントなど、後から挑戦してみますが、はたしてど〜なることやらです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもどうやって配置しようか?どうやって押さえようか?って悩むのに… こんな親切な電飾キットはありませんよ〜 素晴らし過ぎます!
 LEDの明るさで塗料が透けるので、エアブラシで均一に吹いたり、筆でムラが出るように塗ったり、それで表情も変わりますよね。昭和のウルトラマンはムラがあった方がそれっぽいかな?
 光ってない時は血管が見えなくて、光と血管が浮き出る、これは電飾ならではの面白さですね〜 どんな風に仕上がるか楽しみです。
BIRDIE
2009/11/06 19:33
BIRDIE様 どうもありがとうございます。
どうせ紙粘土で作るのですから、パーツにしちゃえ〜っというノリで作ってました。
なるほど!さすがいつも作ってるBIRDIEさんだけあって、先まで読んでますね〜目のペイントはなるべく筆塗りは避けて、エアーブラシを使おうと思います。
でもきれいなグラデーションにすると確かに昭和っぽさが出ないですね。
あと黒目の中も何層かになってますので、そこは筆塗りになりそうですが、上手く塗れるかな〜
ベムスターの目って、大きくて目立ちますし、一番ベムスターらしさが出ているところですから、それだけ重要な感じですね〜
BIRDIEさんが言うように光と血管が浮き出る効果も期待できそうですが、果たしてどうなるでしょうか
asu_koubou
2009/11/06 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙大怪獣ベムスターレジン版キット製作 その2 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる