怪獣ガレージキット造形記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙大怪獣ベムスターレジン版キット製作 その1

<<   作成日時 : 2009/10/29 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


マーミットリアルソフビのレジン版 宇宙大怪獣ベムスター予約開始しておりますが、まだ少ないながらも「待ってました!」と喜んでくれる人もいて、本当に嬉しい限りです。
「どーうしてもレジン版!」という方々が、いてくれるおかげで、アス工房もやっていけるわけですし、その理由を考えた時に「収縮、歪みがなく原型に忠実だから」「レジンの質感が好き」「今までレジンでコレクションしてるから」とかなど様々だと思います。中には両方買う方もいらっしゃるようですが(^_^)v

と言うわけで、今回からベムスターレジン版キット製作を始めたいと思います。
まずは、キットのパーツ確認してから、洗浄は、クレンザーや歯磨き粉でゴシゴシやるか、専用の離型剤落としを使うかですね。
次に湯口取りとバリ取りをカッターナイフ(指切らないように〜汗)やヤスリ、モーターツールなどで、削った後、モールド修正したりもします。
キット接合面には原型に真鍮線が、刺してあった場所が凹んでいるので、そこにドリルで穴をあけて真鍮線を刺してから接着していきます。
接着は、瞬間接着剤とエポキシパテを使います。
今回すき間埋めは、ポリパテの代わりに瞬間接着剤を流した後、レジンの粉をすり込んで固めてみました。

そして胴体パーツと五角形パーツですが、電池交換の為、取り外し可能にします。
真鍮線を五箇所に差込む為、2ミリのドリルで、穴を垂直にあけていきます。
キットには穴をあける場所が、あらかじめ凹んでいますので、わかると思います。
画像は、そこに直径2ミリの真鍮線をつけてみたところです。

画像


画像


電飾スイッチが、はまる穴を電池BOX設置場所の後にあけ、スイッチ取り付け位置は、おしりにしました…。
ここって真面目に「良い場所みーつけた!」って感じっすよ。

画像


画像


次回は、LED設置用パーツを使って、顔の内部と配線などを進めてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃ〜、なんとも今注目の飛ぶ鳥を落とす勢いの凄腕原型師さまに完成サンプルで使っていただけるなんて恐縮至極であります、ありがとうございます!
製作記事、自分を含めて皆さん興味津々かと思います!スッゴイ楽しみにしております〜、参考になりまくりです!それにしても電飾のネック、電池BOXの場所がほとんど目立たないお腹のココからとは、いや、もう完全にやられちゃいました。毎回毎回どこでどうパーツ割りされるか悩みの種で大変かと思いますがこの辺りを見てる方も多いと思いますのでがんばってください!
kaz
2009/11/02 00:07
Kaz様 そっ、そんなに叫んじゃうほどの者ではござぁんせんすよ。
かなり前から、HPとか始められてて、完成品作りの数もすごいKazさんからそんなに言われて恐縮です。電飾も考慮したパーツ割りって、毎回悩む所ですが、造形がメインなので、あくまでもおまけ的で、あまりやり過ぎない程度に考えてます。
今回は、ベムスターのあの目をどれだけリアルに光らせられるかっていうのが、課題ですね!
asu_koubou
2009/11/02 12:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙大怪獣ベムスターレジン版キット製作 その1 怪獣ガレージキット造形記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる